ライトコインにはどのような問題点があるのだろうか

前回の記事では、segwitアクティベート後のライトコインの最新動向をまとめました。

実際に良いニュースも多く、ライトコインのネットワークのプレゼンスが以前より高まっていることは間違いないとしても、小さくない問題点も抱えているので、今回はそれらを指摘しておきます。

マイニングのハッシュレート分布

マイニングのハッシュレート分布が、目下最大の問題点です。

ライトコインのハッシュレート

分散型志向で運用されるブロックチェーンにとって、これはかなりシリアスな問題です。

この問題を憂慮してか、BTCCがライトコインのプールを新しく作りましたが、依然ハッシュレートはF2POOLが寡占しています。

一時、BTCCが、900GH/sほど投下し少しいい感じになっていたのだが、執筆時点7月17日ではBTCCのハッシュレートは低下していて、隔たりができている状態です。

F2POOLが、ライトコインのハッシュレートの半分ほどを寡占している状態で、51を越えていることも少なくない頻度で散見されるので、現実として全く分散化できていません。

仮にですが、F2POOLが悪意あるマイナーだとするならば、トランザクションの承認のコントロールや、二重支払いといった51攻撃が可能です。

ひとつのマイナーが51以上のハッシュレートを保持している場合、そのブロックチェーンはトラストレスとは言えません。

これがライトコインの目先最大の問題点で、コミュニティも認識しています。

チャーリー・リー氏の推進力に依存

今のライトコインは、マイナーのコンセンサス取れなくなったら、チャーリーが説得に行き、F2POOLがハッシュ寡占となったら、チャーリーが他のマイナーに協力仰ぎにいったりした上で、運用が進んでいます。

この状況を見ていると「ビットコインにもサトシ来てくれー」と、ほんの少しだけ思ってしまう一方、コミュニティがチャーリー・リー氏に依存している状態ともいえます。

非中央集権的な暗号通貨という意味では、ビットコインに遥かに及びませんし、開発者も少しずつ参加が増えているとはいえ、コミッターの数自体も、ビットコインのそれとは大きな差があります。

とはいえ、チャーリー・リー氏の影響力が強いことでSegwitが採用され、技術的にビットコインの一歩先を歩むことが出来たのも事実で、トレードオフとも言える面もあるのでしょう。

しかし、仮に、チャーリー・リー氏が、ライトコインの開発をやめてしまったら、ライトコインの大きな発展は現状望めないでしょうし、ライトコインがより強いネットワークになるには、コミッターの数はもっと増える必要があります。

以上2点が、ライトコインの抱えている問題点ではないでしょうか?

ライトコイン今後の展望は?

また、問題点とは異なりますが、ビットコインにSegwitが採用されることでライトコインの優位性が失われるという考える人もいるようですが、それは妥当ではなく、なにより、ライトコインの開発者自身が、ビットコインのsegwitアクティベートを強く熱望しています。

将来的にアトミックスワップで、ビットコインと、ライトコインとトラストレスな交換ができる未来像を描いてます。
長期的には、オフチェーンを使ってもビットコインが世界中で使われるようになったとき、1MBスケーリングは難しく、ライトコインが相互で動くことで、そのソリューションになるというビジョンをライトコインの開発者は、ブログで発信しています。

Segwitは、政治論争でブロックサイズのスケールだけが目だっていますが、より大きな利点は、署名分離とmalleabilityの解決であることが、ここでもよく分かります。

【関連記事】
注目が集まるライトコインの最新動向8つ
ビットコインの不安が高まる中、ライトコインに注目が集まる
ライトコインはビットコインの避難先に最適か?