15カ国が関心を示す中銀発行デジタル通貨(CBDC)、IMF歴史的転換点と認識

編集部おすすめ

15カ国が関心を示す中銀発行デジタル通貨(CBDC)、IMF歴史的転換点と認識

国際通貨基金(IMF)が、決済手段として中央銀行発行の法定デジタル通貨(CBDC)に強い関心を持っている国が、世界に15カ国存在するとの調査報告書を公表しています。

IMFの報告書は「Casting Light on Central Bank Digital Currencies(中央銀行デジタル通貨に光を当てる)」とのタイトルで、CBDC発行の現状と将来について深く考察しています。

仮想通貨への関心は、市場での取引量が減少するのに反比例するように増大しており、IMFはCBDC発行を目指す主要な理由は2つあると指摘しています。

スウェーデン、中国など15法域がCBDC発行に関心示す

CBDC発行に関心のある国は、オーストラリアとブラジル、中国、東カリブ海諸国機構(OECS)、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、ウルグアイ、バハマ、カナダ、オランダ領キュラソー&シント・マールテン、エクアドル、イスラエル、フィリピン、英国の15法域です。

IMFはこのほか、発行を検討中としながら詳細を公表しない国として、バーレーン、バルバドス、エジプト、ユーロ圏、香港、インド、インドネシア、イスラエル、ジャマイカ、韓国、レバノン、ニュージーランド、ロシア、スイスを挙げています。

モバイル決済の台頭など、現金の役割弱まる傾向か

民間金融機関が、日常的に仮想通貨を決済手段に利用することになれば、新たな決済手段について熱烈な関心が高まり、中銀でも広く登録されるようになるかもしれません。

スウェーデンでは実際、モバイル決済アプリが普及しており、現金の流通が極めて少なくなっています。またスウェーデンでは数年後に現金を受け入れなくなると予測されています。一方中国では、中国人民銀行(PBoC)がCBDCの発行プロジェクトを進めており、デジタル法定通貨に関連するソフトウエアや暗号化モデル、マイクロチップを開発できる人材の募集を始めています。

関連:中国人民銀行がブロックチェーン技術者公募、法定デジタル通貨開発促進へ

IMF公式ウェブサイトに公表された報告書は、暗号通貨とブロックチェーンとして知られるテクノロジーを開発する国には、2つの重要な理由がるあると述べています。第1に現金の役割がCBDC発行によって弱まること、第2に銀行口座がないか金融サービスを利用できない多数の市民との接触を図るため、この金融テクノロジーを利用する中銀が増えていると指摘しています。

ラガルドIMF専務理事は仮想通貨への歴史的転換点と認識

クリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)専務理事は11月14日に開催されたシンガポール・フィンテック・フェスティバルで「Winds of Change:The Case for New Digital Currency(新デジタル通貨と変化の風)」というタイトルの講演を行いました。

IMF公式ウェブサイトに掲載された講演の内容によると、ラガルド専務理事は「通貨自体が変わりつつある。規制を超えて、国家はマネーマーケットの積極的プレーヤーにとどまるべきか?あるいは、国家は現金の後退によって残される空間をどう埋めるべきか?」とコメントしています。

また同専務理事は、新たな金融環境における中銀の役割について、「CBDCに関連してデジタル化という新しい風が吹いており、われわれは歴史的転換点にある、われわれすべてが採用する途上にある」と、通貨自体が変わりつつあることを認めました。

ラガルド専務理事は、スウェーデンなどスカンジナビア諸国を例に挙げて、デジタル時代の夜明けを予告しています。

関連
世界の中央銀行が発行するデジタル通貨の開発はどこまで進んでいるのか?
スウェーデン通貨クローナが消える?「eクローナ」への転換報道に金融当局が慌てる

参考
Casting Light on Central Bank Digital Currencies
Winds of Change: The Case for New Digital Currency