• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

ICO

ICOとは、Initial Coin offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略であり、企業の資金調達方法を表しています。
一言でいうと「仮想通貨を発行して、資金調達すること」です。

一般的に企業は資金を調達する際には誰か(企業や銀行や個人)に承認を得て、実際の通貨(円)で出資してもらう必要があります。その際に、実績があったり信用性の高いプロジェクトなら出資してもらえる可能性は高いのですが、実績がないと出資されないこともしばしばあります。
そこで、ICOを用いることで、より資金が集まりやすくなるのです。

では、実際にどのようにして資金調達するのでしょうか。

「独自トークン」と呼ばれるその企業独自の仮想通貨を発行し、販売することによって資金を調達します。
企業側のメリットとして、資金調達のコスト低減があります。なぜかというと、現在資金調達をするには様々な手続きや手数料が必要になってしまいます。

しかし、ICOにおいては、資金を調達したいという情報をインターネット上に公開するだけで資金調達を募ることができます。また、世界中の誰でも投資に参加することができるので、いわゆるクラウドファンディングのようなかたちで小額から投資することが可能になります。ですので、投資側のリスクも軽減され資金も集まりやすくなります。
また、仮想通貨を用いることによって国家間取引の手数料が減少し、海外から投資するコストが劇的に削減されます。

ただし、問題点ももちろん抱えています。ICOを用いた詐欺などです。新たなプロジェクトをする予定なしに、トークンを人々に売りつけることによって利鞘を得る詐欺などが存在します。ICOを普及させるためには、そのような詐欺を取り締まる必要があります。

一方で、投資する側も企業が発表する「ホワイトペーパー」(プロジェクトの構想やコンセプトをまとめた企画書)をしっかり吟味することによって対策することは可能です。
ICOが普及すると、世界中の誰でも自由に投資ができる世界ができるかもしれません。

ICOの記事一覧
ICOに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

2017年と2018年のICOのリターン比較、最もパフォーマンスが高いトークンは?

2017年と2018年のICOのリターン比較、最もパフォーマンスが高いトークンは...

メサリ(Messari)から2017年と2018年のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を実施した銘柄について比較したレポートが発表されました。パフォーマンスがよかった3種類のトークンについて紹介します。
ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは?仕組みの解説と金融庁が注目する理由

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは?仕組みの解説と金融庁が注目する理...

仮想通貨を知れば耳にすることもあるICO(イニシャル・コイン・オファリング)。ICOに参加する方法や手順、スキャム(詐欺)やトークンの価格などの注意すべてき点を初心者の人にでも分かりやすく解説します。
流動性を持つ取引所がICOプロジェクトをサポートすることがトレンドに…?

流動性を持つ取引所が「ICOプロジェクトをサポート」することがトレンドに…?

2018年まで多く行われたICOですが、本コラムではその中でもICO後の価格パフォーマンスが優れていたプロジェクトを紹介。そして2019年は流動性を持つ取引所がICOプロジェクトをサポートすることがトレンドになっている点について考察します。
アラブ首長国連邦(UAE)がICO調達額で世界トップに躍り出る

アラブ首長国連邦(UAE)がICO調達額で世界トップに躍り出る

中東のアラブ首長国連邦(UAE)が、2019年1-2月だけでICO(イニシャル・コイン・オファリング)を通じて、約233億円を調達し、世界トップに躍り出ました。次のブロックチェーン技術開発ハブとなる予想なども紹介。
2018年末時点におけるICOプロジェクトの現状と今後の展望とは?

2018年末時点におけるICOプロジェクトの現状と今後の展望とは?

2017~2018年はICO(イニシャル・コイン・オファリング)の資金調達が注目されたが、これらプロジェクトは境地に立っているといってもいいだろう。本稿では2018末時点のICOの状況、そしてICOの今後の展望について考察を行った。
米証券取引委員会(SEC)がメイウェザーとDJ キャレドに罰金、ICOの不正な宣伝に関与

米証券取引委員会(SEC)がメイウェザーとDJキャレドに罰金、ICOの不正な宣伝...

