ビットコイン(BTC)が急落するも、値動きに落ち着きあり

編集部おすすめ

ビットコイン(BTC)が急落するも、値動きに落ち着きあり

先週は仮想通貨が大きく上昇し、ビットコイン(BTC)価格は47万円付近まで上値を伸ばしました。その後、突然の急落が起こり、41万円まで押し戻されました。ドル建てでは4,200ドルのレジスタンスラインまで到達し、一旦大きな利益確定と新規の売り浴びせが入った格好となりました。

但し、下落は続かず、現在は42万円前後で推移です。

ビットコイン(BTC)のリアルタイム価格をチェック

急落の背景にはこれといったネガティブファンダはありませんでした。市場の流動性が薄いため、大口投資家のTradingに引っ張り回される展開です。ただ、ここからカウンター形状にもなりつつあり、また次の上値トライは抜けていく可能性さえあります。

では、本日のチャートをアップします。

ビットコイン(BTC)日足は一目の雲がサポートに

ビットコイン(BTC)日足は一目の雲がサポートに出典:GMOコイン

ビットコイン(BTC)の日足チャートです。
掲題通り、テクニカル上ではサポートされた雲が活躍しております。

41万円に引けるサポートラインもあり、テクニカル的に条件が整っております。前方の雲はまだ陽転を維持しておりまして、週末にかけてまた47万円方向に進みますと、雲の分厚くなってくるでしょう。

RCI26(緑)が下方向に向きつつあるのはマイナス材料ですが、RCI9(青)が再び上方向に向いてきますと短期的に上昇再開も望めそうです。

4時間足に時間軸を落としてみましょう。

ビットコイン(BTC)4時間足分析、理想の展開とは

ビットコイン(BTC)4時間足分析、理想の展開とは出典:GMOコイン

ビットコイン(BTC)の4時間足です。こちらはローソク足実体が雲の中で推移をしております。方向感が失いやすい時合でして、その証拠のローソク足の実体が短いものが多いです。

直近の目処は428,000円のレジスタンスラインになります。ここを超えられる場合、次はサポートラインとなりますので、イメージ的には矢印のような感じで今週後半から週末にかけて動いていくと理想的な展開となりそうです。

こちらのRCIは26(緑)が上方向を向き始めております。

レジスタンスライン付近まで上値を伸ばせますとRCI9(青)も上方向に向いてきますから428,000円突破となってくるでしょう。タイミング的には今晩から明日にかけてに仕掛けてきてほしいところです。

買いで勝負するなら、一旦様子見→428,000円超えを確認して、押し目買いで428,000円付近から買い指値を仕掛ける感じでしょうか?深い押し目を狙う場合は40万円と41万円の少し上で買いを狙うと良いように思えます。

国内だけでなく米国のリップル(XRP)人気にも注目

今週の目立ったニュースといえば、米国最大手コインベース(coinbase)取引所にリップル(XRP)が上場することぐらいでしょうか?価格の反応は限定的でしたが、米国でのXRP人気にも注目が集まります。

リップル(XRP)のリアルタイム価格・チャートを確認

日本や韓国で最も人気な暗号通貨はXRPです。コインベースに上場後、ビットコインキャッシュ(BCH)が大幅上昇を演じたことは記憶にも新しいです。米国では、日本以上に仮想通貨の規制が未だ厳しいため、米当局からお墨付きを貰った暗号通貨は勝ち目があります。

米国での資本流入にも期待をし、XRPも来週以降、値動きに注目でしょう。

仮想通貨の買い目線は継続でいきたいと思います。短期的な戻り売りも今週はなしで。

▼リアルタイム価格チャートはこちらで確認できます
ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート
リップル(XRP)の価格・相場・チャート

▼チャート分析で使った取引所はこちら
GMOコインの無料アカウント登録手順はこちらから>>

▼ひろぴーさんのメルマガ『読む仮想通貨ストラテジーレポート』がオープン
ひろぴーの読む仮想通貨ストラテジーレポート