レジャーナノ(Ledger Nano S)は公式or正規代理店で購入必須!仮想通貨の安全な保管方法や使い方とは?

編集部おすすめ

レジャーナノ(Ledger Nano S)は公式or正規代理店で購入必須!仮想通貨の安全な保管方法や使い方とは?出典:株式会社 Earth Ship

2018年は仮想通貨のハッキングや詐欺など、ネガティブな問題が多く発生した年でした。ビットコイン(BTC)を購入し、値上がりを期待して長期にわたりHODL(ホールド)をしようと考えてる人も多い中、仮想通貨取引所に高額相当の仮想通貨を保管していたら、ハッキングによって資産が減ってしまった…など、被害に遭って悔しい思いをした方もいたと思います。

仮想通貨取引所をターゲットにしたハッキングは増え続ける一方で、取引所もセキュリティ強化に力を入れ対応に追われています。しかし、インターネットにつながっていて送金操作ができる保管方法(ホットウォレット)は便利ですが、リスクはつきまといます。

そこで今回は、仮想通貨の長期保管・管理に便利なコールドウォレットの「レジャーナノ(Ledger Nano S)」の概要、使い方、購入方法を紹介します。

レジャーナノ(Ledger Nano S)とは?

レジャーナノ(Ledger Nano S)は、インターネットから遮断された環境で仮想通貨の大事な資産を保管できるコールドウォレットで、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などなど、その他アルトコインに対応したハードウェアウォレットです。本家はフランスのLedger社が販売していますが、日本の正規代理販売店として、Earth Ship社(アースシップ社)が販売しているものも正規品となります。

コールドウォレットとホットウォレットの違い

レジャーナノ(Ledger Nano S)はコールドウォレットですが、よく聞くホットウォレットとの違いをここで一旦おさらいしておきましょう。

◆ホットウォレット

インターネットに接続されている環境で、すぐに仮想通貨の取引(送金など)が可能です。スマホのアプリや仮想通貨取引所はほっとウォレットに分類されます。

◆コールドウォレット

インターネット環境から遮断したウォレットのこと。メリットとしては、インターネットから切り離した状態で秘密キーを保管するので、ハッキングのリスクがないという点です。コールドウォレットの代表的ものとして、ハードウェアウォレットとペーパーウォレットがあります。

オフライン管理で安全に資産を保管

レジャーナノはオフラインで管理するためハッキングなどといった不正アクセスを防ぎます。秘密キーもインターネット上ではなくオフライン環境での保管が可能です。また、より安全性を高める為レジャーナノを使用する際はPCとの接続、そしてPINコード設定が必須です。

※PINコードとは?
Personal Identification Numberの略で、個人識別番号のことをさす。携帯電話、電子機器、サービスの盗難や紛失、そして不正利用を防ぐ為に用いられる暗証番号のこと。

秘密キーはレジャーナノのオフライン環境に保管されるので、こういった情報も不正に抜き取られないように暗号化されて保管できます。

送金や着金もパソコンに繋いで簡単操作

レジャーナノはインターネットにつながっていない為、通常だと送金や受取は行なえません。しかし、パソコンに接続するだけで相手の口座(取引所の口座やウォレット)と取引(送金・着金)が行えます。

パソコンからレジャーナノの接続を切ってしまえば、送金・着金の取引は一切できないようになっているので、そういったやり取りをしないのであれば、接続は解除しておきましょう。

仮想通貨取引所とここが違う

仮想通貨取引所に資産を預けると、その多くは統一された口座で管理されているそうです。なので、親的な口座の情報が漏れてしまうと、その口座に預けていたユーザーの仮想通貨が流出してしまう恐れがあるのです。(例えば大元の秘密キーの流出など)

レジャーナノはユーザーごとに専用の口座を生成し、なおかつオフラインでの管理となるのでハッキング脅威を防ぐことができるというわけなのです。

レジャーナノに対応している仮想通貨

レジャーナノでは、実に豊富な仮想通貨に対応しています。
執筆現在、公式サイトに掲載されているのは30種類でした。

レジャーナノ(Ledger Nano S)で対応している仮想通貨出典:株式会社 Earth Ship

レジャーナノの購入方法

では、レジャーナノは一体どこで入手(購入)できるのか?というと、フランスの本社(Legder社)から直接購入する、もしくは日本の正規代理販売店である株式会社Earth Ship(アースシップ)が運営するハードウォレットジャパンのサイトから購入することが出来ます。

