仮想通貨を自分で作るには高度な技術が必要なのか?

編集部ピックアップ

仮想通貨を自分で作るには高度な技術が必要なの?

五月雨まくら(@samidare_makura)です。

仮想通貨についていろいろなことを学んでいると、遅かれ早かれ「自分の仮想通貨を作ることはできないか?」と考えることもあるでしょう。結論から云えば、その答えは「YES」です。

しかし、仮想通貨をつくる方法や気をつけるべき点がいくつかあるので、それらをわかりやすく説明できればと思います。

コインとトークンの違いとは?

まず、仮想通貨と一口にいっても、2つの異なる種類があります。それは「コイン」と「トークン」です。コインとトークンの違いは、独自のブロックチェーンで動作するか否かです。例えば、ビットコインやライトコインは前者です。後者は、イーサリアム上で働くERC20トークンなどを挙げることができます。

つまり、コインは固有のトランザクションレジスタを持つ一方、トークンはサードパーティのネットワークを利用することでトランザクションを承認してセキュリティを確保しています。金融資産を移転するためには、しばしばコインが使われます。トークンは、数多くの機能を持ち、ある種のデジタル契約です。

トークンとICO

トークンは、ICOにより発行されることが多いです。投資家は既存のコインとそのトークンを交換することで、ICO終了時にトークンを受け取ることができます。また、それを購入することも可能です。現在は、誰でもトークンを発行して、ICOに参加することができるので、ICOはどんどんリスキーになっています。お金を持ち逃げされることもあります。

米国証券取引委員会(SEC)は、ICOの現状を改善するために、トークンを証券とみなして、株式と同様に、規制するために動いています。また、パブリックICOラウンドでトークンを購入するリスクを投資家に警告して、すべてのプロジェクトを徹底的に調査すると主張しています。

ブロックチェーンの構築やフォークの実行をすべき?

まず、ここでは自分の仮想通貨をを作成する2つの方法を説明します。
① ブロックチェーンの構築と、② フォークの実行です。

ブロックチェーンの構築

ブロックチェーンを構築することは、結論から云うと、非常に難しいです。なぜなら、本格的なプログラミングスキルが必要なだけではなく、正しい実装をしても、予想外の問題が日々起こることが想定されるからです。つまり、ブロックチェーンの構築は、有効な方法ではないでしょう。

フォークの実行

GitHubのオープンソースコードから、既存のブロックチェーンをフォークすることでも、新しい仮想通貨を作成することができます。しかし、ブロックチェーンの構築と同様に、技術に関する深い知識が必要になります。あまり賢明な方法であるとは云えません。

専門プラットフォームを用いて通貨を発行する

これは、ほとんどの人にとって、有力な選択肢でしょう。専門プラットフォームが、比較的安価な支払いで、技術的な作業をすべて行ってくれるのです。

コインの作成

CryptoLifeや、WalletBuildersを利用すると、コインをとても簡単に作成することができます。自分に必要な作業は、いくつかのシンプルなパラメータに情報を入力することだけです。これらのサービスは0.1BTC程度の費用がかかります。

トークンの作成

パブリックICOでローンチしなくても、トークンを作成することが可能です。トークンはあらゆる資産を表すことが可能で、シリアスな価値や目的を持たないトークンを作成することができます。五月雨(筆者)もWavesやCounterPartyなどでトークンを発行していますが、コインを生み出すよりも、早く、簡単で安価に、トークンを作ることができます。

仮想通貨を作成した後の話

仮想通貨を発行する方法についてここまで説明してきました。しかし、もっとも重要な点については、言及していません。それは、新しく生まれた仮想通貨にどうやって意味を持たせることができるかという点です。単刀直入に云えばマーケティングが必要となります。

そのためには、目的や意義、どのような問題を解決するか、をはっきりしておかなくてはならないでしょう。そうすることで初めて、優秀なエンジニアや活発なコミュニティを手に入れることができ、通貨の安定性を支えることができます。

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット