ライトコイン(LTC)が2018年に飛躍する3つのトピックとは?

編集部おすすめ交換所

ライトコイン(LTC)が2018年に飛躍する3つのトピックとは?

五月雨まくらです。フォローお願いします。
Twitter:@samidare_makura

今回は、ライトコインに関する話題です。その潜在性は実はよく知られていない・・・? 今回は主要な3つのトピックについて解説しますので、ぜひご一読ください。

現在(2018年3月上旬)、暗号通貨市場に対する、不安・不確実・不安が増えてきています。ここ3ヶ月にわたる価格のボラティリティにも関わらず、業界はイノベーションを約束した技術として、地位を確立しようとしていますが、まだ実現には至っていません。

今年、暗号通貨はどのように発展していけばいいのか、答えは明白です。それは、価格の予測ではなく、ユーザビリティの向上とアプリケーションの開発です。おそらく、1%未満の投資家を除いたすべての人が価格交換以外の目的で通貨を利用したことはないでしょう。

ただし、このような現状に一石を投じる暗号通貨があります。それがライトコイン(LTC)です。ライトコイン(LTC)は、チャーリー・リー氏により開発され、「ビットコインが金を目指すならライトコインは銀を目指す」という発言はあまりにも有名です。

ここから、ライトコイン(LTC)が2018年に飛躍する3つのトピックについて言及します。

ライトコイン(LTC)の実用性がより認知されること

ライトコイン(LTC)は現在に至るまで、ビットコインとの差別化に腐心してきましたが、ここ2ヶ月の間で情勢が変わり初めています。より多くの人々がライトコイン(LTC)を現実で使える通貨であることに気づき始めたのです。

取引速度および手数料は勿論、SegWitやライトニングネットワークによるスケーラビリティも、現時点でビットコイン(BTC)より優れています。ビットコイン(BTC)のスケーラビリティ問題は、市場の発展を阻害しています。少なくともこれらが解決されるまで、ライトコイン(LTC)や有力な選択肢となるでしょう。

LitePay(ライトペイ)の普及

「LitePay」は、ライトコイン専用の支払い端末です。すでに、ビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)が決済に使用できる「BitPay」について、ご存知の方も多いでしょうが、LitePayはそれと比べて、高速かつ低コストです。LitePayを使えば、ライトコインと法定通貨の決済をスムーズに取引することができます。LitePayは70カ国で利用可能になる予定です。

LitePayに対して、取引の大半を法定通貨で行う通貨コンバータに過ぎないと主張する反対派もいますが、他人に暗号通貨の利用を強制することができないという事実を無視している点において、説得力にかけています。LitePayの普及はライトコイン(LTC)にとって明るいニュースになるでしょう。

ビットコインブランドの低迷

暗号通貨に関わる多くの人は、ビットコイン(BTC)を通じて、その特性を知ることができました。例えば、P2Pネットワークやブロックチェーンなどです。しかし、ビットコイン(BTC)はスケーラビリティ問題の対応に四苦八苦しており、より実用性が高い通貨が注目されることになります。

それは、例えばライトコイン(LTC)です。ライトコイン(LTC)の創業者チャーリー・リーは、謎の人物Satoshi Nakmotoと同じように、保有しているライトコイン(LTC)を全て売却しました。そして、利害関係から解放された状態でライトコイン(LTC)の成長に寄与しています。ライトコイン(LTC)はまだ発展途上ですが、大手企業(例えばAmazon)などと、パートナーシップを結ぶなどマーケティングにおいても抜かりがありません。

まとめ

ここまで、ライトコイン(LTC)が2018年に飛躍する3つのトピックについて、言及しました。それは、実用性の認知、LitePayの普及、ビットコインブランドの低迷、でしたね。ライトコイン(LTC)は実用性の面では他の通貨と比べて、一歩リードしている現状があります。もしかしたら、2018年にビットコイン(BTC)からトップの座を奪うことがあり得るかもしれませんね。

ライトコイン(LTC) 相場・価格チャートはこちら

参考:Oracle Times

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット