イベント『JBC2018』に参加して思うブロックチェーンの今後の展望とは!?

編集部おすすめ交換所

JBC2018に参加して思うブロックチェーンの今後の展望とは!?

五月雨まくら(@samidare_makura)です。
今回はイベントレポートをお届けします。

Japan Blockchain Conference2018に参加!!

2018年6月26〜27日に東京国際フォーラムで行われたJapan Blockchain Conference 2018に参加してきました。イベントの見所は、「ビットコインの神」と呼ばれるロジャー・バー氏や元イーサリアムCEOのチャールズ・ホスキンソン氏を初めとする豪華なゲストスピーカーです。

ステージはA・B・Cと3つ設置されており、100近いブースが出店されていました。五月雨(筆者)はメインとなるステージAに居座りTwitterで実況中継していましたが、ブースもいくつか周り、面白そうなプロジェクトの開発者の何人かと有意義な会話をすることができました。

さて、この記事では豪華ゲストスピーカーの講演に共通していた文脈をまとめて、今後の仮想通貨(ブロックチェーン)の展望について、論じようと思います。

ブロックチェーンの今後の展望

自身の情報を主体的にコントロール

現在の世界では、FAMGA (Facebook, Apple, Microsoft, Google, Amazon)に代表される巨大企業に個人の情報が中央集権的に管理されています。この現状を嘆き、情報の個人への回帰を望むムーブメントが世界的に起きており、ブロックチェーンはそれを実現するテクノロジーとして期待されています。

情報が分散的に管理されるブロックチェーン・ネットワークの仕組みと改ざん不可で真正性を証明する特徴は、個人が自らの情報を制御することを可能にします。これによって将来的には、企業や団体が個人の情報を取得する時には、個人に情報へのアクセスを行うためお金を支払うようになるでしょう。

ガバナンスモデルの変化:企業からコミュニティへ

今後、ブロックチェーン技術により企業は分散化され、コミュニティへと姿を変えていくでしょう。そのコミュニティは明確な目的を持ち、意味のある問題を解決する新しい文明です。このガバナンスモデルに唯一解はありません。また、1人のリーダーにより管理されるわけでもありません。人びとが信頼するコミュニティに貢献するための経済的機会の提供がキーとなります。

五月雨(筆者)が今回のカンファレンスで最も感銘を受けたコインテレグラフ共同設立者のトニー・レーン・キャサリー氏によれば、コミュニティをエンパワーするツールは「カルチャー」だと云います。それがこのムーブメントのテーマになると、同氏は述べています。

新しいアセットクラス:やがてトークンへ

現状、社会にはあらゆる資産(アセット)が存在します。例えば、家屋、土地、金銀などです。仮想通貨(ブロックチェーン)はそれらをすべてトークン化することができます。そして人びとはトークンを取引するのです。コーヒーを買う時でも、トークンを支払います。

トークンには市場があります。それは、グローバルでどこにでもあり、身分や階級は関係なく誰でも同じ市場にアクセスすることができます。これは歴史上初めてのことで、すごいことです。これをどのように機能させるのか?チャールズ・ホスキンソン氏もまた、コミュニティの役割について述べています。

ユーザーエクスペリエンス(UX)の向上

仮想通貨(ブロックチェーン)が何故、社会へ一気に浸透しないのでしょうか?それは現在の仕組みは複雑すぎるからです。今後、この技術の成否を左右するためには、マスアダプションが必要になります。つまり、一般市民が分散化システムを利用する必要があるのです。現在のところ、人びとが既存の仕組みから移り変わるスイッチングコストを上回るメリットを提供することができていません。

例えば、ブロックチェーンアプリは使いやすくなければいけません。Centrality(セントラリティー)CEOのアーロン・マクドナルド氏の講演では、1つのIDで異なるDApps間を行き来する様子をデモンストレーションしてくれました。ユーザエクスペリエンス(UX)の向上は、仮想通貨(ブロックチェーン)が次のステージへと進むため、重要になるでしょう。

五月雨(筆者)の考察と結論

今回のイベントは色々と批判も有ったようですが(苦笑)個人的には参加して良かったと思います。なぜなら、イベントに参加して、開発者と話を交わし、講演を聞くことで、仮想通貨(ブロックチェーン)の現在のトレンドを直接的に体感することができるからです。それは人から聞いた情報とは違う意味を持ちます。今後もイベントに参加したら記事にしていきたいと思います。

★その他過去イベントレポ
ビットコインキャッシュの有名人が続々登場【Satoshi’s Visionイベントレポート】
ベラルーシの仮想通貨合法化案、5年間非課税の実態とは?招待されたので現地まで行ってみた

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット