ビットコインは詐欺?JPモルガンのCEOがビットコインについて発言

編集部おすすめ

「ビットコインをトレードするような社員は即解雇するだろう。理由は2つ。当行のルールに従っていない、そして馬鹿。この2つはどちらも危険だ。」

火曜日に開かれた投資家向けのカンファレンスで、JPモルガンの会長兼CEOを務めるジェームズ・ダイモン氏は上記のコメントに加え、ビットコインについて「詐欺である」「チューリップの球根よりも悪い」と発言したとBloombergが報じている。

ダイモン氏がビットコインについて言及するのは初めてではなく、2016年の時点でもかなりネガティブな発言をしている。

ビットコインの価格は今年に入ってから急上昇。バブルだと言われ続けながらも価格の上昇を続けてきた。

ビットコインの価格:日足チャート(bitflyer)

最近はICOに関して中国当局が禁止や規制をするのではないかと情報が錯綜するなかで価格が下落していたが、ダイモン氏の発言の直後にも若干の価格の下落が見られたようだ。

ビットコインが詐欺だと思うかどうかについては、自身で調べたり使ったりした上で判断していただきたい。

また、ダイモン氏がビットコインに対してネガティブな姿勢を示す一方で、JPモルガンはビットコインを支えるテクノロジーであるブロックチェーンの研究開発には早期から積極的に取り組んでおり、企業向け分散型台帳とスマートコントラクトのプラットフォームであるQuorum等を開発している。


前のニュースCAMPFIRE、ビットコインでクラウドファンディング出資ができるように
次のニュースビットコインとは?今さら聞けない!?ブロックチェーンの仕組みをおさらい!
ヨリコ ビール
ビールとも呼ばれています。2015年夏から仮想通貨の翻訳や編集を中心に活動中。難しい言葉やコンセプトが多いからこそ、文系女子の視点からなるべく分かりやすく楽しい記事を目指しています。Youtubeチャンネル「ビットコイナー反省会」ツイッターでも情報発信中。