米証券取引委員会(SEC)が11月29日、プロボクサーのメイウェザーと音楽プロデューサーのDJ キャレドに対して、ICOの不正な宣伝に関与したとして罰金を科した。セレブな2人が支払いに合意した罰金額とは?
「ICO市場は終わった」仮想通貨の投資ファンド創業者が明言、現在の弱気市場についても言及

「ICO市場は終わった」仮想通貨の投資ファンド創業者が明言、現在の弱気市場につい...

仮想通貨投資ファンドの創業者であるバリー・シルバート氏(Barry Silbert)が、「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)市場は終わりだ」と明言。その理由や現在の弱気市場に対するシルバート氏の見解を紹介する。
仮想通貨急落の舞台裏:SECが未登録ICOに罰金約2,820万円、投資家には朗報もICO企業には悪夢?

仮想通貨急落の舞台裏:SECが未登録ICOに罰金約2,820万円、投資家には朗報...

直近で起きた仮想通貨の急落について、背景にはどのようなことが起きていたのか。11月16日にSECが発表した未登録ICO企業に罰金約2,820万円を課した件、この事例が投資家には朗報でもICO企業には悪夢となるかもしれない理由を紹介します。
ICOに過剰な期待は禁物?2017年ICOの86%は公開価格割れ

ICOに過剰な期待は禁物?2017年ICOの86%は公開価格割れ 

世界大手会計事務所の英アーンスト・アンド・ヤング(E&Y)がICOに関する調査報告書を発表。86%が公開価格を下回っていることが分かりました。その他、発表されたさまざまなICOに関する情報を解説します。
Civil(シヴィル)のトークンセールはソフトキャップに届かず!払い戻しへ

Civil(シビル)のトークンセールはソフトキャップに届かず!払い戻しへ

ブロックチェーンを基盤とするジャーナリズム・プラットフォームを目指すシヴィル(Civil)がソフトキャップを満たすことができず、トークンの販売に参加したユーザーに対して払い戻しを行うことを発表。背景とシヴィルのプロジェクトを解説します。
ICO市場は崩壊へと向かうのか?9月の資金調達額は全盛期と比べ90%減

ICO市場は崩壊へと向かうのか?9月の資金調達額は全盛期と比べ90%減

ICO市場、つまりICOによる資金調達金額は盛り上がりを見せていた2018年1月と比較して、9月は約90%ほど減少している。なぜICO市場が衰退しているのか?その理由やブロックチェーンのスタートアップ企業の資金調達動向に関する考察を行った。
韓国の政務委員長、規制枠組みの整備を含めたICO合法化を求める

韓国の政務委員長、規制枠組みの整備を含めたICO合法化を求める

2018年10月2日、韓国の国会会議で政務委員長のミン氏が「ICOの合法化」を求める発言をしたことが話題となっている。もちろん規制の枠組みはあって然るべきと指摘。ミン氏の発言の詳細や、韓国の仮想通貨関連の法案への動きなどを考察した。
中国人民銀行が違法性のあるICOへの注意喚起など仮想通貨投資家に警告

中国人民銀行が違法性のあるICOへの注意喚起など仮想通貨投資家に警告

中国中央銀行(PBoC)が、仮想通貨取引とICO(イニシャル・コイン・オファリング)に関して1年ぶりに新たな警告を発表。また海外との取引に関与するIPアドレスのブロックや口座の閉鎖していたことも分かった。
ブラジル名門サッカークラブ「アヴァイFC」がICOで約20億円の獲得を目指す

ブラジル名門サッカークラブ「アヴァイFC」がICOで約20億円の獲得目指す

ブラジルの有名なサッカークラブの「アヴァイFC」がICOで約2000万ドル(20億円相当)を調達する計画があることを発表した。ICO計画を立てたきっかけや目的、AVAIトークンの詳細、その他サッカー業界の取り組みなども併せて紹介。
欧州統一ICO規制案、採用により企業や銀行の仮想通貨保有の鍵となるか

欧州統一ICO規制案、採用により企業や銀行の仮想通貨保有の鍵となるか

9月初旬から報じられている欧州統一の新たなICO規制案について、草案、改正案を提出し、今後の議論や決定される見通し(スケジュール)が、仮想通貨メディアCoindesk誌に掲載されたインタビューでわかった。現在わかっていることをまとめた。
NY連邦地裁が「ICOは証券法の規制対象」と初の判断、業界に大きな影響及ぼすか?

