仮想通貨市場はバイナンス(Binance)銘柄が元気!BTTやBNBが好調か

編集部おすすめ

仮想通貨市場はバイナンス(Binance)銘柄が元気!BTTやBNBが好調か

先日からTRN(トロン)ネットワークにジョインしたBTT(ビットトレント)ですが、大きな上昇を演じております。ファイル共有サービスの企業でユーザーが1億人以上いるようですが、これらのドキュメント管理をブロックチェーンネットワークで管理・運営をしようという試みだと思われます。

ビットトレントがトークン化としてバイナンス(Binance)に上場を果たしました。こちらがトロンネットワークのトークンです。BTTの時価総額は現在500億円ほどとなっており、勢いが出ています。

参考:https://tronscan.org/#/token/1002000

BTTの押し目の目処は0.0008!?


出典:バイナンス(Binance)

上記チャートは BTT/USDT です。まだ上場をして間もないのでテクニカル分析はできませんが、サポートラインを引いてみましょう。押し目の目処的には0.0008ぐらいからがターゲットでしょうか?

もう少し慎重に行動をするなら、その下のサポートの0.0006からも買いを狙うのも良いでしょう。

ビットコイン(BTC)が軟調な相場ですが、バイナンス(Binance)取引所に上場しているコインはいくつか大きく上昇しているものもありますので、チャンスを伺ってみるとよいと思われます。

BNBの底力は健在


出典:バイナンス(Binance)

BNB/USDT では8USD程度で推移をしております。日足ベースで上昇トレンドを継続しておりまして強さが目立ちます。

2019年にはいってから6ドルだったものは8ドルになっておりますので、BTCと比較しましても優秀であることに変わりはありません。(※昨年は35ドル前後まで上値を伸ばしていた頃もあります。)

こういった上場コインからの資金逃避先としてBNBが選ばれている証拠でもあり、投資家からのアクセスは好調をキープしそうです。BTT/BNB取引からの資金流入の恩恵を受ける可能性もあり、BTTよりもあとからBNBのが上昇しやすいように思えます。安全資産としてBNBが選ばれやすくなりますので、しばらく堅調に推移をする可能性がある考えており、押し目買いはしっかりと拾っていこうと考えております。

個人的には、水平線が引けるポイントの7.17USDT前後かなと思います。

このポイントで買指値を準備し、7.50ぐらいからゆっくり買い下がるようなイメージでおります。出来高が少し大人しくなってきたタイミングも同時に見ながらエントリーしておくと、なお◎です。

出来高の現象は一服感と投資家が一休み体制に入るので、そのタイミングでなるべく買ポジションを仕込めると良いのではないでしょうか。

仮想通貨市場全体的に軟調ですが、希望の光としてBTTとBNBを今回はご紹介してみました。

世界に目を向けますと、元気なコインはまだありますので、これを機にバイナンス(Binance)取引所デビューしてみては如何でしょうか?

関連
★分析に使用したチャート「バイナンス(Binance)」の詳細はこちらで確認>>
バイナンス(Binance)が同社発行のBNBトークンをバーン、直近の動向について

▼ひろぴーさんのメルマガ『読む仮想通貨ストラテジーレポート』がオープン
ひろぴーの読む仮想通貨ストラテジーレポート


前のニュース個人トークンの流動性問題を解決しようとするプロジェクト「Convergent」とは?
次のニュース急速に仮想通貨の夢を実現するシカゴ、大戦場として進化
ひろぴー
仮想通貨、FX、株の投資家で、トレード経験が豊富。ラジオ日経パーソナリティやコラムニストもこなす。MT4チャートを使った分析が得意で、コラムではテクニカル分析や相場見通しをわかりやすく解説。他にはセミナーや勉強会の主催をしたり、メディアにも幅広く活躍。 メディア:ひろぴー公式ブログ BTCサイト FXマウンテンブログ