【墨汁速報】ジョン・マカフィースペインで逮捕 仮想通貨ICOの広告で24.4億円を受取り脱税

編集部おすすめ

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

セキュリティソフト「マカフィー」の創設者であるジョン・マカフィー(John McAfee)が仮想通貨の資金調達「ICO」の広告をTwitterで行い約24.4億円を受取ったとし、証券違反として告訴された。

ジョン・マカフィーのICO宣伝ツイート

ジョン・マカフィーはビットコイン(BTC)投資でも知られ、2017年には「2020年末までにビットコインが100万ドル行かなければ自身の性器を食べる」というツイートでも有名だ。

マカフィーはこのようなビットコイン強硬派ツイートの他に、2017年から2018年にかけて自身のすすめるアルトコインやICOのツイートを行っており、このツイートによって価格は一時的なパンプ(跳ね上がり)を記録しており、問題視されていた。

https://platform.twitter.com/widgets.js

マカフィー訴訟内容

米証券取引委員会(SEC)が提出した書類によると、2017年から2018年にかけて自身の知名度を利用し、最低でも7つのICOプロジェクトから2,310万ドル(約24.4億円)に上る報酬を受取っていたという。ビットコインとイーサリアムで1,160万ドル以上を、1,150万ドルを宣伝したICOプロジェクトのトークンで受取ったとしている。

ツイートでの広告で、7つのICOプロジェクトは最低でも4,100万ドル(約43.3億円)の資金を調達。またマカフィーは投資家に対し、広告のための報酬を受取っていないという虚偽の説明をしていたとされている。またマカフィーは自身の資産でこれらのICOプロジェクトを将来有望であると精査し、投資しているかのように見せていたものの、実際は報酬を受け取っての宣伝ツイートだった。さらに受取ったICOトークンを売却するために、第三者にそのICOトークンを広告する依頼も行っていた。このような行為は日本でも同時期にインフルエンサーに有償で依頼が来ており、問題となっていた。

出典:Court Listener SECによるジョン・マカフィー訴訟

脱税によりスペインで逮捕

米司法省によると、ジョン・マカフィーはこのICO広告による24.4億円の受取のほかに、2014年から2018年にかけて脱税を行っていたとされ、スペインで逮捕された。この他にもオフショア仮想通貨デリバティブ取引所のBitMEXの経営陣がSECにより告訴されるなど、多くの仮想通貨関係者が逮捕されている。

今後も数年にさかのぼり、証券取引法違反やマネーロンダリング規制に引っかかるプロジェクトや取引所などが摘発されていくことになり、仮想通貨の市場健全化が図られていくことになるだろう。

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】仮想通貨取引所Bitfinexとテザー社8億ドルの顧客資産を消失 NY州裁判所が資料提出の判決
【墨汁速報】ツイッターハック犯人の17歳少年逮捕 ビットコイン詐欺などの容疑
12億円相当の仮想通貨を盗んだ男を逮捕、約1年に及ぶ捜査で

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や実際のステーキング検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュース無担保ステーブルコインプロジェクト、テラ(Terra)のロードマップ
次のニューステラ(Terra)の分散型金融(DeFi)レンディングプロジェクト「Anchor」とは?
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者