ビットコイン(BTC)は週末に下落トレンド転換?下げ止まるか?

11380

編集部ピックアップ

ビットコイン(BTC)は週末に下落トレンド転換?下げ止まるか?

今週はアルトコインが更に下落。
イーサリアム(ETH)は一時2万円を割り込むところまでいきました。
ビットコイン(BTC)は週足レベルで陽線となっておりますが、アルトコインはまばらです。

仮想通貨市場の気になるトピックス

世界最大の取引所OKcoinの社長が今週中国当局に拘束され、仮想通貨市場は不穏な空気が漂っておりました。しかし、24時間後には釈放されており、事情聴取となっていた模様ですが、この先も何度かこういった拘束があるかもしれません。

先月、Bloombergからの報道によると、OKcoinの先物トレーダーのポジションの決済拒否問題が浮上し、ハイレベルな投資家・トレーダー間で話題となりました。400億円以上分を1アカウントで操るトレーダーのポジションだったため、収集がつかなくなったのでしょう。OKcoinの自己資本があまりないということが露呈されてしまった事件です。今後もOKcoinから個人投資家も資金を逃避させるでしょうから、先行きはかなり苦しいものとなりそうです。

ビットコイン(BTC)円 日足一目均衡表分析

ビットコイン(BTC)円チャート分析出典:BITPoint

ビットコイン(BTC)日足分析です。
現在は戻りを試す局面となっており、レジスタンスラインが75万円に引けます。そして一目均衡表の雲の下限も控えておりましてテクニカル的になレジスタンスポイントが多いです。週末にかけて再度下落トレンドが再開されるのか、踏ん張りを利かせるか、見極める展開となりそうです。

個人的には短期トレードでショートポジションを取っております。次のエントリーポイントとしては75万円の手前になりますので、74.5~75万円あたりからショートをすると良いのではないでしょうか。

逆にここのラインを抜けて76万円超えをするようなら撤退です。損切りとして、戦略を様子見にしたいと思います。

ビットコイン(BTC)の日足レベルは大きなレンジ相場となっており、65~85万円のレンジを行き来する展開か、または悪材料が再度報道され、65万円を割り込む展開を想定をしております。

9月後半になりますと、また(ETFの)SEC承認期待の買いと失望の売りが交錯してくると思います。難易度の高い相場が続きそうです。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

イーサリアム(ETH)円 日足一目均衡表分析

>イーサリアム(ETH)円チャート分析出典:BITPoint

イーサリアム(ETH)分析です。こちらはBTCと比較して圧倒的に弱気な形状をしております。一目均衡表も三役逆転状態で、売りシグナル継続中です。

目安としれは、レジスタンスラインとなる28,000円前後からまた売りが入ってきそうですので、ETHで捕まっているポジションはこのあたりで一部逃げると良いように思えます。

ここ何ヶ月も下げ止まる様子がほとんどなくイーサリアムが売られております。ERCトークンバブルが弾けてキャッシュを確保するために、トークン開発元が断続的に売りを持ち込んでいるのではないでしょうか。

イーサリアム(ETH)投資は控えてレバレッジ取引中心の週末となりそうです。まずはこの下落トレンド終了の兆候が出てくるのか、確認する土日となるでしょう。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

この度、「読む仮想通貨」という有料メールマガジン(忙しいサラリーマン・OLさん向けに相場を解説)を発刊しています。メルマガ配信後、数時間後に目を通しても対応しやすいように配慮してなるべくリアルタイム過ぎない情報にして発信していく予定です。日足や4時間足ベースで書いてますので、スイングトレードの参考エントリー値としてご活用頂ければ幸いです。その他、金融市場のレポートも適宜配信しております。

初回は、誰もが10日間は無料となってますので、お試しだけでも結構です。ご興味ある方はぜひ一度ご購読ください。(10日間経過前までに解約も可能!費用は一切頂きません。)

▼ひろぴーさん、メルマガ『読む仮想通貨ストラテジーレポート』をオープン
ひろぴーの読む仮想通貨ストラテジーレポート