XRP保有者に配布されるSPARK、低リスクでリターンを得る戦略

編集部おすすめ

XRP保有者に配布されるSPARK、低リスクでリターンを得る戦略

XRPの保有者に向けて、スパーク(SPARK)というトークンのエアドロップが行われます。SPARKはフレア・ネットワーク(Flare Network)に紐づくネイティブトークンです。Flare NetworkとSPARKトークンの概要については下記のコラムで解説しています。

【関連】Flare NetworkとSPARKトークンとは?XRPのユースケース拡張へ

今回のコラムではこのエアドロップイベントに際して低リスクでリターンを得る戦略について解説します。XRPは規模の大きい暗号資産であり、規模の大きめのエアドロップイベントで市場のひずみも生まれるはずです。Flare Networkも注目されているので、チャンスも大きいでしょう。ぜひトレード戦略の参考にしてください。

両建てでSPARKを取得する戦略

今回紹介するのは両建てでSPARKを取得する戦略です。方法は簡単で以下の通りです。

  1. XRP現物を手に入れる
  2. XRP無期限先物をショートする(BinanceやFTXなど)
  3. エアドロップを迎える

先物でショートすることでXRPの価格変動リスクなしにエアドロップされるトークンを手に入れることができます。現物の価格が下がっても、ショートポジションで利益がでて、現物の価格があがってもショートポジションで損が出るから、自身の価格に変動はありません。それでありながら現物の保有権利は有しておりエアドロップは取得できます。

この際にかかるコストは、無期限先物のfunding支払いです。多くの市場参加者が参加している場合、funding支払いは高騰している可能性があり、このコストは気にかける必要があるでしょう。なお無期限先物ではない通常の先物であれば、現物価格-先物価格の値がコストです。

同じような戦略から他にも多くの市場参加者が先物をショートし先物価格が安くなるシナリオも考えられます。例えば先物が5%安いという場合、エアドロップされるSPARKはXRPに対して5%分の価値があると市場が予想していることになります。

スナップショットを待たず清算するケース

XRP現物を入手して先物をショートしそのままスナップショットを迎えることもありえますが、状況によってはスナップショット直前にポジションを閉じる戦略もあり得るでしょう。もし早期に両建てポジションを作れたとして、ポジションをとったあとに先物価格が下落した場合は利益が出ていることになります。先物価格が現物価格と比較してどれだけマイナス乖離するかによりますが、もしマイナス乖離が大きければSPARKのスナップショットを待たないでポジションを精算したほうが利益が出ることもありそうです。

いずれにしてもビットコインゴールドなどが盛んだった2017年以来の大型エアドロップイベントであり、利益の機会は大きいのではないでしょうか。ぜひ検討してみてください。

リップル(XRP)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
XRPが驚異の価格上昇、一時ビットコインを上回る取引量
仮想通貨を無料で貰える「エアドロップ(Airdrop)」のやり方や種類を解説!
ビットコイン(BTC)が2017年の過去最高値を更新して1000万円を目指すために必要なものは


HashHub Researchでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に25本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼HashHub Research
https://hashhub-research.com/

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュースFlare NetworkとSPARKトークンとは?XRPのユースケース拡張へ
次のニュースビットポイント(BITPoint)の口座開設・登録の手順・特徴を解説!
平野 淳也(HashHub CEO)
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。仮想通貨については投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。