数字で見るDeFi(分散型金融)、ユーザー数・成長率・ユーザーの多いプロトコルは?

編集部おすすめ

数字で見るDeFi(分散型金融)、ユーザー数・成長率・ユーザーの多いプロトコルは?

DeFi(分散型金融)はイーサリアム(Ethereum)上で活発な金融のムーブメントです。アセットの交換、ステーブルコイン、レンディング、レバレッジ取引などさまざまな金融取引がスマートコントラクトで実装されている事例があります。

イーサリアムの主要なユースケースでもあるDeFi(分散型金融)

DeFiは、さまざまなオープンソースの金融プロトコルが関連し合い金融サービスを構築できることが特徴です。例えばメイカーダオ(MakerDAO)のプロトコルで発行したステーブルコインのDAIを、カイバーネットワーク(KyberNetwork)のプロトコルを利用して他のトークンとスワップができたり、コンパウンド(Compound)でレンディングが行えるなどさまざまな単一機能のプロトコルを複合的に利用できます。

現在、これらのサービス郡はイーサリアムの最も主要なユースケースとなっています。

数字で見るDeFi(分散型金融)

アメリカのベンチャーキャピタルである1confermationが、このパブリックブロックチェーンで最も利用されているカテゴリのアプリケーションらについて、ユーザー数・成長率・ユーザーの多いプロトコルに関する調査を行いました。同調査の要点は以下の通りです。

大口参加者による偏り

DeFiの取引額のほとんどは少数の大口ユーザーに依存しています。MakerDAOでは上位3アドレスの担保預け入れ資産が全体の80%を超えていることが指摘されています。しかし、これはMakerDAOに限らず少ない大口参加者での偏在は多くのプロトコルやサービスで見られると指摘されています。

DeFi全体のユーザー

DeFiの主要プロトコルを合計すると、全体で15万ユーザーが存在します。また、デイリーのユーザー成長率は0.56%であると指摘されました。この成長率が維持されるならば、2021年3月には100万ユーザーに到達し、2022年3月には1000万人に到達するだろうとしています。

主要なプロトコル、サービスのユーザー数は?

次に主要なプロトコル、サービスのユーザー数を見てみましょう。一番多いユーザー数はKyber Networkの6.2万、次がUniswapの5.1万です。

DeFiの数字が分析される際に、しばしばTVL(スマートコントラクトにロックされているアセットの総量)で比較される場合があります。しかしながら、このTVLでの比較は完全ではありません。そもそも0xのようにスマートコントラクトにアセットをロックするようなモデルもあることや、TVLでの指標はUSD建てのETH価格に左右され成長率の計測には不適切な側面があります。DeFiの各サービスの成長率は、このようなブロックチェーン分析を元にしたユーザー数、加えてTVLなど複数の数値を読み解く必要があるでしょう。

参考
DeFi Usage Numbers

【こんな記事も読まれています】
DeFi(分散型金融)の現在地、将来どのように企業活動や既存金融と結びつくのか
DeFiレンディングが組み込まれたプロダクトのユーザーエクスペリエンスとは?
イーサリアムはDeFiチェーン?データから読み取るアプリケーションのユーザー


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com


前のニュース実用化のフェーズに入ったイーサリアムのレイヤー2、ユーザー向けサービスも多く登場
次のニュース新たな驚異的ランサムウェア「サノス(Thanos)」がダークネットに登場
HashHubコミュニティ
HashHubは、ブロックチェーン関連のサービス開発、コンサルティング、業界の起業家・開発者にコワーキングスペースを提供するブロックチェーン総合企業です。コインチョイスでは、HashHub Comunityとして、HashHub社員やコミュニティメンバーから多彩なコラムをお届けします。公式サイトはこちら:https://hashhub.tokyo/