就活シーズン到来!就職に暗号通貨業界を勧める3つの理由

編集部おすすめ交換所

就活シーズン到来!就職に暗号通貨業界を勧める3つの理由

Junya Hirano 平野淳也

今年も早いもので3月になりました。就職活動シーズンです。

街を歩けば、リクルートスーツの大学生がいたり、さらにTwitterのタイムラインには就職活動を見受けられる大学生も散見します。筆者も最近、暗号通貨のトレードをしている大学生から相談を受けました。

トレードでは、数千万円を稼いだけど、そもそも就職しようかどうしようか・・。
就職するなら暗号通貨業界がいいけど、どうしようかな・・。
他の業界もあるんかな。どうしよう。

みたいな感じでした。

さて、もしかしたら、就職活動中の大学生、転職を考えている社会人で、暗号通貨業界への転職を興味をお持ちの方もいるかもしれませんので、今回は息抜きコラムです。結論からいうと、筆者個人的には、暗号通貨業界への就職・転職は大変お勧めです。(もちろん会社によりますが)

理由は、3つあります。

業界成長スピードが早いこと

まず、1つは業界が急成長しすぎて、人の採用が各社追いついておらず、大変売り手市場であること。暗号通貨業界は比較的入りやすい状態であると思います。

要求水準が高い各社も多いですが、もし業界に貢献したい、興味を持ったにも関わらず、経験ないし・・などと躊躇されたりする人は、構わず応募してみることがお勧めです。業界自体が非常に新しい紹介ですし。

グローバルで最先端であること

世界には色々な業界がありますが、この業界ほどグローバルで最先端なところも中々ありません。
前述したように、業界自体が新しく様々なバックグラウンドの人が日々新しく業界に参入され、平均して優秀な人が多く、そういった業界で仕事をすることは何かしらの良い経験になるでしょう。

英語が標準で飛び交い、テクノロジーの知識も当然必要で、暗号通貨は既存金融や立法とも複雑に交わります。日々色々な事件やイベントが起こるこの業界は大変刺激的です。

市場規模の成長が今後見込めること

恐らく暗号通貨業界はまだまだ始まったばかりで、市場もまだまだ伸びるという点です。市場が伸びれば、真面目にやってる会社は大体それなりに成長しますし、きっと給料も上がりますし、長い目で見たらまだ黎明期にあたる今から業界で働いた経験はあとから資産になるかもしれません。

一度、働く会社を決めるというのは、自分の人生の中で最も重要なリソースである「時間」を捧げる重要な投資判断です。

とはいえ、終身雇用の時代でもないですし、合わなかったら辞めればいいですし、シリアスに考えず良い投資判断ができればいいなと思います。

あと大学生は新卒切符とかありますね。一見良いチケットかもしれませんが、あまり意識すると判断を鈍らせると思うので、そんなに気にしないほうがいいでしょう。

最後に、筆者が今まさに寄稿をしているこのコインチョイスでも運営スタッフを募集しているようです。

ゆる募ではなく、ガチ募集らしいです。

しかも、筆者の記憶では、しばらくガチ募集されている気がするので、いかにこの業界に人手が足りていないかが垣間見えますね。
玉石混交で、様々な媒体があるこの業界ですが、中々良いメディアだと思っております。

なんだかコインチョイスを運営するエムフロ社のステルスマーケティングみたいな締めになってしまいましたが、それはともかく暗号通貨にせっかく興味を持ったなら、勢いでこの業界に就職するのは悪い話ではないよ!というコラムでした。

暗号通貨業界は、若い優秀な人を常に欲しています。

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット