【墨汁速報】ビットコイン一時2万円上昇 カナダ首相「イランの対地空ミサイルによりボーイング737が撃墜」と発表

編集部おすすめ

【墨汁速報】ビットコイン一時2万円上昇 カナダ首相「イランの対地空ミサイルによりボーイング737が撃墜」と発表

米諜報機関とカナダ大統領によると、証拠から判断した結果、2020年1月8日にイランで墜落したボーイング737は、イランによるミサイル攻撃で間違って墜落した可能性が高いと発表した。ボーイング737の墜落は機器の故障によるものとされており、今回の墜落でウクライナへ向かう176人の乗員・乗客全員が死亡していた。この報道によりビットコイン(BTC)価格は約2万3,000円上昇した。

イランによる対地空ミサイルによる撃墜

米諜報機関や複数の人物によるリークによると、ウクライナに向けてスウェーデン人や63人のカナダ人、82人のイラン人計176人を乗せた飛行機はボーイング737の機器故障によるものとされていたが、イランにより発射されたミサイルで”間違って”撃墜されたと報道。多くの犠牲者は長期休みの大学生や、イランでの結婚式に出席した帰りであった無実の人々が含まれている。

カナダ諜報機関も同様にイランは意図しないミサイル攻撃で、ボーイング737を撃墜した可能性があるとしており、カナダ首相のジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)氏は「複数の情報によると、墜落した証拠からボーイング737はイランによる対地空ミサイルにより撃墜されたと示している。このミサイル攻撃は意図しないものである可能性がある」と述べている。また誰もがボーイング737撃墜の真実を知りたいと思っているが、確かな調査を行うことで真実を知ることができるため、原因解明を続けるとしている。

ボーイング737墜落原因への疑問

米トランプ大統領は、”(機器の故障による墜落は)疑問がある”としており、「ウクライナ行きのボーイング737はイランの緊迫した地域の間近を飛んでいたため、誰かがミスをしたかもしれない」と述べた。イラン側は公式にこの墜落を機器の故障と報道していた。

調査の行方とビットコインへの影響

国際法によると、飛行機の墜落を引き起こした国が原因を調査することになっている。今回のイランの報道では、ボーイング側の機器の故障とされており、アメリカ製であることから米国連邦捜査官とボーイングが原因究明を行うことになるはずだ。

イラン政府はこの墜落の詳細をボーイングと共有しない意向を示しており、フライトデータやコックピットでのやり取りを含むブラックボックスは墜落後の火災によりダメージを受けているとしている。だが、10日になって、イランは国際調査とのデータ共有をする可能性を示している。

この報道は日本時間10日午前4:20前後にされ、ビットコイン価格は約2万円の上昇を一時的に記録。7時現在は元の価格まで戻ってきているが、今後のカナダと米国、イランの動きには依然注意が必要だろう。

2020/1/10チャート

参考
U.S. Intelligence Suggests Ukrainian Plane Was Shot Down By Iran | NBC News (Live Stream Recording)

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】「イランミサイル攻撃での死者は0」 アメリカは経済制裁を発表でビットコイン下落
【墨汁速報】イラン 米軍基地へ10発以上のミサイルを発射 ビットコイン価格への強い影響と事の発端
ビットコイン(BTC)急騰はイラン国内の需要増加が原因ではない?データから見える真実

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


前のニュースビットコイン(BTC)急騰はイラン国内の需要増加が原因ではない?データから見える真実
次のニュースビットコイン(BTC)の2019年業績は金やS&P500をはるかにしのぐ
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者