ICO

ICOとは、Initial Coin offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略であり、企業の資金調達方法を表しています。
一言でいうと「仮想通貨を発行して、資金調達すること」です。

一般的に企業は資金を調達する際には誰か(企業や銀行や個人)に承認を得て、実際の通貨(円)で出資してもらう必要があります。その際に、実績があったり信用性の高いプロジェクトなら出資してもらえる可能性は高いのですが、実績がないと出資されないこともしばしばあります。
そこで、ICOを用いることで、より資金が集まりやすくなるのです。

では、実際にどのようにして資金調達するのでしょうか。

「独自トークン」と呼ばれるその企業独自の仮想通貨を発行し、販売することによって資金を調達します。
企業側のメリットとして、資金調達のコスト低減があります。なぜかというと、現在資金調達をするには様々な手続きや手数料が必要になってしまいます。

しかし、ICOにおいては、資金を調達したいという情報をインターネット上に公開するだけで資金調達を募ることができます。また、世界中の誰でも投資に参加することができるので、いわゆるクラウドファンディングのようなかたちで小額から投資することが可能になります。ですので、投資側のリスクも軽減され資金も集まりやすくなります。
また、仮想通貨を用いることによって国家間取引の手数料が減少し、海外から投資するコストが劇的に削減されます。

ただし、問題点ももちろん抱えています。ICOを用いた詐欺などです。新たなプロジェクトをする予定なしに、トークンを人々に売りつけることによって利鞘を得る詐欺などが存在します。ICOを普及させるためには、そのような詐欺を取り締まる必要があります。

一方で、投資する側も企業が発表する「ホワイトペーパー」(プロジェクトの構想やコンセプトをまとめた企画書)をしっかり吟味することによって対策することは可能です。
ICOが普及すると、世界中の誰でも自由に投資ができる世界ができるかもしれません。

ICOのニュース一覧

ICOに関する最新ニュースやコラムなどを掲載しています
ICO合法化に向けたトークン発行の条件とは? 多摩大学の「ICOビジネス研究会」が提言

ICO合法化に向けたトークン発行の条件とは? 多摩大学の「ICOビジネス研究会」...

2018年4月5日、多摩大学の「ICOビジネス研究会」が合法的なICOを確立させるための提言レポートを発表した。提言は原則7つとガイドライン2つをまとめたものであり、ICO合法化に向けた信頼のおけるトークン発行の条件を独自に提言したものである。
ベーシックICOのロードマップとは?現在のICO環境を解説

ベーシックICOのロードマップとは?現在のICO環境を解説

TwitterにICOのロードマップが紹介されていました。今後はSECからICOの取締が行われるというような内容が書かれています。最近は詐欺ICOといった言葉を目にすることが多くなりましたが現在のICO環境を平野氏に解説していただきました。
ICOの約80%は詐欺だった?!投資家必読の最新調査データをICOアドバイザリー企業が公開

ICOの約80%は詐欺?!投資家必読の最新調査データをICOアドバイザリー企業が...

NYを拠点とするICOアドバイザリー企業が「ICOの80%が詐欺であり、実際に取引されているトークンはわずか8%である」ということが最新の調査でわかった。どういった判定方法なのか?海外仮想通貨情報メディアで公開された調査内容の詳細を解説。
3ヵ月連続10億ドル超え:仮想通貨規制強化にも関わらずICO資金調達は盛況

3ヵ月連続10億ドル超え:仮想通貨規制強化にも関わらずICO資金調達は盛況

仮想通貨の規制強化、不正行為などのトラブルが多く発生しているにも関わらずICO資金調達の市場は賑わい、2018年2月には3ヵ月連続で10億米ドル(約1100億円)を超える資金調達を達成。今後もクラウドセールによるICOは盛況っぷりを見せるのか注目だ。
分散型取引所Kyber Network(カイバーネットワーク)がまもなく実装される!?

話題の仮想通貨Kyber Network(カイバーネットワーク・KNC)とは?実...

Kyber Network(カイバーネットワーク)とはイーサリアムの創設者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏がアドバイザーをしているプロジェクトの1つ。大きな注目を集めていますが一体
バイナンスのCEOインタビュー②:バイナンスが急成長した理由とは?

