英国の保険組合ロイズが仮想通貨ウォレット向けの新しい保険を発表

編集部おすすめ

英国の保険組合ロイズが仮想通貨ウォレット向けの新しい保険を発表

イングランドの保険組合であるロイズ・オブ・ロンドンが3月2日、盗難やハッキングから仮想通貨ウォレットを保護するための新しい保険を発表した。

その種の賠償責任ポリシーの最初のものは、少なくとも1,000ポンドからの柔軟な制限を備えており、オンラインのホットウォレットでの仮想通貨の盗難から生まれる損失に対して仮想通貨保険のスタートアップ企業であるコインカバー(Coincover)と連携してロイズのシンジケートであるアトリウム(Atrium)によって作成された。

革新的なソリューションを市場が構築した証

アトリウムのマシュー・グリーブス(Matthew Greaves)アンダーライターは、「仮想通貨がますます人気になるにつれて、仮想通貨を守ることのできる保険の需要が高まっている」と語った。

また同氏は、「ロイズにとってこれらの新しいリスクを軽減し、盗難に対する革新的なソリューションを市場が構築した証だ。それにより顧客に資産が安全であるという安心感を提供する」と述べている。

コインカバーのデービッド・ジャンクスウスキー(David Janczewski)最高経営責任者(CEO)は、「私たちは、アトリウムやロイドのメンバーとともに仮想通貨市場に対してユニークでタイムリーなソリューションをもたらすために動けることを嬉しく思う」とコメントした。

また同氏は、「2020年の始めに仮想通貨市場が再び熱くなり、仮想通貨に興味のある顧客が参加できる状態にありながら、盗難や損失に対する適切な保護の欠如により避けていた。この革新的な新しいポリシーにより私たちは、これらの障壁を取り除き、仮想通貨の魅力を広げることができる。仮想通貨の採用を可能にする新たなる一歩を表している」とも話している。

コインカバーとは?

コインカバーとは、個人投資家・ファンドマネージャー・プロのトレーダー・企業顧客に仮想通貨のセキュリティと保証を提供している企業である。2018年に設立し、顧客のために紛失したキーの保護・仮想通貨の遺言・盗難保険・積み立て計画を提供している。

コインカバーの設立チームは、英国政府・ナスダック(NASDAQ)上場企業・警察・軍隊と協力したことのある財務・ブロックチェーン・テクノロジー・サイバーセキュリティ―の専門知識を持っている。

参考
Lloyd’s launches new cryptocurrency wallet insurance solution for Coincover

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】ウィンクルボス兄弟Gemini ナカモトキャプティブ(自社保険)をローンチ 最大2億ドルをカバー
米大手保険会社がハイパーレジャー(Hyperledger)利用したシステム運用計画を発表
【墨汁速報】世界初?保険ブローカー マーシュビットコイン盗難などの100%の盗難補償をKNOXで提供

文:かにたま


前のニュース【墨汁速報】ビットコインや米株一時高騰 米FRB 緊急で50bpの利下げ
次のニュース【墨汁速報】イーサリアム新たな時代の幕開け EYとマイクロソフト他12社 新たな企業活用案を発表
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。