NY連邦地裁が「ICOは証券法の規制対象」と初の判断、業界に大きな影響及ぼすか

米国の連邦地裁がICOについては米国証券法の対象になるとNY初の判断を下した。ICOトークンを発行&販売しようとして容疑で逮捕されたザスラフスキー(Zaslavskiy)容疑者に対する審判のなかで、今回の判断がを下した。
欧州議会、クラウドファンディングのルールに基づいたICOの「基準」を検討

欧州議会、クラウドファンディングのルールに基づいたICOの「基準」を検討

欧州議会議員が新たにICOの規制を提案し、この法案についての議論を行った。この草案にはKYC/AMLの条件クリア、トークンの販売額に800万ユーロの上限を設定することなどが盛り込まれている。9月中頃にも法案の再提出をする予定だ。
ブラジルの人気サッカー選手ロナウジーニョが意欲的なプロジェクトでICO発行へ

ブラジルの人気サッカー選手ロナウジーニョが意欲的なプロジェクトでICO発行へ

2018年内に引退を表明しているブラジルの人気サッカー選手ロナウジーニョがサッカー界をブロックチェーンで盛り上げる為ICOプロジェクトを実施することを発表した。どのようなプロジェクト内容なのか、ロナウジーニョが考える将来とは?
2018年に入り1,000を超えるICOプロジェクトが次々と死んでいる?!

2018年に入り1,000を超えるICOプロジェクトが次々と死んでいる?!

2018年にはいってから、ICOプロジェクトは多く実施されてきていますがそれと同時に1000以上が死亡(プロジェクト閉鎖)しているという事実が明らかになった。本稿ではICOへ投資する際の心構えや詐欺を見分けるポイント等を紹介します!
ICO人気の陰に著名人によるPR、目に余るバウンティー・キャンペーンとは?

ICO人気の陰に著名人によるPR、目に余るバウンティー・キャンペーンとは?

アメリカでは「バウンティー・キャンペーン」が活発とBloombergが報じている。SNSのいわゆるインフルエンサーがICOの宣伝をして報酬を得るという仕組みで、法律違反ではないとされている。具体的にはどんなキャンペーンなのか等を紹介。
ICOをわかりやすく解説:IPOやVC出資との違いや将来の展望とは!?

ICOをわかりやすく解説:IPOやVC出資との違いや将来の展望とは!?

ICOとは?を、わかりやすく初心者向けに解説しました。また、ICOと比較されがちなIPOやVC出資との違いや、ICOの将来の展望などを考察。ICOが注目(人気と)される理由とは一体何なのか?このコラムで理解を深めていただけると嬉しいです。
DMM Bitcoin 田口仁

ICOの成熟化、ポイント制度的サービスコミュニティー参入と台頭の可能性:DMM ...

分散型台帳技術(ブロックチェーン)の利用拡大が早いと考えられるプレイヤー視点から考察を記載していきます。2017年には、数百件のICOがあり、結果的に約4,500億円の資金調達が行われたと考えられています。同年のIPOは、22兆円以上とされており、ICOとIPOを比較した場合、2%程度となりますが、これがもう2%、まだ2%と考えるのは人それぞれだと考えます。
仮想通貨(ICO)投資をする前に必ず確認した方が良い「7つの問いかけ」とは?

仮想通貨(ICO)投資をする前に必ず確認した方が良い「7つの問いかけ」とは?

最近ではICO詐欺などの被害が拡大していることもあり、ICOに投資をしようと思った時は慎重に投資先を選ぶことを強くおすすめします。しかし一体どんな点を重視すれば良いのか?本稿では初心者向けに、投資前にチェックすべき7つの質問を紹介します。
米証券取引委員会(SEC)、ICOの資金調達において発行されるトークンは証券とみなす方針を明らかに

米SEC、ICOの資金調達において発行されるトークンは証券とみなす方針が明らかに...