バイナンスのCEOインタビュー②:バイナンスが急成長した理由とは?

海外取引所「バイナンス」のCEOであるCZ氏への取材レポート第二弾!2016年夏にICOを実施してから一気に急成長した理由をインタビュー!バイナンス内にいる「エンジェル」と呼ばれる人は一体誰なのか?詳しく聞いてみました。
バイナンスCEO

バイナンスのCEOインタビュー①:仮想通貨業界の向かう方向は?

人気の取引所バイナンスのCEO、CZ氏にお話しを伺ってきました。2018年仮想通貨業界はどんな動きを見せるのか、これまでを振り返りながらICOや分散型取引所について語っていただきました。
ビルドコインって知ってる?ブラジル・サンパウロでインフラ建設プロジェクトが計画中

サンパウロ市 ICOでインフラ建設計画中:イーサリアムと交換可能トークン

ブラジルのサンパウロ市でICOを使ったインフラ建設プロジェクトが計画中だそうです。ビルドコインというトークンを発行してICOによるプロジェクトということで、ブラジルでも仮想通貨への関心が高まってきたといえるでしょう。詳細は記事をご覧下さい。
コダック(Kodak)

株価急騰 米コダック(Kodak) 1月末に「コダックコイン」をICO予定

米写真メーカーであるイースト・コダック社がICOを実施すると発表があった。写真周辺企業では、老舗と言われる企業が仮想通貨の世界で新しい取り組みをするということで、話題となっている。株価も大きく上昇している。

BreadのICOから考えるウォレット事業のビジネスモデル

今回は人気のウォレットアプリbreadのICOから、ウォレットサービスを提供する会社のビジネスモデルの問題や業界の未来について考えてみましょう。
「ICOアドバイザー」に感じる大きな違和感とそれを引き受けるリスク

「ICOアドバイザー」に感じる大きな違和感とそれを引き受けるリスク

最近なぜか急激に増えているICOアドバイザー達。そもそもこれってどんなポジションで彼らは一体どんなことをしているのでしょうか?そしてこの仕事を引き受けるリスクとは?
伊藤穣一氏、ICOバブルに対して苦言

伊藤穣一氏、ICOバブルに対して苦言

伊藤穣一氏は最近のICOの過熱ぶりについて言及し、手軽な資金調達方法として広まってしまったICOについて苦言を呈している。スタンフォード大学で2日間に渡って行われているビットコイン開発者向けのイベント「スケーリングビットコイン」2日目はMITメディアラボでディレクターを務める伊藤氏のキーノートから始まった。
金融庁、ICOに関する注意喚起を発表

金融庁、ICOに関する注意喚起を発表

金融庁がICOに関する注意喚起をしている。詐欺の可能性や買ったトークンの価格が暴落する可能性などがあるとのことだ。
ナスダックCEO、ICOには関与しないと発言

ナスダックCEO、ICOには関与しないと発言

ナスダックのCEOはICOには近寄らないとの発言をしている。アメリカ証券取引委員会のトップがICOに対するネガティブな発言をしたのに続いて、ブロックチェーンに積極的なナスダックもこれには否定的だ
ICOで巨額の資金を調達したチームは逆に活力を失う

ICOで巨額の資金を調達したチームは逆に活力を失う

巨額の資金をICOで調達することへの懸念について、先日、海外の取引所BinanceのCEOが意見を出しました。瞬く間に何十億円も調達するのは華々しいですが、彼はそれを「好まない」と発言しています。
ドイツ航空会社がICOスタートアップとの提携に合意

ドイツ航空会社がICOスタートアップとの提携に合意

「ルフトハンザ」という欧州の大手航空会社がスイスのスタートアップWinding Treeと提携していることがわかった。提携した理由・メリットとは何なのか?またさらに新しい提携を始めているようで、ルフトハンザだけにとどまらず他の航空会社も活動をしているようだ。詳細は記事をご覧ください。
ICOと市場の構造:仮想通貨トレードで生き残るために知っておくべきこと

ICOと市場の構造:仮想通貨トレードで生き残るために知っておくべきこと

筆者のアンケートによると、最近は短期トレーダーでもあまり勝てていない人が増えているようです。もう素人でも勝てた時代は終わったのでしょうか?相場で生き抜くために知っておきたい市場構造について解説。
イニシャル・コイン・オファリング(ICO)を巡る各国の対応

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)を巡る各国の対応

ICOに対する各国の対応はどうなっているのだろうか、毎日のように新しい動きがある中で一度、中国、アメリカ、香港、ロシア、イスラエルなどの国の動きをまとめてみたい。
ビットコイン急落によるICO関連銘柄の株価動向

ビットコイン急落によるICO関連銘柄の株価動向

価格が急落したビットコイン。これにより仮想通貨関連の株価にも影響が出たと思われる。
ICOで仮想通貨全面安、これを見れば何が起きたのかがわかる!

ICOで仮想通貨全面安、これを見れば何が起きたのかがわかる!

仮想通貨の価格が全面的に下落中。いったい何があったのでしょうか?実は昨日中国がICOの禁止を発表。このことが原因で下落が起きているもよう。仮想通貨のマーケット情報から何が起きているのかを読み解いてみよう。
中国:ICO規制に関する最近の動向

中国:ICO規制に関する最近の動向

最近のICOブームに対して、中国の規制当局や関係機関は厳しい姿勢を示している。最近の中国の規制周りの動きをまとめてみた。
利益配当型トークンの購入やICOに参加するときの注意点

利益配当型トークンの購入やICOに参加するときの注意点

保有していれば配当がもらえるタイプのトークンは、そうではないものに比べてなんとなく良さそうな気がすることもありますが、アメリカではこれが証券に当てはまると考えられる可能性もありそうです。投資する際の注意点について把握しておきましょう。
エストニア、世界初の政府によるICOを計画

エストニア、世界初の政府によるICOを計画

ブロックチェーンの取り組みや電子居住権などで知られるエストニアがICOを計画しているようだ。国がICOを行うとはどういうことなのだろうか?
一般企業によるICOは、合理性があるのか

一般企業によるICOは、合理性があるのか

過熱するICOブーム、最近では企業が資金を調達するためにコインを発行するといった方法でも注目されていますが、そもそもICOは分散型プロトコルのためのもの。一般企業がICOを行う合理性について考えてみたい。

ICOとは、Initial Coin offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略であり、企業の資金調達方法を表しています。
一言でいうと「仮想通貨を発行して、資金調達すること」です。

一般的に企業は資金を調達する際には誰か(企業や銀行や個人)に承認を得て、実際の通貨(円)で出資してもらう必要があります。その際に、実績があったり信用性の高いプロジェクトなら出資してもらえる可能性は高いのですが、実績がないと出資されないこともしばしばあります。
そこで、ICOを用いることで、より資金が集まりやすくなるのです。

では、実際にどのようにして資金調達するのでしょうか。

「独自トークン」と呼ばれるその企業独自の仮想通貨を発行し、販売することによって資金を調達します。
企業側のメリットとして、資金調達のコスト低減があります。なぜかというと、現在資金調達をするには様々な手続きや手数料が必要になってしまいます。

しかし、ICOにおいては、資金を調達したいという情報をインターネット上に公開するだけで資金調達を募ることができます。また、世界中の誰でも投資に参加することができるので、いわゆるクラウドファンディングのようなかたちで小額から投資することが可能になります。ですので、投資側のリスクも軽減され資金も集まりやすくなります。
また、仮想通貨を用いることによって国家間取引の手数料が減少し、海外から投資するコストが劇的に削減されます。

ただし、問題点ももちろん抱えています。ICOを用いた詐欺などです。新たなプロジェクトをする予定なしに、トークンを人々に売りつけることによって利鞘を得る詐欺などが存在します。ICOを普及させるためには、そのような詐欺を取り締まる必要があります。

一方で、投資する側も企業が発表する「ホワイトペーパー」(プロジェクトの構想やコンセプトをまとめた企画書)をしっかり吟味することによって対策することは可能です。
ICOが普及すると、世界中の誰でも自由に投資ができる世界ができるかもしれません。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@