▼公式サイト
レジャーナノ(Ledger Nano S)で対応している仮想通貨

ハードウォレットジャパンから購入する場合、こちらからアクセスしていただいて、「商品を選ぶ」から必要な商品を選択し「注文する」をクリックします。

レジャーナノ(Ledger Nano S)の価格表出典:株式会社 Earth Ship

「使ってみなきゃわかんない」という方は、まずビギナーの1個を購入してみましょう。慣れた方や、周りの方に評判を聞いている方はスタンダードかプロをおすすめします。

大切な資産を守るために、リスク分散として複数のウォレット(紛失や盗難にあったときのたものバックアップ用含め2個以上)を持っておくのが一般的とされています。

お値段も、まとめて買うと結構お得に。

1個=9,900円(税込)
2個=17,982円(税込)※1個あたり8,991円=¥1,818円オトク!
4個=33,966円(税込)※1個あたり8,491円=¥5,634円オトク!
※価格は2018年12月末時点

送料は全国一律で別途500円かかるようです。

無料のウォレット(ホットウォレットアプリ)が多く出回ってる中、ちょっと高いな…という声も聞こえてきそうですが、「ハッキング被害に遭って保有の仮想通貨が全てなくなった!」なんて問題を防げるのですから、安いお買い物だと思います。

購入に必要な情報は以下の通りです。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • クーポンをお持ちの場合、コードNo.

支払い方法もいくつかあり、もちろんビットコイン(BTC)払いもOK!

  • クレジットカード(VISA,MASTER,AMEX)
  • 銀行振込(みずほ銀行宛)
  • 代引き(手数料486円)
  • 仮想通貨(Bitcoin,Bitcoincash,Litecoin)

レジャーナノ購入は公式または正規代理店で

最近、メルカリ、ヤフオクなどのEC(通販)やオークションサイトにて「レジャーナノ 正規品」などと記載されて販売されているのを見かけます。しかし、こういった公式または正規代理販売店以外での購入は絶対におすすめできません。

なぜかというと、これらは全て「正規品」ではなく「並行品」となるからです。もしAmazonを介した販売者が、フランスの公式Ledger社や日本の正規代理店Earth Ship社から購入して売買していたとしても、その間に誰が仲介として入っているかが一切わかりません。

並行品として商品が流れる間に、悪いやつがウィルス(マルウェア)を仕込んでいる可能性や秘密キーを取得&保管している可能性もあります。海外では、ある通販サイトからレジャーナノを購入して、あたかも新品(に見える状態)で、中には秘密キーも入っていたため利用者は疑うことなく使ってしまったところ、預け入れた仮想通貨すべてを失ってしまったという問題も起きています。

こういったことを防ぐためにも、安心の公式または日本の正規代理店からの購入を推奨します!


※注意※
オークションサイトは別ですが、Amazonなどでは、正規代理店が出品している場合もあります。購入の際は、出品者を必ず確認してください。

最後に

自分の大事な大事な資産を安全に管理するためのウォレットです。

無料のホットウォレットアプリも非常に便利ですが、高額の仮想通貨(暗号資産)を保管するのであれば、ハードウェアウォレットがおすすめです。

しかし、ハードウェアウォレットも購入方法や使い方次第では大きなリスクが潜んでいますので、安全をとるため購入はしっかりと信頼のできる正規品を。そして使い方も公式サイトや株式会社Earth Ship(アースシップ)が運営するハードウォレットジャパンのサイトを見て、どうしてもわからないことがあったら、メールお問い合わせも可能のようなので、問い合わせてみると良いでしょう。

▼ここにサポートページを記載しておきます
https://hardwarewallet-japan.com/user-support-guide/

レジャーナノ(Ledger Nano S)

レジャーナノ(Ledger Nano S)
∟ハードウェアウォレット

日本正規代理販売店
∟株式会社Earthship(アースシップ)

レジャーナノ(Ledger Nano S)
年末特別セールで今だけ9990円~
2個セットは更に10%OFF!