【墨汁速報】韓国仮想通貨取引所 Upbit ハッキングにより55.4億円分のイーサリアム(ETH)が不正送金

編集部おすすめ

【墨汁速報】韓国仮想通貨取引所 Upbit ハッキングにより55.4億円分のイーサリアム(ETH)が不正送金

韓国の最大手仮想通貨取引所アップビット(Upbit)は、大量の仮想通貨送金が検知された後に仮想通貨の出金を停止、これによるハッキングされたのではないかと推測されていた。27日午後5時56分にUpbit公式は不正送金が行われたとし、公式発表を行った。

upbit公式発表

出典:Upbit

UpbitのETH不正送金

Upbitの最高経営責任者(CEO)であるLee Seok woo氏によると、11月27日午後1時06分に342,000ETH(約55.4億円)がUpbitのホットウォレットから不明なウォレットへ不正に送金されたという。ハッカーのものと見られるイーサリアムの該当アドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029となっており、当記事執筆時には数件のトランザクションは確認できるものの、34.2万ETHは売却されずにそのまま保管されている。

不正送金先のアドレス

ハッキング判明後のUpbitの防止策

Upbitの公式発表によると、34.2万ETHの被害はUpbitの資産により補填され、詳細は後日発表するとしている。また、イーサリアム以外のイオス(EOS)やステラ(XLM)、トロン(TRX)などの大量のアルトコイン送金はホットウォレットにあった仮想通貨をさらなる盗難を防ぐためにコールドウォレットへ送金したとしたとしている。現在仮想通貨の出金は停止しており、今回のUpbitの発表によると入出金の再開は2週間ほどを有するとしている。

UpbitからBittrexへの大量送金

今回のUpbitのハッキング後、ビットレックス(Bittrex)へEOS、OMG、SNT、XLMが大量に送金されているが、これはUpbitが2018年3月にBittrexと提携しており、通常の業務であると見られる。またUpbitはインドネシアやシンガポールにも取引所を持つが、今回のハッキング被害は韓国のみのようだ。

出典:공지사항

【こんな記事も読まれています】
ビットポイントで約35億円相当の仮想通貨が不正流出、顧客の資産は補償予定
仮想通貨取引所ビットフィネックスが約950億円損失隠しでテザーの資金不正利用
ビットコイン(BTC)ATMの不正利用、被害総額2,000万円近く


前のニュースビットコイン・ブラックフライデー終了へ、創設者「当初のミッション完了」
次のニュースイーサリアム(Ethereum)はPoS移行に伴い、ETH1とETH2の2つが存在し価格が乖離?
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者