イーサリアムのスマートコントラクト開発言語Solidityの勉強方法まとめ(2021年版)

編集部おすすめ

イーサリアムのスマートコントラクト開発言語Solidityの勉強方法まとめ(2021年版)

イーサリアム(Ethereum)のアプリケーション開発者の需要はますます増加しています。しかし実際に勉強しようとしても何から手を付ければいいか分からない、あるいは業務で利用することがないため実践の機会もなく勉強しずらいという人もいると思います。

本コラムでは、スマートコントラクト開発言語Solidityの勉強方法まとめとしてIDEO VCに所属するイアン・リー(Ian Lee)氏が紹介する勉強方法を解説します。

Solidity学習リソース

まずはSolidityを勉強するためのリソースの紹介です。

Solidityドキュメント

最も一般的なものですが、Solidityのドキュメントです。本のように全て読むのではなく、必要なものを検索しながら使うことが大切です。

参考:Solidity

Udemy Solidity Course

UdemyのmSoilidity Courseです。実際のプロジェクトのスマートコントラクトをサンプルにしながら学べます。る3週間のコースが約1500円で受講できます。

参考:Ethereum Blockchain Developer Bootcamp With Solidity (2021)

OpenZeppelinのテンプレート

OpenZepplinはスマートコントラクトのテンプレートをリリースしています。全て監査済で世の中で使われているERC20やERC721のコントラクトコードが公開されています。

参考:OpenZeppelin

オープンソースプロジェクトから学ぶ

クリプト・ブロックチェーンのプロジェクトの素晴らしい点はほとんどのプロジェクトがオープンソースであるという点です。実際にスマートコントラクトに資金が投下されて、攻撃も試行されるなどさまざまな形で検証済のコードから学ぶことができます。

【参考】
Balancer
Uniswap
Compound
MakerDAO

またドキュメントでなくともEtherscanにコードが登録されている場合、コントラクトアドレスをEtherscanに入力してコードを参照することもできます。

参照:https://docs.balancer.finance/smart-contracts/addresses

また、イーサリアム(Ethereum)のコードを書く場合、Remixはおすすめのエディターです。ブラウザでスマートコントラクトのテストデプロイなどが実行できます。

いかがだったでしょうか。これからイーサリアムのスマートコントラクトの開発を始めようとする人の参考になれば幸いです。

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム(ETH)の「Solidity」ってどんな言語?ノンプログラマー向けに解説
スマートコントラクトとは何かを改めて理解する
DeFi(分散型金融)のスマートコントラクトリスクとはなにか


HashHub Researchでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に25本以上の頻度で行なっています。
コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼HashHub Research
https://hashhub-research.com/


前のニュースBinance Smart Chainの拡大戦略を5つに整理
次のニュースビットコイン価格は長期的に14万6,000ドル、JPモルガンの判断の根拠は?
平野 淳也
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。ブログオンラインサロンでも情報を発信中。仮想通貨については投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。