大手企業IBM、仮想通貨に対する取り組みのケーススタディとは?

6677

大手企業IBM、仮想通貨に対する取り組みのケーススタディとは?

五月雨まくら(@samidare_makura)です。
時価総額1,400億ドルのIBMが仮想通貨に対してどのような取り組みをしているかを具体的に説明することで、ブロックチェーン技術がどのように大企業に浸透していくのか、そのプロセスに迫ります。IBMに関する言及が多いですが、その普遍的原理は応用可能でしょう。

仮想通貨に対する状況の変遷

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を初めとする、仮想通貨が公的に言及されるようになったのはつい最近のことです。暗号化による安全なトークンでワークフローを合理化する代わりに、ブロックチェーンを採用するいくつかの有名事業では、ブロックチェーンを新しい分散型データベースとして利用することに専念しており、デジタル資産は不在でした。

しかしながら、数年の時を経て状況は変わってきました。大企業幹部は、仮想通貨に対して公的なスタンスを表明するようになりました。トークン市場規模は今や3千億ドルです。(約32兆円)

関連:時価総額TOP20

2017年、日本では仮想通貨元年と呼ばれました。そして、さまざまな企業が公の立場で、仮想通貨について言及するだけではなく、初期段階プロトコルやLive applicationの領域でそれらを利用する可能性についても含みを持たせました。

IBMもそのような企業の1つです。同社は、中央銀行の幹部を含むさまざまな重鎮と、仮想通貨がどのような役割を果たすのか、模索しています。

“We’re seeing tons of demand for digital asset issuance across the board”
(我々は、膨大なデジタル資産発行の需要増を目撃している)

引用:CoinDesk

IBMのブロックチェーン開発責任者であるJesse Lund氏は語ります。同氏によると、現時点ではIBMはステラ(Stellar)プラットフォームとルーメン(XLM)を採用しているようですが、それと同時に、IBMはさまざまな方法で暗号化通信のビジネス・アプリケーションを開発することに興味を示しています。

仮想通貨は中央銀行に収束する?

2017年を通じて、IBMのJesse Lund氏は、20の中央銀行と会談して、彼らはブロックチェーン上で独自の仮想通貨を発行する潜在的メリットを模索していると述べました。同氏は、米国や中国、EUなどG20により構成されている中央銀行に訪問したようですが、彼は、世界初となるブロックチェーン上で法定通貨を発行する中央銀行は、小規模でアジアと北米に位置すると予測しています。

しかし、彼が最も刺激を受けたのは、スウェーデンのRiskbank(スウェーデン国立銀行)だといいます。2017年12月Riskbankは、スウェーデンの現金供給をデジタルプラットフォームに移行することに興味を示したレポートを発表しました。その内容は特に、ブロックチェーンに言及したものではありませんでしたが、Lund氏は分権化された仮想通貨がまもなく中央銀行に収束することを期待しているようです。

IBMが考えるトークンの分類とは

IBMが事業によって、ブロックチェーンで発行される資産をしようすることは、中央銀行の仮想通貨に対する認可を超えています。そのためIBMは、Stellarプラットフォーム上で資金調達を開始するスタートアップと同様の技術を使用することで、他のさまざまトークンを調査しています。Lund氏は、IBMが関心を寄せるトークンは主に3種類に分類できるといいます。

まず1つ目は、セキュリティートークンです。
セキュリティートークンは、発行者が株式や証券のような権利を所有者に与えます。

次に2つ目は、ユーティリティトークンです。
ユーティリティトークンは、所有者が発行者のサービスにアクセスすることができます。

最後に3つ目は、コモディティトークンです。
コモディティトークンは、貴金属など物理的な資産が裏付けられています。

パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの相乗効果

これまでのところ、仮想通貨に関するIBMの仕事は、国境を超えた支払い試験による、ステラネットワークとルーメン(XLM)に限定されていました。同社は、米国や香港など9つのステラノードを運営しており、今後もいくつかのブロックチェーンに注力する予定です。

その中で最も重要なのは、Hyperleger Indyの新しいコードベース作成に貢献したSovrin財団です。同団体は、ICOで暗号資産を発行する準備をしているようです。

2018年1月、IBMリサーチは、Bitcoinで使用されるトランザクションモデルをHyperledger Febricのチェーンコードに適用する詳細となるホワイトペーパーを発表しました。パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンのスループットを比較する実験的な目的のために設計された「Fabric Coin」の働きは、2018年3月上旬にリリースされたHyperledger Fabric 1.1に含まれています。Lund氏は、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンが相互に補完しつつ発達することを期待していると述べました。

参考:CoinDesk