2021年の暗号資産相場はどうなる?2020年より難しい相場になる可能性について論考

編集部おすすめ

2021年の暗号資産相場はどうなる? 2020年より難しい相場になる可能性について論考

そろそろ2020年が終わろうとしています。今年は暗号資産相場が強気の年でしたが、来年はどうなるのでしょうか?

BTCやETHはまだまだ買い手あり?

筆者の考えでは、2021年の暗号資産市場の相場は予想が難しいです。まず、暗号資産個別のファンダメンタルズで見ると勢いが凄まじいことはも言うまでもありません。アメリカの機関投資家はビットコイン(BTC)の買い入れが激しく、PayPalなども暗号資産を取り入れリテールでも拡大しています。

関連:2020年後半のビットコイン強気市場の中で機関投資家によるBTCの購入推移や関心を見る

暗号資産自体でいうと、まだまだBTCの買い手はいると思いますし、ETHなどではEthereum2.0の材料もあります。特に機関投資家はまだETHを全然買ってなく、CMEなどの先物などが始まるとETHに入る資金は大きいかもしれません。

マクロ環境の影響が大きな変数

ただし暗号資産市場もマクロ市場の影響を受けます。このマクロ市場からの影響が予測を困難にしています。マクロ市場とはすなわち新型コロナウイルスの驚異が払拭されるか、またそれに伴う政策金利の動向です。

現状、暗号資産市場は株式市場と相関度が高いです。株式市場も暗号資産市場も2020年は相場が非常に簡単でした。金融緩和に合わせて買えば良かっただけだからです。2021年はそうはならず、さまざまなシナリオが考えられるはずです。

第一のシナリオとしては、ワクチンが流通して経済が復調、それに伴い政策金利を上げていくという展開です。政策金利が上がると株式市場は下がります。

第二のシナリオとしては、ワクチンが流通して経済が復調、かつ政策金利が低く維持されていても、2020年に上がり続けたデジタル関連銘柄に大きな調整があるかもしれないケースです。逆にバリュー株や小売、旅行などはこの場合、大きく戻すかもしれません。

第三のシナリオとしては、ワクチンの流通が遅れて、コロナ禍でありながら政府支援なき状況に突入するケースです。これまで特に中小企業は政府支援があったからこそ廃業をせずに存続出来ていた事業者も多いはずですが、世界的に新型コロナウイルスの支援に充当できる政府財源はひっ迫しています。

2021年の暗号資産相場は?

あるいはこれらとは全く違う予想もしないシナリオになる可能性もあるはずです。いずれのシナリオでも、株式市場が上がる/下がるというパターンがあります。素直に見れば株式市場が上がるときには暗号資産も強気になるはずです。逆もまた然りです。

しかし予想をさらに難しくしている点は、不安定なマクロ環境でゴールドなどの退避資産が注目される可能性はあるということです。つまり株式市場が下げても、あるいは株式市場が上げてもゴールドがアウトパフォームするシナリオがあります。そして、ビットコインは既にデジタルゴールドとして認知されつつあります。その場合はビットコインにも資金が流入するでしょう。ただしそもそもゴールドにもビットコインにも資金が流入しないということも考えられます。

つまりは冒頭に戻ると、2021年の暗号資産相場は予測が難しいのです。端的には2020年より困難、または複雑な相場になるはずです。そういったことを念頭にトレードをするか、あるいはトレードをせずにビットコインをドルコスト平均で積立をするなどの戦略転換の判断が求められるかもしれません。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
2021年にビットコイン(BTC)が約2,000万円に?アナリストや投資家が大胆予測
ビットコイン(BTC)が2017年の過去最高値を更新して1000万円を目指すために必要なものは
160万円突破のビットコイン(BTC)、市場にもFOMOの兆候


HashHub Researchでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に25本以上の頻度で行なっています。
コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼HashHub Research
https://hashhub-research.com/

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュース2020年を振り返る10の暗号資産のチャート
次のニュース2021年イーサリアム(ETH)に期待できる3の理由
平野 淳也(HashHub CEO)
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。仮想通貨については投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。