LISK(リスク)1.0リリース間もなく!?バグ報告も減少しカウントダウン開始か

編集部おすすめ交換所

LISKイメージ

ひろぴー(Twitter:@hiropi_fx

LISK(リスク)のメインシステムである「LiskCore1.0」の完成がまだかまだかとリリースを待っているLiskファンの方も多いと思います。

ひろぴーもその一人であります。

昨年末に「Lisk Core1.0」がリリースされるとカウントダウンまで出現していましたが、残念ながらリリースには至りませんでした。

しかし、その期待感からかLISKはどんどん値を上げ年末には3000円を突破しました。一旦値を下げましたが、年明けにはご祝儀相場なのか4000円を超える勢いでしたね。

さて、未だにリリースされない「Lisk Core1.0」ですが、本来12月と言われていたのはデベロップメントロードマップによるものでした。

そのロードマップがこれ↓ですね。(2007年11月)

LISK development roadmap(リスクデベロップメントロードマップ)
出典:LISK development roadmap

確かに2017年の第4四半期にリリース予定になっています。
そのリミットが12月末ですので当然のことながら期待が高まる訳です。

Lisknano(1.3)やLiskExplorer(1.4)は順調にアップデートされているようです。

LISK(リスク)の正式バージョンのリリース時期とは?

さて、LISKの正式バージョンはいつ?になるかと言うことです。

実のところ昨年(2017年)11月22日のベルリンでのLISKミートアップで、MAX氏は2018年2月20日に正式に立ち上げると明言していました。

lisk-relaunch
出典:blog.lisk.io lisk-relaunch

では、正式立ち上げとはどういった内容なのか気になりますね。

今、分かっているの情報は、新LISKブランディングによりウォレット(LISKnano)とWEBアプリ(Explorer)が統合され、デザイン機能が一新されるとのことです。

ロゴ、ウェブサイト、クライアントユーザーインターフェース(デスクトップ、タブレット、スマートフォン)、ブロックチェーンエクスプローラー殆ど全てのLISKツールが、見た目のデザインや機能ユーザーインターフェースまでも刷新されると発信されています。

「LISK」→「RISK」という悪いイメージがあるので、名称も代わるという噂もあります。現在のダッシュ(DASH)も以前はダークコインと呼ばれておりまして、前例があるのです。

LISK(リスク)開発状況は日々刻々と進んでいた!

LISK開発状況は日々刻々と進んでいた!

現在GitHubのLISKHQを覗いてみるとテストやバク取りが行われているようです。進捗状況は95%程でしょうか?

さらに、デベロップメントロードマップにはまだ多くの内容が記されています。
2月20日の発表でLISK(リスク)が完成するわけではありません、むしろここから始まるという感じです。

ちなみにソフトウエアの世界ではversionナンバーを記します。

LISK(リスク)で言う「LISK Core1.0」ですと最初の1はメジャーアップデートを意味しますので、1は最初のリリースと言う事です。二桁目の0はマイナーアップデートを表します。

現在はVersion0.9.11ですので、正式リリース一つ手前かつマイナーアップデートが11回目ということなんです。

LISKブログによると、今年度(2018年)中では、、

  • ブロックチェーンアプリケーションの刷新(LISK Core1.1及び2.0)
  • LISKAppSDKの改良
  • サイドチェーンのセキュリティーの強化
  • スマートコントラクトのサポート

などが予定されています。

次に予定される内容(ロードマップ)のリローンチは2月20日で予定されております。(いわゆるリブランディングイベント)

それまでにLISK1.0.0を完成させる予定とコメントも出ております。
早ければ来週、または2月の2週目あたりで考えております。

まだまだ、先の期待感が十分にあるLISKです。

Liskerの皆様、あと少し我慢して待ちましょう!

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット