ビットコインの未来は?アリババ会長の回答は

編集部おすすめ

中国の大手企業アリババ会長のジャック・マー氏が、11月6日にベトナムで開かれたイベントで参加者からビットコインについて質問を受けた。

参加者の女性は「私の兄弟がビットコインをトレードをしているんですけれども、ビットコインの未来についてどう思われますか?」という旨の質問をステージで投げかけた。

これに対してマー氏はビットコインについてはそこまで好きでもなく、そこまで詳しくもないと答えている。

「正直なところ、私はビットコインは好きではありません。キャッシュレス社会やブロックチェーン技術には注目しています。ビットコインについては社会にどんな価値がもたされるのかについて知りたいと思います。(中略)ビットコインは非常に注意して見ています。興味はあるものの、そこまで詳しくはありません。」

このイベントの会場はベトナムだが、この少しビットコインについてぼかした回答の背景には現在中国で仮想通貨の取引所が厳しく規制されていることもあるのかもしれない。

一方で、マー氏はブロックチェーンについては非常にポジティブな発言をしており、回答の中でも「ビットコインを支えるブロックチェーン技術は非常に強力だ」と述べている。

アリババグループのAnt Financialは雄安新区とスマートシティをつくるための戦略的提携合意を結んでおり、ブロックチェーンを利用することについても言及されているようだ。

AntFinancial提携


前のニュースシンガポール金融管理局「ICOから学べる点もある」
次のニュースビットコインを誰が買っているのか?定点観測
ヨリコ ビール
ビールとも呼ばれています。2015年夏から仮想通貨の翻訳や編集を中心に活動中。難しい言葉やコンセプトが多いからこそ、文系女子の視点からなるべく分かりやすく楽しい記事を目指しています。Youtubeチャンネル「ビットコイナー反省会」ツイッターでも情報発信中。