手数料0%のホテル予約サービス「LockTrip」ブロックチェーン技術活用で旅行がもっとお得に

6144

手数料0%のホテル予約サービス「LockTrip」、ブロックチェーン技術活用で旅行がもっとお得に

現在の旅行およびツアー業界は、年間5千億ドル以上の圧倒的な売り上げを出しているが、重度に中央集権化されたエコシステムにより、その巨額の利益のうち10%~25%は仲介者の手に渡っている。

LockTripは手数料0%のホテル予約プラットフォームで、分散型オープンソース予約エコシステムの先駆けとも言われている。より安価な旅行を提供してエンドユーザーに価値を還元することにより、この問題に非中央集権的なソリューションを提供しようとしている。

ブロックチェーン技術の採用により、同社はすべての仲介業者を排除し、それによってホテルおよび宿泊施設の料金を大幅に値下げしようとしている。LockTripのプラットフォームは宿泊施設や不動産賃貸に対して手数料を課金しない。

LockTripの独自トークンは「LOC」といい、10,500ETHの資金を調達したクラウドセール成功後は、LOCトークンの価値は当然のように上昇し業界に大きな変化をもたらすだろうとされている。その証拠として、LockTripのパートナーシップ戦略は順調に進んでおり、世界中で約10万のホテルと契約を結んでいる。提携先には最も信頼されているホテルブランドも含まれているとのことだ。

LockTripのブロックチェーンを活用した仕組みとは

オンライン旅行代理店が優勢な現在のエコシステムでは、インターネットを介したすべてのホテルまたは宿泊施設の取引毎に10~25%もの手数料が彼らの手に渡っている。LockTripのホワイトペーパーによると、同社のゴールは「現在業界を占有しているオンライン旅行代理店の費用よりもはるかに安い価格で、宿泊施設、旅行、およびツアー関連のサービスを提供することを約束すること」だという。

ブロックチェーン技術を利用することにより、スマートコントラクトの使用による最大限のセキュリティと、仲介業者を挟まない関係者間での直接のコミュニケーションが保証される。この技術が進歩し、手頃な価格で利用することが可能になっただけでなく、市場に直接アクセスできるようになったことにより、既存市場におけるリーダーたちとの間で直接競争が行われることになる。

ホテルやその他の不動産オーナーは、安全で透明性があり、より手数料がかからない方法で、LOCトークンを現金化することが可能だ。さらに、提供しているサービスをワンクリックで管理できるだけでなく、確実に売り上げを上げるためにLockTripのアナリティクス(分析機能)を利用したり、詳細データの確認を行うことができる。

LockTripのα版が公開、競合より20%程安くホテル予約が可能

LockTripは最近、10万のホテルや宿泊施設が登録され、予約可能になっているα版(アルファバージョン)を公開した。この公開とともに、同社のチームは、LockTripの価格が、約束した予測値を達成できるかどうかを判定するために、クロス集計による詳細な分析を行った。

この評価レポートには世界中の800件のホテルが含まれており、その中には、アジア、ヨーロッパ、アメリカという3つの主要地域について、各地域トップ15の旅行先が含まれている。比較対象として、agoda(アゴダ)とBooking.com(ブッキングドットコム)が利用された。レポートは、agodaとBooking.comの料金がLockTripと比較して何%高いのかを示している。この価格差の主な理由は予約料金に上乗せされた手数料だという。

この調査によって、極端な割引価格の偏向が確認された。アジア、ヨーロッパ、アメリカであっても、どこかの宿泊施設についてちょっと検索してみるだけで、LockTripでは20%も安く予約することができることが分かる。安い価格情報を探すのが得意な人は3倍ほど安く予約できる場合もある。理由はいくつもあるが、簡単にまとめるとLockTripのプラットフォームのゲストによる慎重で忍耐強いリサーチによるものだ。

より安全で、より安く、より楽しい旅行が実現

何に関しても、誰もが選択肢があることを好む。しかし今までの旅行費用の支払いの際、手数料を旅行代理店やその他の仲介業者に支払うことが当然だった。現在では、LockTripの革命的なブロックチェーンエコシステムのおかげで、「より多く、より安価に、今まで以上に安全な旅行がしたい」という顧客の願いが、夢ではなく現実となっている。最も素晴らしい点は、宿泊客、ホテルにとっても無料で利用できるシームレスで安価なプラットフォームだというところだ。

参考:Bitcoinist