ジャマイカ証券取引所が仮想通貨取引サービスを計画、2018年内に開始へ

2858

編集部ピックアップ

ジャマイカ証券取引所が仮想通貨取引サービスを計画、2018年内に開始へ

ジャマイカ証券取引所(以下:JSE)は、規定の証券取引所おいて投資家に仮想通貨での取引を許可するという計画を発表した。また、JSEの発表によると、カナダに拠点を置くフィンテック企業Blockstation社が今回の仮想通貨取引サービスの促進に協力するとのことだ。

ジャマイカ証券取引所、仮想通貨取引事業を2018年に計画

現在ジャマイカ証券取引所(JSE)が取り組んでいる問題は、証券取引所における仮想通貨取引の実現である。JSEは、今週の火曜日(8/14)の発表で、同取引所が了解覚書に署名し、フィンテック企業Blockstation社と提携を結んでいることを明らかにした。

了解覚書によると、両社は充分なセキュリティ対策がなされた規制枠組みの下で、JSEの顧客がブロックチェーントークン(仮想通貨)の取引ができるよう、さまざまな事業を進めていくとのことだ。JSEによると、Blockstationによるネットワークは、デジタル通貨取引の管理や、ブロックチェーントークン(仮想通貨)の清算・決済に最も適しているそうだ。

デジタル資産による莫大な投資家権益の実現

JSEとBlockstationの両社は、今回の協定がフィンテックの歴史を変える大きな節目になるだろうと確信している。なぜなら、JSEは仮想通貨の取引を可能にした世界で初めての証券取引所になるからだ。

現段階では、デジタル通貨の先物取引、オプション取引、上場証券取引のみが、規定の証券取引所での環境で認められている。JSEはBlockstaion社と共同で、試験の実施や、仲買と現地規制当局参加のワークショップの開催など、様々な事業を成功させてきた。

JSEのマネージングディレクター、Marlene Street Forrest氏は次のように語る。

「私たちは一刻も早くこのサービスを投資家たちに提供し、デジタル資産よる投資家たちの権益獲得を実現させたいと考えています。私たちは、資本市場革命の最先端を走っているのです。」

「私たちの前進は、Blockstation社による技術研修とサポートがあってこそのものです。なぜなら、彼らの取引プラットフォームには、公正な市場を確保するための基本的なコンプライアンス規則が組み込まれているからです。」

規定の金融機関によるデジタル資産提供の重要性

ジャマイカの首都キングストン市に最初の証券取引所を設置して以来、この取引所は現在に至るまで数々の発展を積み重ねてきた。そしてこの大きな成長を背景に、JSEは2015年にオンライン取引プラットフォームを立ち上げたのだ。

当時、このようなプラットフォームはカリブ地域では初めてのものであり、それ以降、投資家たちは市場の動向に従った証券の売買が可能となった。JSE仲買メンバーの1人、Sagicor Investments社のKirk Brown氏によると、証券取引所でのデジタル通貨の取引を実現させるというJSEの決定は、この芽生えつつある技術主導経済の成長に最も重要な役割を果たしているとのことだ。

Brown氏は、以下のように主張している。

「投資家たちが従来の金融取引所でデジタル資産による投資が行えるというのは、非常に有意義なことです。私たちは世界のフィンテック産業の最先端に立っており、毎日が発見の連続です。JSEはこれからも、安全で信頼性の高いアクセスによって、私たちのデジタル資産の需要を満たしていくことでしょう。」

関連:ナスダック(NASDAQ)、仮想通貨の合法化を目指し業界専門家と非公開会議

参考:Bitcoin.com