BTCBOXに聞いた「どんな取引所?仮想通貨(ビットコイン)の未来は?規制の今後は?」

3433

編集部ピックアップ

BTCBOX三宅俊也氏インタビュー

コインチョイスのインタビューにBTCBOXの三宅俊也氏が出てくれることになりました。今週よりコインチョイスのライターとしても寄稿頂いていますのでそちらも併せてご覧くださいませ。

BTCBOX 三宅俊也氏の記事一覧

インタビューのはじめに

このたび、我々BTCBOXは管理体制の不備などにより、業務改善命令を受けてしまいました。ユーザーの皆様に多大なご迷惑をおかけしたこと、深く反省しております。BTCBOXでは今回の業務改善命令を真摯に受け止め、今後に全力を尽くしてまいります。大変申し訳ございませんでした。

BTCBOXはどんな企業ですか?

BTCボックスはどんな企業?

現在、北京と日本に拠点を持つ仮想通貨の取引所です。北京と日本を合わせて30名程が現在在籍しています。大体中国人8割日本人2割といったところでしょうか。ただ外資系といっても厳しいような雰囲気ではなく、全員で協力して仕事に取り組むといった協調性をとても大切にしている企業だと思います。中国人の割合がかなり多いのですが、最近は日本人もかなり増えてきた印象です。

BTCBOXはどのような取引所で強味・特徴は何ですか?

BTCBOXの強味や特徴

日本の取引所といえば、ビットフライヤー 、コインチェック、ザイフと様々な取引所があると思いますが、実はBTCBOXは、日本の中でも老舗の取引所になります。Mt.GOXの後から事業を行っており、先程、記載しましたが信頼性を最重要項目として運営している取引所です。

当たり前ですが、過去に一度も大きな事故は起こしていません。更に、古くから運営をしているので知見もあります。後は、中国人が多いので中国語のサポートもかなり充実していますし、英語での対応も可能、日本語の対応も勿論です。

BTCBOXのセキュリティー管理体制について教えてもらえますか?

弊社では、セキュリティ面は第一優先に取り組んでおります。過去に一度もサーバーダウンによる事故を起こしておりません。今後はホワイトハッカーなど取り入れてセキュリティをより一層力を注いでいく体制も考えております。

今後の仮想通貨の将来に関してどのように考えていますか?

今後の仮想通貨の将来に関して

昨年の価格の上げはユーザーが「儲かる儲かる」と話を聞きつけて参加者が急増したと思います。だから期待値によって価格が吊り上げられたと考えます。今は正直、実用性をあまり成せていないのが現状です。また規制などの法整備もまだ整っていないのでそれらが整い次第といったところでしょうか。

ですが、規制が整い決済や送金などの実用性が上がれば、ユーザーも増えると思います。便利なものは必然的に使われます。ただ日本で広まるかというと、そこは難しいところです。なんせ現金主義ですからね。日本は他国よりも比較的治安が良く、銀行券に対する国民の信頼は厚いです。

そもそも現金引き出し用のATMが国内に多くあるのもオンライン決済の発展を妨げていると私は思います。そういった意味でいえば仮想通貨は有価証券のような扱いになるかなと考えています。

ビットコイン(仮想通貨)投資で注意した方が良いことは?

仮想通貨は、株や為替と違ってボラリティが非常に激しいです。多額な資金を投じて取引するには、まさにハイリスクハイリターンといったところです。余剰資金で取引するのがいいでしょう。また変動が激しいのでそれに紛らわされないよう冷静な判断で投資を行って欲しいと思っています。

現在の規制に関してどのようにお考えですか?

現在の規制に関して

現在、金融庁は仮想通貨交換業者に対して業務改善命令を出しています。この場をお借りして、ユーザーの皆さまには多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。ただ誤解しないでほしいのは、金融庁は決して仮想通貨業者を煙たがっているわけでなく、仮想通貨交換業者が健全に運営し、そしてユーザーが安心・安全に利用できるように法整備を整えています。

むしろ仮想通貨業界を育てていく姿勢だと感じています。それを正しいベクトルに進めていくことが業界の発展につながるのではないでしょうか。我々も今回の業務改善命令を真摯に受け止め、全力でユーザーの皆さまにお役に立てるよう、より一層取り組んでいきたいと考えております。

BTCBOXの口座開設方法はこちら