仮想通貨取引所の次の行き先は「法定通貨建てアルトコイン取引」の拡大か

編集部おすすめ交換所

仮想通貨取引所の次の行き先は「法定通貨建てアルトコイン取引」の拡大か

五月雨まくら(@samidare_makura)です。

今回は仮想通貨取引所の新しいトレンドである「法定通貨建てアルトコイン取引」の拡大についてちょっとみていこうと思います。この流れは非常に重要であり、仮想通貨スペースにいる人であれば誰もが認識しておくべきだと考えています。この記事では「法定通貨建てアルトコイン取引」の現状について概観を理解することができる内容になっています。

仮想通貨取引所の新しい試み

仮想通貨取引所(以下、取引所)は、一般の人々への仮想通貨の普及に重要な役割を果たしました。法定通貨(fiat)を仮想通貨に変換する手段として、取引所はクリプトエコノミーにとってなくてはならないものです。

取引所は何年にもわたり進化を続けてきました。そして最近のもっとも旬なトレンドとしては、取引所が法定通貨の受け入れを開始して、法定通貨トレードのペアを作成する流れです。この動きはクリプトエコノミーにとって大きな飛躍であり、仮想通貨の価値と普及に大きな影響を与えると予想されています。

海外の取引所におけるアルトコイントレード

海外の取引所でアルトコインを購入した経験がある人はよく知っていると思いますが、海外の取引所でアルトコインを購入するためにはいくつかの手順を踏む必要があります。例として日本人が海外の取引所でアルトコインを購入する流れについて簡単にまとめると、

  1. 国内の取引所に日本円を預け入れビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と交換する
  2. 交換して手に入れたBTCやETHを海外の取引所に送金する
  3. 海外の取引所でBTCやETHを基軸通貨として他のアルトコインを購入する

という3つのステップをおこなわなければなりません。要するに法定通貨で直接購入できるアルトコインはほとんどないということです。しかしBittrexは、米ドル建ての預金の受け入れを開始すると発表して、たくさんの取り扱いアルトコインを米ドル(USD)で取引できる計画を立てています。

他の取引所でも同じような変化を見て取ることができます。Bitfinexは、日本円(JPY)とイギリスポンド(GBP)建ての取引を提供する予定です。Binanceではユーロ(EUR)ウガンダ・シリング(UGX)で取引を行えるようになるようです。

中央集権取引所以外にも同様の動きがみられる

このような法定通貨と仮想通貨の取引を可能にする試みは、一般的な中央集権取引所だけではありません。VertbaseではVertcoinと呼ばれるアルトコインを直接、法定通貨で購入することができます。また分散型取引所(DEX)も、法定通貨を採用するトレンドです。WavesのDEXでは、いくつかの制限がありますが、現在米ドル(USD)とユーロ(EUR)の法定通貨ゲートウェイを提供しています。

ビットコイン(BTC)の不動の地位が脅かされる?

法定通貨建ての取引を多数のアルトコインで可能にすることの影響はかなり大きいといえるでしょう。これは仮想通貨全体の時価総額を増加させる可能性が高く、多くのプロジェクトは価値の向上を期待することができるでしょう。さらに法定通貨建ての取引を加速させることで、政府が仮想通貨を正当な資産として認識しなければならないという強い圧力をかけることができます。

一方、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は基軸通貨としての役割を失うことになるので、非常に苦しむことになるかもしれません。また初めて仮想通貨を購入したい初心者にとっても第一の選択肢としての地位を維持することは難しいでしょう。つまりビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の不動の地位が脅かされる可能性が高いということです。

「法定通貨建てアルトコイン取引」の抱えるインパクト

「法定通貨建てアルトコイン取引」の拡大は、伝統的な金融機関や機関投資家の仮想通貨に対する関心を高めることになるでしょう。取引所は、法定通貨を仮想通貨と結びつけることで自らが恩恵を受けることができるときちんと理解しています。同時に彼らは、競争に打ち勝つ必要があること、ブロックチェーンの進化に応じて正しく適応していく必要性があることも認識しています。

ここまで述べたように、法定通貨建てのアルトコイン取引ペア(altcoin-fiat trading pairs)は非常に重要な発展ですが、その流れは緩やかであり、規制と技術の両方の課題に対処する必要があることは間違いありません。Bittrexは、最初に利用可能な法定通貨建てのアルトコイン取引ペアはわずかで、他のアルトコインへの対応は徐々に行われていくと述べています。しかしこのトレンドは、一般の人びとの仮想通貨に対する認識を大きく変えるポテンシャルを持っています。

関連
仮想通貨時価総額TOP20
DCEXがリップル(XRP)を基準通貨とする仮想通貨取引所の開設を発表

参考
Crypto-News.net

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット