【墨汁速報】Maker DAO MCDのイーサリアムの債務上限を引き上げ、DSRの年利が2倍に

編集部おすすめ

イーサリアム上のDeFiの重要プロジェクトであるMaker DAOは、12月6日から行っていたDebt CeillingとDSR(Dai Savings Rate)の年利、SAI(DAI)の安定化手数料(Stability Fee)の変更を行う投票を反映。オンチェーンガバナンスによる4.8万MKRの投票によりDSRは2倍となる4%へと引き上げられた。

 

出典:Maker DAO

 

Maker DAOのDSRは4%へ引き上げし、CompoundよりAPRが上昇

11月18日にローンチしたMaker DAOの新たなコントラクトであるMCD(マルチコラテラルDAI)は、新たなDAIの価格を安定させるためのプロトコルであるDSRを導入している。このDSRは簡単に言えばレンディングのようなもので、ETHとBATを担保にして発行しているユーザーが支払うMaker DAOの安定化手数料から捻出されるというものだ。

レンディングコントラクトのCompoundが11月待つにMCD(DAI)に対応するまで、MCDでのレンディングはDSRの2%の固定年利しか提供されていなかった。対して今回DSRの年利が2%から2倍となる4%へ引き上げられたことで、MCDとSAI両方ともCompoundでの年利よりも高くなったことになる。

これにより、SAIからMCDへの移行インセンティブは高くなり、MCDへの移行がより進むことになるだろう。

出典:Compound無断転載禁止 この速報記事は@bokujyuumai(https://twitter.com/bokujyuumai)によってCoinchoice.net(https://coinchoice.net/)に寄稿されたもので、コピーライトはCoinchoiceに帰属します。無断転載禁止

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム上のDeFi中核 Compound MCD(DAI)を早くも対応へ

SAIのDebt Ceilings(債務上限)の引き上げ

Debt Ceilingsとは直訳すると債務上限のことを指し、Maker DAOのプロトコルでは簡単にいうとETHやBATを担保に発行できるDAI数を制限する最大発行上限のようなものとなる。今回の投票ではMCDのDebt Ceilingsの引き上げが提案、結果としてETHのDebt Ceilingsは7500万に引き上げられた。

これによりMCD全体は

 

ETH Debt Ceilings:7,500万DAI

BAT Debt Ceilings:3,000万DAI

合計:1.05億DAI

 

となる。対してSAIは9500万SAIに引き下げられ、安定化手数料は1%から3%へと引き上げとなった。

DAIのドミナンスは約50%へ

これらの変更により、MCDからSAIへの移行するための流動性は低下することになり、DSRが高いAPRを維持することができるため、MCDへの移行が進む形となるだろう。12月3日には、DeFiエコシステムの9割が既にMCDへ移行しており、SAIからDAIへの移行率は43.51%となっていた。

今回のMaker DAOの変更によりDAIの移行率は約50%となっており、DSR目的での移行がより増えていくと見られる。まだSAIを保有してレンディングしているユーザーはDAIへ移行することが好ましいだろう。

 

出典:Sai2Dai

関連記事:【墨汁速報】MakerDAO SAIのMCD(DAI)移行率が約4倍に イーサリアム上のエコシステム対応まとめ

無断転載禁止 この速報記事は@bokujyuumai(https://twitter.com/bokujyuumai)によってCoinchoice.net(https://coinchoice.net/)に寄稿されたもので、コピーライトはCoinchoiceに帰属します。無断転載禁止

 


前のニュースイーサリアムのイスタンブール実装はいつ?アップデート率は問題になるのか?
次のニュースOntology上のDAppsの概況、アプリケーションにはどのようなものが存在するか?
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者