世界の仮想通貨取引所でアクセス増加、7月は前月比で平均13%増加

編集部おすすめ

世界の仮想通貨取引所でアクセス増加、7月は前月比で平均13%増加

新しい仮想通貨を中心にニュースやその分析を発表しているICOアナライティックス(ICO Analytics)が10日、主要な仮想通貨取引所の公式サイト訪問者数、および6月と7月の比較を調査、ツイッター上にある同社のアカウント上でその結果を発表している。

バイナンス(Binance)の2,490万人がトップ

今回の発表によると、7月の各取引所の公式サイトへの訪問者数は、バイナンス(Binance)の2,490万人がトップだった。2位がコインベース(Coinbase)で2,250万人で、この2社が2,000万人を超えている。3位以下は100倍レバレッジで知られるビットメックス(BitMEX:690万人)、OKEX(670万人)、インドダックス(Indodax:540万人)となっている。

6月からの訪問者増加率の比較では、ヨービット(YoBit)が64%でトップとなった。2位はクーコイン(KuCoin)で60%、この2社は60%を超えている。3位以下はフォビ(Huobi:37%)、クラーケン(Kraken:28%))ポロニエックス(Poloniex、27%)となった。なお訪問者数で首位となったバイナンスのトラフィックは、9.8%増加している。逆に減少している取引所は、ビットメックス(-1.6%)、OKEX(-6.2%)、ZB.com(-9.0%)だった。これらの結果に対してICOアナライティックスは、「7月の仮想通貨取引所の平均トラフィックは13%増加している」とコメントしている。

分散型取引所(DEX)でも7月のトラフィック増加

ICOアナライティックスのアカウントは、分散型取引所(DEX)の訪問者や増加率の比較も行っている。この発表によると分散型取引所への訪問者は、ユニスワップ(Uniswap)の143万人がトップだった。2位以下はIDEX(70万5,000人)、コンパウンド(Compound:38万3,000人)、バランサー(Balancer:27万5,000人)、カーブ(Curve:24万8,000人)となっている。

6月からの増加率の比較では、バランサーでは193%増加、カーブでは152%増加している。この2社が100%越えだった。3位以下は1inch(98%)、Aave(63%)、オアシス(Oasis:62%)となっている。一方減少している取引所はループリング(Loopring)の-25%だった。

なおこれらの結果に対してICOアナライティックスは、「トラフィックの大幅な増加にも関わらず、分散型取引所のプラットフォームはいずれも、集中型取引所上位20社のレベルに達していない」とコメントしている。

【こんな記事も読まれています】
バイナンス(Binance)やOKExなど世界の取引所ビジネスをデータで俯瞰する
ブロックチェーン分析会社が国や取引所ごとのビットコイン(BTC)フローマップを更新
世界最大の暗号通貨取引所バイナンス(Binance)の6月の動向

文:かにたま


前のニュース中国銀行など4大国営商業銀行がデジタル通貨電子決済の大規模テスト開始
次のニューストークン投資の分析手法:ビットコイン(BTC)以上の投資リターンを得るには?
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。