中国:10万台以上のPCハックでシアコイン(SC)をマイニング パソコン修理会社とハッカーが共謀

編集部おすすめ交換所

中国:10万台以上のPCハックでシアコイン(SC)をマイニング パソコン修理会社とハッカーが共謀

中国のハッカーグループがパソコン修理会社と共謀し、インターネットカフェのパソコンをハッキングして、仮想通貨のマイニングを行っていた。

ハッカーグループとパソコン修理会社が共謀

6月16日の地元紙によれば、中国浙江省の瑞安市で逮捕された16人の容疑者は、去年の7月以降、中国国内30都市のインターネットカフェで、合計10万台以上のパソコンをハッキングし、500万元(日本円約8500万円)の利益を得た疑いがかけられている。

このハッカーグループは、まず仮想通貨シアコイン(SC)をマイニングするマルウェアを作成し、共謀者であるパソコン修理会社にこのプログラムを売り、修理会社がインターネットカフェで定期点検を行う際に、このプログラムをパソコンにばらまいた。マイニングされたシアコイン(SC)を売った利益は、共犯者の間で山分けされたようだ。

マイニングマルウェア被害が発覚

去年7月に瑞安市のインターネットカフェでパソコンの動作が異様に遅いことから、事態が発覚した。去年のこの時期、シアコイン(SC)の価格は急上昇し、2か月で400%もアップしている。一方、被害を受けた瑞安市のインターネットカフェでは、同時期に電気代が突然上がったという。事態に気づいたインターネットカフェのオーナーは警察に通報した。

瑞安市のインターネットカフェの多くが保守点検を同一の会社に委託していた。去年8月にこの会社の社長が逮捕され、のちにハッカーとの共謀を供述し、事件の概要が明らかとなった。

この事件については未だに調査が進められている。作成されたマルウェアは中国国内30都市に広がり、100社を超えるコンピューター修理業者がこの犯罪への加担を疑われている。

※日本円換算は記事公開時点のレート

関連:仮想通貨不正マイニングウイルス、TV接続サービス「Amazon Fire」経由で感染報告

参考:coindesk

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット