ビットコインのライトニングネットワークを活用した電気自動車充電の支払いテスト実施:中部電力

4463

ライトニングネットワークを活用した電気自動車料金の支払いテスト実施:中部電力

日本で三番目に大きな電力会社が、将来性のあるビットコイン(BTC)支払い技術の試験運用を行った。このような取り組みを行う企業はおそらく世界で初めてとなる。

Coindeskの独占取材によると、中部電力株式会社は、日本のビットコインおよびIoT(Internet of Things/モノのインターネット)スタートアップ「Nayuta」と共に、ライトニングネットワークを介したビットコイン支払いの仕組みの実証実験を行った。

1万5千人の従業員と200以上の発電設備を誇る中部電力は、顧客が電気自動車の充電料金の新たな支払い方法を試験するためにライトニングネットワークを利用している。

中部電力とNayutaは今回の実証実験のデモで、ライトニングネットワークを介した支払いがどのように電気自動車の充電器に送信されるかを示すことに成功した。一度支払いが行われると即座に充電器のスイッチが入り、実際の自動車の充電が開始される。

中部電力のシニアマネージャーを務めるIchikawa Hidehiro(市川英弘)氏はCoinDeskに対して、同社は顧客からライトニングネットワークを介して支払いを受ける計画はまだ無いものの、IoTのニーズに対してビットコインを応用する方法を調べるための「市場調査」の一環としてこのテストを行ったと語った。

中部電力が実施した今回の件は、仮想通貨に魅了を感じているが現在の能力には不満を持っている人々の心に響いている。中部電力はビットコインのIoTへの応用についてかなり長い期間にわたる実験を行ってきたが、ブロックチェーンがそれほど安価ではないという現実に直面した。

市川氏は「電気料金は少額であるため、ライトニングネットワークはパブリックブロックチェーンを利用するための料金を減らす必要がある。」と語った。

NayutaでCEOを務めるKenichi Kurimoto(栗元 憲一)氏は、このテストがIoTを利用した支払いのために、費用対効果に優れたビットコインとライトニングネットワークによる支払いを提供することに関心を持つ企業を引き付けることができると考えているのだ。

「IoTおよびブロックチェーンアプリケーションのためにリアルタイムの支払いが必要とされている。私たちはセカンドレイヤーの支払いがそのための解決策だということを示した。」と栗元氏は語った。

ライトニングネットワークは充電管理システムに適している

しかし、このテストに関わったのは中部電力とNayutaだけではなかった。
IoTにおいてライトニングネットワークを機能させる1つの方法を示すために、2つの企業が電気自動車の充電器にライトニングノードを連結し、自動車に接続した。そこから、日本のソフトウェアスタートアップ インフォテリア株式会社に協力を求め、UX(ユーザーエクスペリエンス)を合わせて提供するためのモバイルアプリを作成した。

そのアプリの「送信」ボタンをクリックすると、Wi-FiまたはBluetoothを利用して充電器と通信し、メッセージを配信して電源をオンにする。

今回のテストに関わっている企業は、最近行われているその他の“向こう見ず”な実験とは異なり、本物のビットコインは使用していない。むしろ、このテストではより管理が可能なクローズド環境のテストネットワークでダミービットコインを送信している。

上述のような詳細はさておき、このテストは成功し、ライトニングネットワークを利用した電気自動車の充電に対する少額の即時支払いが実際に可能であることが示された。

Nayutaで広報を務めるHitomi Moriyama(森山瞳)氏は、「同じ仕組みを普段利用する駐車場にも提供することができるようになると考えている」と語った。ユーザーは、現在クレジットカードによって充電器に料金を支払うのと同じように、ライトニングネットワークを介したビットコイン支払いによって簡単に自動車を充電できるようになるだろう。

インパクトと今後の見通し

このテストは、他のブロックチェーンで行われた内容のコピーではあるものの、中部電力の規模と応用範囲、そしてテストに関わっている企業の継続的なコミットメントを考慮すると、注目するだけの価値があると言って良いだろう。

市川氏が強調したように中部電力の実験はまだ初期の概念実証であり、このテストが同社の製品にどのような影響を及ぼすのか、またどの程度の資金をこのプロジェクトに注ぎ込むのかといった詳細についての説明はなかった。

とはいうものの、Nayutaは事業全体を懸けてこの検証を続ける計画だ。

森山氏は「私たちはどのような種類のアーキテクチャーがIoTのためのライトニングネットワークに最適であるか調べるために研究開発を継続していくつもりだ。」と語った。

栗元氏は、Nayutaが現在利用している3つの主要なライトニングソフトウェアの実装と互換性を保つための取り組みを行っていると付け加えた。

さらには、企業でのライトニング技術の応用に関してより密接していくために、市川氏(中部電力)のチームをライトニング開発者のメーリングリストに招待したと述べた。

参考:Coindesk