最近は、ICOバブルが最も盛り上がっていた時期と比べると、やや失速している感があります。

ちなみに、筆者のICOに対する所感は下記の記事や、ICO討論会のビデオを参照してもらえればと思います。

関連記事:一般企業によるICOは、合理性があるのか
動画:ICO討論会

しかし、ICOへの資金流入が失速をするとICOトークンを販売する各社も、販売戦略を変えてきています。

実際に会ったからといって信頼できるか

というのも、今、日本は世界で最も、暗号通貨の市場(主にトレード)が大きく、沢山のプロジェクトが東京に来ています。

彼らの多くは、ICOを実施予定で、日本のブロガーなどにコンタクトをとり、実際に会って仲良くなり、その先に宣伝してもらったり、一緒にミートアップを開催したりという戦略が増えてます。

知っての通り、ほとんど空っぽのチームばかりです。気をつけましょう。

会って話したら、勉強してるし、真面目そうだったし、頑張ってるから、ICO応援します!は、明らかに間違った思考だと思います。

総じて詐欺師は、優しくて真面目そうであるということが常です。

仮に、本当に真剣にプロジェクトをやっていても、その実現可能性に妥当性がなければ、ジャンク債販売の片棒担ぐ理由にはなりません。

筆者の経験上、会って話すと、不透明且つよく練られていないプロジェクトだと浮き彫りになることのほうが遥かに多いのですが、実際に会って話すと感情移入してしまうケースが多いようです。

誰も信用すべきでなく、事実ベースでものを考えるべき暗号通貨の世界で、一度会っただけで、プロジェクトをひいき目にみてしまう人が多いですが、これは非常に危険です。

一度、顔を見て話すと、ひいき目に見てしまうのは人間の性質だという実験結果もあるため、それを割り引いて考えるくらいじゃないと駄目だといえます。

ICOアドバイザーを引き受けることの危険さ

このように、多くのブロガーにマーケティングを依頼するICOプロジェクト実施企業たちですが、時にはアドバイザーを依頼することもあります。

筆者自身も、一度も引き受けたことはありませんが、アドバイザーを打診されたことはあります。

さて、このアドバイザーという役職、聞こえは何だか格好いいのですが、そのほとんどが、マーケティング担当のようなものです。

実は界隈に長くいる人でも、自分から見て、なんでそんなプロジェクトのアドバイザー受けたの?と思うことは多々あります。

まともなデューデリをできる人なんてほぼいませんし、今、ICOのアドバイザーをしている有識者たちは、将来のレピュテーションリスクを大きく抱えていると言わざるを得ません。

下手にICOのアドバイザーなど引き受けてしまうと、数年以内に、詐欺師みたいな扱いになってしまう可能性もあると思います。

ICOトークンは、ジャンク債以外の何物でもないのですから当然です。

中には、本当に善意でアドバイザーやってる人もいると思いますが、その人のためにも書きますが、本当に気をつけるべきでしょう。

最後に

最後に、ICOプロジェクトのアドバイザーをやっている人、複数に「そのICOのトークンを自分の財布のお金で購入し、2年以上ホールドが出来ますか?実際に買いますか?」という質問をしたことがあるのですが、これに対して、「イエス」という答えが返ってきたことはありません。

これを読んで頂いた、界隈の識者、ブロガーの方々は、果たして「ICOアドバイザー」という役職を受けることが、良いことなのか、将来のレピュテーションリスクに見合うのか考えて頂きたいです。

また、本当に真面目にICOを検討していて、アドバイザーを探している会社は、筆者が運営中のサロンでICO検討中の企業向けのコラムを書いたので、是非読んで頂ければと思います。正直VCから調達するほうが良いと思われるかもしれません。