ICO

ICOとは、Initial Coin offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略であり、企業の資金調達方法を表しています。
一言でいうと「仮想通貨を発行して、資金調達すること」です。

一般的に企業は資金を調達する際には誰か(企業や銀行や個人)に承認を得て、実際の通貨(円)で出資してもらう必要があります。その際に、実績があったり信用性の高いプロジェクトなら出資してもらえる可能性は高いのですが、実績がないと出資されないこともしばしばあります。
そこで、ICOを用いることで、より資金が集まりやすくなるのです。

では、実際にどのようにして資金調達するのでしょうか。

「独自トークン」と呼ばれるその企業独自の仮想通貨を発行し、販売することによって資金を調達します。
企業側のメリットとして、資金調達のコスト低減があります。なぜかというと、現在資金調達をするには様々な手続きや手数料が必要になってしまいます。

しかし、ICOにおいては、資金を調達したいという情報をインターネット上に公開するだけで資金調達を募ることができます。また、世界中の誰でも投資に参加することができるので、いわゆるクラウドファンディングのようなかたちで小額から投資することが可能になります。ですので、投資側のリスクも軽減され資金も集まりやすくなります。
また、仮想通貨を用いることによって国家間取引の手数料が減少し、海外から投資するコストが劇的に削減されます。

ただし、問題点ももちろん抱えています。ICOを用いた詐欺などです。新たなプロジェクトをする予定なしに、トークンを人々に売りつけることによって利鞘を得る詐欺などが存在します。ICOを普及させるためには、そのような詐欺を取り締まる必要があります。

一方で、投資する側も企業が発表する「ホワイトペーパー」(プロジェクトの構想やコンセプトをまとめた企画書)をしっかり吟味することによって対策することは可能です。
ICOが普及すると、世界中の誰でも自由に投資ができる世界ができるかもしれません。

ICOの記事一覧
ICOに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

分散型取引所Kyber Network(カイバーネットワーク)がまもなく実装される!?

話題の仮想通貨Kyber Network(カイバーネットワーク・KNC)とは?実...

Kyber Network(カイバーネットワーク)とはイーサリアムの創設者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏がアドバイザーをしているプロジェクトの1つ。大きな注目を集めていますが一体
バイナンスのCEOインタビュー②:バイナンスが急成長した理由とは?

バイナンスのCEOインタビュー②:バイナンスが急成長した理由とは?

海外取引所「バイナンス」のCEOであるCZ氏への取材レポート第二弾!2016年夏にICOを実施してから一気に急成長した理由をインタビュー!バイナンス内にいる「エンジェル」と呼ばれる人は一体誰なのか?詳しく聞いてみました。
バイナンスCEO

バイナンスのCEOインタビュー①:仮想通貨業界の向かう方向は?

人気の取引所バイナンスのCEO、CZ氏にお話しを伺ってきました。2018年仮想通貨業界はどんな動きを見せるのか、これまでを振り返りながらICOや分散型取引所について語っていただきました。
ビルドコインって知ってる?ブラジル・サンパウロでインフラ建設プロジェクトが計画中

サンパウロ市 ICOでインフラ建設計画中:イーサリアムと交換可能トークン

ブラジルのサンパウロ市でICOを使ったインフラ建設プロジェクトが計画中だそうです。ビルドコインというトークンを発行してICOによるプロジェクトということで、ブラジルでも仮想通貨への関心が高まってきたといえるでしょう。詳細は記事をご覧下さい。
コダック(Kodak)

株価急騰 米コダック(Kodak) 1月末に「コダックコイン」をICO予定

米写真メーカーであるイースト・コダック社がICOを実施すると発表があった。写真周辺企業では、老舗と言われる企業が仮想通貨の世界で新しい取り組みをするということで、話題となっている。株価も大きく上昇している。

BreadのICOから考えるウォレット事業のビジネスモデル

今回は人気のウォレットアプリbreadのICOから、ウォレットサービスを提供する会社のビジネスモデルの問題や業界の未来について考えてみましょう。
「ICOアドバイザー」に感じる大きな違和感とそれを引き受けるリスク

「ICOアドバイザー」に感じる大きな違和感とそれを引き受けるリスク

最近なぜか急激に増えているICOアドバイザー達。そもそもこれってどんなポジションで彼らは一体どんなことをしているのでしょうか?そしてこの仕事を引き受けるリスクとは?
伊藤穣一氏、ICOバブルに対して苦言

伊藤穣一氏、ICOバブルに対して苦言

伊藤穣一氏は最近のICOの過熱ぶりについて言及し、手軽な資金調達方法として広まってしまったICOについて苦言を呈している。スタンフォード大学で2日間に渡って行われているビットコイン開発者向けのイベント「スケーリングビットコイン」2日目はMITメディアラボでディレクターを務める伊藤氏のキーノートから始まった。
金融庁、ICOに関する注意喚起を発表

金融庁、ICOに関する注意喚起を発表

金融庁がICOに関する注意喚起をしている。詐欺の可能性や買ったトークンの価格が暴落する可能性などがあるとのことだ。
ナスダックCEO、ICOには関与しないと発言

ナスダックCEO、ICOには関与しないと発言

ナスダックのCEOはICOには近寄らないとの発言をしている。アメリカ証券取引委員会のトップがICOに対するネガティブな発言をしたのに続いて、ブロックチェーンに積極的なナスダックもこれには否定的だ

ICOとは、Initial Coin offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略であり、企業の資金調達方法を表しています。
一言でいうと「仮想通貨を発行して、資金調達すること」です。

一般的に企業は資金を調達する際には誰か(企業や銀行や個人)に承認を得て、実際の通貨(円)で出資してもらう必要があります。その際に、実績があったり信用性の高いプロジェクトなら出資してもらえる可能性は高いのですが、実績がないと出資されないこともしばしばあります。
そこで、ICOを用いることで、より資金が集まりやすくなるのです。

では、実際にどのようにして資金調達するのでしょうか。

「独自トークン」と呼ばれるその企業独自の仮想通貨を発行し、販売することによって資金を調達します。
企業側のメリットとして、資金調達のコスト低減があります。なぜかというと、現在資金調達をするには様々な手続きや手数料が必要になってしまいます。

しかし、ICOにおいては、資金を調達したいという情報をインターネット上に公開するだけで資金調達を募ることができます。また、世界中の誰でも投資に参加することができるので、いわゆるクラウドファンディングのようなかたちで小額から投資することが可能になります。ですので、投資側のリスクも軽減され資金も集まりやすくなります。
また、仮想通貨を用いることによって国家間取引の手数料が減少し、海外から投資するコストが劇的に削減されます。

ただし、問題点ももちろん抱えています。ICOを用いた詐欺などです。新たなプロジェクトをする予定なしに、トークンを人々に売りつけることによって利鞘を得る詐欺などが存在します。ICOを普及させるためには、そのような詐欺を取り締まる必要があります。

一方で、投資する側も企業が発表する「ホワイトペーパー」(プロジェクトの構想やコンセプトをまとめた企画書)をしっかり吟味することによって対策することは可能です。
ICOが普及すると、世界中の誰でも自由に投資ができる世界ができるかもしれません。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@