米証券取引委員会(SEC)は、ICOの資金調達において発行されるトークンは証券とみなす方針を明らかにした。今後ICOやIPOはSECの認可を受けなければならない。この取り決めによる仮想通貨業界への影響・ アルトコインの取り扱いについて紹介。
平均的なICO投資者は82%の利益を上げていた…!ボストンカレッジ研究者調べ

平均的なICO投資者は82%の利益を上げていた…!ボストンカレッジ研究者調べ

アメリカの大学ボストンカレッジの研究者達でICO投資に関するある調査が行われ、その結果報告書が公表された。なんと平均的なICO投資家は82%の利益率を出しているのだ。なぜこういった結果となったのか?報告書のデータをまとめて紹介。
韓国国会がICO禁止解除の法案提出、規制緩和の具体的一歩になるのか?

韓国国会がICO禁止解除の法案提出、規制緩和の具体的一歩になるのか?

韓国は2017年9月より国内でのICOを禁止する規制を行っていた。しかし今週、韓国国会がICO発行に関する禁止を解除する法案を提出したという。どういった背景があり再び解除の方針となったのか?このまま仮想通貨規制緩和に向け動き出すのだろうか?
SPINDLE(スピンドル)

ICOに参加する際の注意点:スピンドル(SPINDLE)の現在の価格は?

年末年始に話題になったICOの一つのスピンドルの現在に関する記事です。ICOはリスクがあるので、参加する場合はそれを考慮した上でご自身の判断で決定してください。書いてあることを真に受けてもいけません。現実的に実行可能かどうか、人物は信頼できるかなどをしっかり調べる必要があります。
偽ICOサイト「HoweyCoin」を開設、高まるICO詐欺問題に米SECが警鐘を鳴らす

偽ICOサイト「HoweyCoin」開設、高まるICO詐欺問題に米SECが警鐘を...

米国証券取引委員会(SEC)は高まるICO詐欺問題に警鐘を鳴らし、投資家に注意を促す為「偽のICOサイト」を開設。サイト訪問者が偽ICOに購入ボタンを押すとSEC教育ツールにリンクが飛ぶ仕組みとなっている。SECの新しい試みに注目が集まる。
2018年もICOはホットな話題?必ず知るべき5つの注意点とは!?

2018年もICOはホットな話題?必ず知るべき5つの注意点とは!?

昨年から引き続き2018年も話題となっているICOは、新しい資金調達方法として注目されているが、ICOに投資するにはリスクはつきもの。特に初心者はICO投資に参加する前に重要な注意するべき点がある。そのポイント5つをまとめて解説。
ICO基礎知識

ICOに関しての仮想通貨基礎知識:トークンの種類

ICOに関して、アセット、マネタリー、ユーティリティーの側面からトークンに関して、どのような立ち位置で機能しているかをわかりやすく解説。ICOには様々なものがあり、詐欺的なものも含まれるので、トークセールなどに参加する際は注意が必要です。
バイナンス(Binance)CEOが「ICOは必要不可欠」と発言、その真意とは?

バイナンス(Binance)CEOが「ICOは必要不可欠」と発言、その真意とは?...

バイナンスCEOの趙昌鵬(CZ)氏が「ICOはVCより金調達が100倍以上簡単」とバイナンス公式ブログに綴ったことが話題となっている。ICOは今後必要不可欠となると発言したCZ氏の真意とは?また米セコイアからの訴訟の背景についても紹介。
2018年第1四半期のICO調達資金は63億ドル、早くも2017年の通年比118%

2018年第1四半期のICO調達資金は63億ドル、早くも2017年の通年比118...

2018年第1四半期(Q1)のICO調達資金は早くも63億ドルを超えており、既に2017年の通年を上回る総額となっている(通年比118%)。Q1総額の大部分を占めているのはTelegram。ICO規制によっては今後の調達額が大きく左右される。
サッカー界のレジェンド ルイス・フィーゴ氏がICOを支持「ファンと選手の関わりを深める」と共感

サッカー界のレジェンド ルイス・フィーゴ氏がICOを支持「ファンと選手の関わりを...

サッカー界のレジェンドとも呼ばれるルイス・フィーゴ選手はこの度、フットボールスターズのトークン化に向けた活動をするため公式アンバサダーに任命された事を発表した。フィーゴ氏はICOによってファンと選手の関わりが深まると嬉しいとコメントしている。
ICO合法化に向けたトークン発行の条件とは? 多摩大学の「ICOビジネス研究会」が提言

ICO合法化に向けたトークン発行の条件とは? 多摩大学の「ICOビジネス研究会」...

2018年4月5日、多摩大学の「ICOビジネス研究会」が合法的なICOを確立させるための提言レポートを発表した。提言は原則7つとガイドライン2つをまとめたものであり、ICO合法化に向けた信頼のおけるトークン発行の条件を独自に提言したものである。
ベーシックICOのロードマップとは?現在のICO環境を解説

ベーシックICOのロードマップとは?現在のICO環境を解説

TwitterにICOのロードマップが紹介されていました。今後はSECからICOの取締が行われるというような内容が書かれています。最近は詐欺ICOといった言葉を目にすることが多くなりましたが現在のICO環境を平野氏に解説していただきました。
調達資金は850億円以上?!史上最大規模のICOを行うテレグラムのTONとは?

調達資金は850億円以上?!史上最大規模のICOを行うテレグラムのTONとは?

ロシア発のメッセージングアプリTelegram(テレグラム)がICOのプライベートセールを開催し、850億円以上の資金調達をしていることが米証券取引委員会(SEC)によって発表された。集めたお金で何を作るのか?プロジェクトの内容や懸念点を解説。
格安航空エアアジア(AirAsia)が仮想通貨「BigCoin」発行か、ICOも検討中?

格安航空エアアジア(AirAsia)が仮想通貨「BigCoin」発行か、ICOも...

日本でも人気のLCC航空会社エアアジア(AirAsia)が「BigCoin」という仮想通貨の発行を計画していると日経アジアが発表した。エアアジアCEOによると機内食の購入や席のアップグレードにBigCoinが使えるようになるとのこと。
ICOの約80%は詐欺だった?!投資家必読の最新調査データをICOアドバイザリー企業が公開

ICOの約80%は詐欺?!投資家必読の最新調査データをICOアドバイザリー企業が...

NYを拠点とするICOアドバイザリー企業が「ICOの80%が詐欺であり、実際に取引されているトークンはわずか8%である」ということが最新の調査でわかった。どういった判定方法なのか?海外仮想通貨情報メディアで公開された調査内容の詳細を解説。
3ヵ月連続10億ドル超え:仮想通貨規制強化にも関わらずICO資金調達は盛況

3ヵ月連続10億ドル超え:仮想通貨規制強化にも関わらずICO資金調達は盛況

仮想通貨の規制強化、不正行為などのトラブルが多く発生しているにも関わらずICO資金調達の市場は賑わい、2018年2月には3ヵ月連続で10億米ドル(約1100億円)を超える資金調達を達成。今後もクラウドセールによるICOは盛況っぷりを見せるのか注目だ。
分散型取引所Kyber Network(カイバーネットワーク)がまもなく実装される!?

話題の仮想通貨Kyber Network(カイバーネットワーク・KNC)とは?実...

Kyber Network(カイバーネットワーク)とはイーサリアムの創設者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏がアドバイザーをしているプロジェクトの1つ。大きな注目を集めていますが一体
ビルドコインって知ってる?ブラジル・サンパウロでインフラ建設プロジェクトが計画中

サンパウロ市 ICOでインフラ建設計画中:イーサリアムと交換可能トークン

ブラジルのサンパウロ市でICOを使ったインフラ建設プロジェクトが計画中だそうです。ビルドコインというトークンを発行してICOによるプロジェクトということで、ブラジルでも仮想通貨への関心が高まってきたといえるでしょう。詳細は記事をご覧下さい。
コダック(Kodak)

株価急騰 米コダック(Kodak) 1月末に「コダックコイン」をICO予定

米写真メーカーであるイースト・コダック社がICOを実施すると発表があった。写真周辺企業では、老舗と言われる企業が仮想通貨の世界で新しい取り組みをするということで、話題となっている。株価も大きく上昇している。

BreadのICOから考えるウォレット事業のビジネスモデル

今回は人気のウォレットアプリbreadのICOから、ウォレットサービスを提供する会社のビジネスモデルの問題や業界の未来について考えてみましょう。
「ICOアドバイザー」に感じる大きな違和感とそれを引き受けるリスク

「ICOアドバイザー」に感じる大きな違和感とそれを引き受けるリスク

最近なぜか急激に増えているICOアドバイザー達。そもそもこれってどんなポジションで彼らは一体どんなことをしているのでしょうか?そしてこの仕事を引き受けるリスクとは?
伊藤穣一氏、ICOバブルに対して苦言

伊藤穣一氏、ICOバブルに対して苦言

伊藤穣一氏は最近のICOの過熱ぶりについて言及し、手軽な資金調達方法として広まってしまったICOについて苦言を呈している。スタンフォード大学で2日間に渡って行われているビットコイン開発者向けのイベント「スケーリングビットコイン」2日目はMITメディアラボでディレクターを務める伊藤氏のキーノートから始まった。
金融庁、ICOに関する注意喚起を発表

金融庁、ICOに関する注意喚起を発表

金融庁がICOに関する注意喚起をしている。詐欺の可能性や買ったトークンの価格が暴落する可能性などがあるとのことだ。
ナスダックCEO、ICOには関与しないと発言

ナスダックCEO、ICOには関与しないと発言

ナスダックのCEOはICOには近寄らないとの発言をしている。アメリカ証券取引委員会のトップがICOに対するネガティブな発言をしたのに続いて、ブロックチェーンに積極的なナスダックもこれには否定的だ
ICOで巨額の資金を調達したチームは逆に活力を失う

ICOで巨額の資金を調達したチームは逆に活力を失う

巨額の資金をICOで調達することへの懸念について、先日、海外の取引所BinanceのCEOが意見を出しました。瞬く間に何十億円も調達するのは華々しいですが、彼はそれを「好まない」と発言しています。
ドイツ航空会社がICOスタートアップとの提携に合意

ドイツ航空会社がICOスタートアップとの提携に合意

「ルフトハンザ」という欧州の大手航空会社がスイスのスタートアップWinding Treeと提携していることがわかった。提携した理由・メリットとは何なのか?またさらに新しい提携を始めているようで、ルフトハンザだけにとどまらず他の航空会社も活動をしているようだ。詳細は記事をご覧ください。
ICOと市場の構造:仮想通貨トレードで生き残るために知っておくべきこと

ICOと市場の構造:仮想通貨トレードで生き残るために知っておくべきこと

筆者のアンケートによると、最近は短期トレーダーでもあまり勝てていない人が増えているようです。もう素人でも勝てた時代は終わったのでしょうか?相場で生き抜くために知っておきたい市場構造について解説。

ICOとは、Initial Coin offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略であり、企業の資金調達方法を表しています。
一言でいうと「仮想通貨を発行して、資金調達すること」です。

一般的に企業は資金を調達する際には誰か(企業や銀行や個人)に承認を得て、実際の通貨(円)で出資してもらう必要があります。その際に、実績があったり信用性の高いプロジェクトなら出資してもらえる可能性は高いのですが、実績がないと出資されないこともしばしばあります。
そこで、ICOを用いることで、より資金が集まりやすくなるのです。

では、実際にどのようにして資金調達するのでしょうか。

「独自トークン」と呼ばれるその企業独自の仮想通貨を発行し、販売することによって資金を調達します。
企業側のメリットとして、資金調達のコスト低減があります。なぜかというと、現在資金調達をするには様々な手続きや手数料が必要になってしまいます。

しかし、ICOにおいては、資金を調達したいという情報をインターネット上に公開するだけで資金調達を募ることができます。また、世界中の誰でも投資に参加することができるので、いわゆるクラウドファンディングのようなかたちで小額から投資することが可能になります。ですので、投資側のリスクも軽減され資金も集まりやすくなります。
また、仮想通貨を用いることによって国家間取引の手数料が減少し、海外から投資するコストが劇的に削減されます。

ただし、問題点ももちろん抱えています。ICOを用いた詐欺などです。新たなプロジェクトをする予定なしに、トークンを人々に売りつけることによって利鞘を得る詐欺などが存在します。ICOを普及させるためには、そのような詐欺を取り締まる必要があります。

一方で、投資する側も企業が発表する「ホワイトペーパー」(プロジェクトの構想やコンセプトをまとめた企画書)をしっかり吟味することによって対策することは可能です。
ICOが普及すると、世界中の誰でも自由に投資ができる世界ができるかもしれません。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram