仮想通貨のペーパーウォレットを使うメリットとは?5ステップで簡単作成!

編集部おすすめ交換所

仮想通貨のペーパーウォレットを使うメリットとは?5ステップで簡単作成!

ペーパーウォレットとは?

ビットコインのペーパーウォレットとはパブリックキー(公開鍵)とプライベートキー(秘密鍵)が一緒に紙にプリントされているものを指す。このウォレットはインターネットからのアクセスを必要とせずオフラインで資金を保管(コールドストレージ)するため、ハッキング等のリスクがなくなる。

その名の通りペーパーウォレットは基本的に「紙」であるが、キー等をプリントできるものあれば、どんな材質でも作成が可能だ。

ペーパーウォレットは我々の通常の財布のような使用はできないが、代わりに資金を送受信する為に必要なパブリックキーとプライベートキーを保存する役割を果たす。

関連:ビットコインウォレットの仕組み

ペーパーウォレットのメリット

仮想通貨には多くの特有の保管方法が存在する。特にオンラインウォレットはシンプルでとても効率的だ。しかし、オンラインウォレットの問題点は、キー自体もオンライン上のサーバーに保存する事にあり、ハッキング等にあうリスクを有する。

デスクトップウォレット(自身のパソコンを使用)やモバイルウォレット(スマートフォンアプリを使用)はこのような危険性をある程度は緩和できるが、マルウェアなどコンピューターウイルスはデバイスのセキリティを容易に潜り抜ける。つまりセキリティ問題は、この場合も存在する。

他のオフライン管理としては、ハードウェアウォレットが存在する。様々な種類があるが、多くの場合はUSBメモリーか外付けハードディスクの形となっている。しかし、このハードウォレットには販売元の信用という問題ある。資産を預けるにあたり、信用の少ない会社のUSBメモリーなどでは大きな問題となりかねないため使用を避ける場合もある。

その点ペーパーウォレットはセキリティの観点で非常に優れている。利用者はウォレットをコントロール可能で、ハッカーからのハッキング、マルウェアによるハードウォレットの感染から資産が攻撃されるリスクはない。

もし、大量の仮想通貨を保有している場合、このペーパーウォレットはセキリティ面で最も安心できる。さらに、この方法はコストもかからない。

ペーパーウォレットのデメリット

しかし、このペーパーウォレットにもいくつか問題がある。その中でも最大の懸念は紙でできているという点だ。紙であるために、紛失や破損等が非常に起こりやすい。保管は慎重に慎重をきたさなければなければならない。

さらに物理的な盗難のリスクもある。紙であるこのペーパーウォレットが盗まれた場合、犯人が何らかの手段で口座にアクセスしてしまえば、資産のすべてが危険にさらされる。バックアップ等をとっていなければ、簡単に資産を失ってしまうことになりかねない。

ペーパーウォレットの作成5ステップ

  • STEP1:ウイルス等に感染していないパソコンを用意。(可能であれば新しいパソコンが理想)
  • STEP2:信頼のあるペーパーウォレットを作ってくれるサイトを探す。(例:WalletGenerator.netBitcoinpaperwallet.com
  • STEP3:ファイルをサイトからダウンロードし、ダウンロードが終ったらインターネットをオフラインに設定。これでハッキングのリスクを更に軽減。
  • STEP4:プログラムを開き、ペーパーウォレットを完成させる。
  • STEP5:番号が発行されるのでそれを紙等に印刷しておく。(この時プリンターはWi-fiではなく有線で繋げていることがベスト)印刷後、ウェブページを消し、ペーパーウォレットを安全なところに保管しておく。

安全なペーパーウォレットの保管方法

プライベートキー(秘密鍵)がペーパーウォレットの中で最も重要なものである。これは使用者の資産に直結するため細心の注意を払う必要がある。万が一にも紛失してしまえば、永遠に資産にアクセスすることは不可能だ。言い換えれば、キーさえ所有していれば資産にアクセスできるため、その保管場所は最も安全な場所でなければならない。

同時に、バックアップをとっておくことも重要である。もし何らかの問題発生したときに、バックアップを数か所安全な場所に用意しておくだけで、不慮の事故に備えることができる。

まとめ

オフラインでの仮想通貨の保管は、現状ハッカーたちが簡単にネット上からアクセスできる環境を鑑みると、一番有効であるように思われる。上記の5つのステップを参考にペーパーウォレットを使うことで、より安全に仮想通貨を保管できるようになるだろう。

完全にリスクのない保管方法は存在しないが、利用者が注意を払って利用することでそのリスクは回避できる。今一度、仮想通貨保有者一人ひとりの意識が問われている。

(翻訳者:RAVA)

参考:Financemagnates

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット