インドで警察幹部を対象とした仮想通貨の研修実施、増加する関連犯罪に対応

編集部おすすめ

インドで警察幹部を対象とした仮想通貨の研修実施、増加する関連犯罪に対応

デジタル資産に関する犯罪が増加傾向にあることを受け、インドで警察幹部を対象とした暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンについての研修が9月に実施されることが分かった。

仮想通貨の基礎から犯罪についての研修

同国のサルダール・ヴァッラブバーイー・パテール警察大学校(Sardar Vallabhbhai Patel National Police Academy)の発表によると、「仮想通貨に関する事件の捜査:Investigation of cases involving crypto currencies」という研修は9月5、6日に実施される予定。受講者は仮想通貨とブロックチェーンの基礎的な知識から、法的な側面、仮想通貨を利用した犯罪とその捜査についての研修を受ける。

インドにおける仮想通貨関連犯罪

インドでは仮想通貨に関連した事件が7月に2件報告されている。日刊英字新聞のザ・タイムズ・オブ・インディア(The Times of India)に報道によると、犯罪捜査局(CID)が7月4日、仮想通貨に関わる詐欺を働いたとして4人を逮捕したことを発表。容疑者らはKBCコインという仮想通貨を作成し、10パイサ(約0.16円)から10ルピー(約15.6円)まで値上がりすると約束し、投資家らを騙していたとされている。

その他にも7月3日には、デリーの警察当局が仮想通貨関連の詐欺とペーパーカンパニーを利用した金融詐欺の疑いで、プライベートバンクのマネージャーの男が逮捕された。事件は、デリーの住人がKashhcoinへの投資金の140万ルピー(約220万円)以上を騙されたとの告発により発覚。男は容疑を認め、共犯者の6人も逮捕されたと報道されている。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
12億円相当の仮想通貨を盗んだ男を逮捕、約1年に及ぶ捜査で
仮想通貨詐欺で起業家を起訴、集めた6億円でアート作品など購入
ビットコイン(BTC)ATMの不正利用、被害総額2,000万円近く

参考
02 days Course on ‘Investigation of cases involving Crypto Currencies
Another cryptocurrency racket busted in Surat, four held