イーサリアムがいかに成長しているか8つのチャートで解説

編集部おすすめ

イーサリアムがいかに成長しているか8つのチャートで解説

2020年は、イーサリアム(Ethereum)がネイティブトークンETHの価格面でも、また実際にアプリケーションやユーザー数でも大きく成長しました。特に価格面ではETHは主要なアセットクラスの中で最も良いパフォーマンスを記録しました。本コラムではイーサリアムがいかに成長しているか8つのチャートで示します。

参照:Twitter

アドレス数

イーサリアムのデイリーアクティブアドレス数は約500,000にまで増加しています。これは2020年1月と比較して約1年で2倍近く成長したことになります。
#

ネットワーク利用のために支払いされた手数料

イーサリアムのネットワーク利用のために支払いされた手数料はビットコイン(BTC)を含むあらゆるネットワークと比較して最も高いです。これは高い手数料を支払ってでも使う理由があるという需要を示しています。
#

使用されているgas

2020年夏にはイーサリアムのDeFi(分散型金融)アプリケーションがユーザーを多数呼び込み、トランザクション手数料が高騰しました。2020年夏には日次で800億のgasが使用され、単純なトランザクションでも2,000~4,000円の手数料を必要とすることもありました。
#

イーサリアム上のステーブルコインの経済規模の拡大

イーサリアム上のステーブルコインの経済規模が拡大しています。160億ドル(約17兆円)のステーブルコインが発行されています。
#

DeFiのユーザー数

DeFi(分散型金融)のユーザー数は約100万人に到達しました。2020年の1年間で約10倍に成長しました。
#

DeFiのスマートコントラクトにロックアップされている残高

DeFi(分散型金融)のスマートコントラクトにロックアップされている残高は約250億ドル(2.5兆円)まで成長しました。DeFiではスマートコントラクトにETHをロックして流動性提供や取引を実行することからこの数値はDeFiの活況を示しています。

defiロックアップ残高

イーサリアムのネットワーク上に流通するBTCの残高

約15万BTCがWBTCなどの形式でイーサリアムのネットワークに流通しています。
#

DEXの出来高

DEX(分散型取引所)の出来高は一ヶ月あたり$200億円(約2兆円)を超えることも珍しくなくなり、中央集権取引所と同等以上の存在感をマーケットで見せ始めています。
#

まとめ

いかがだったでしょうか。さまざまな数字を取り上げましたが、イーサリアムがいかに成長しているかを示しました。現在、ブロックチェーン上で最も早いスピードで成長をしているプラットフォームであり、この上に新しい経済圏が築かれつつあります。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
2020年は名実共にイーサリアムの年 1年で大きく変わったETH需要
イーサリアムの大きな方針としてレイヤー2を主軸にする方向性
2021年イーサリアム(ETH)に期待できる3の理由


HashHub Researchでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に25本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼HashHub Research
https://hashhub-research.com/

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュースビットコイン(BTC)を個人保管しない危険性をロビンフッドの事例から考える
次のニュースCBDCのパブリックテストが加速、企業サービスも登場
HashHubコミュニティ
HashHubは、ブロックチェーン関連のサービス開発、コンサルティング、業界の起業家・開発者にコワーキングスペースを提供するブロックチェーン総合企業です。コインチョイスでは、HashHub Comunityとして、HashHub社員やコミュニティメンバーから多彩なコラムをお届けします。公式サイトはこちら:https://hashhub.tokyo/