Facebookは仮想通貨リブラを守れるのか?米議会で公聴会開催

編集部おすすめ

デビット・マーカス氏はFacebookの仮想通貨リブラを守れるのか?

7月16、17日に開かれた公聴会で、カリブラ(Calibra)の最高経営責任者(CEO)であるデビッド・マーカス(David Marcus)氏がリブラ(Libra)について証言した。

難航するリブラをめぐる問題

公聴会では、リブラプロジェクトをめぐる多くの質問が検討され、Facebookの歴史的なプライバシー施策の失敗が表立った問題として挙げられた。また、Facebookのトークンが証券として認められるかどうかなどの技術的な面や、リブラ協会の本部がスイスのジュネーブに置く点などにも質問があった。

議員のなかにはFacebookの計画を「妄想」と呼び、Facebookが仮想通貨を生み出すという考えそのものをマッチで遊び家を燃やす幼児だとの表現もあった。

コインシェアーズ(Coinshares)の最高戦略責任者であるメルテム・デミロアーズ(Meltem Demirors)氏は、リブラのモデルをビットコイン(BTC)と同様に見立てることは、仮想通貨市場にとって有害だと述べた。また、Facebookがこの空間で革新することを許可されるべきであるものの、現在求めている方法では許可されるべきではないと認めた。

デミロアーズ氏は、「ETFとして分類される。2つのクラスの利益を代表するミューチュアル・ファンドだ」とし、「小規模な新興企業やイノベーターが同じオーディエンスにサービスを提供し、デジタル価値の移転を可能にするビジネスを構築することを非常に困難にする。そのため、Facebookのリブラプロジェクトは営利目的で反競争的な取り組みだといえる」と述べています。

スイスでの協会設立は規制回避ではない

そのようなリプラの実体をどのように規制するかについては、リブラ協会が拠点を置くジュネーブに関する懸念につながっている。どうしてアメリカ企業の子会社を海外に設立したいのかという疑問に対して、マーカス氏はこの決定は規制上の回避とは関係がないと述べた。

ホワイトペーパーによると、リブラは今後5年間でビットコインのような仮想通貨を支えるタイプのブロックチェーンであるパブリックネットワークに移行することを示している。マーカス氏は、これについてもリブラ協会は今後実現していく予定であるとしている。

参考
Facebook’s Marcus spends second day defending Libra on Capitol Hill

【こんな記事も読まれています】
Facebookの仮想通貨「Libra(リブラ)」概要を解説!今後の懸念と可能性まとめ
Facebookの仮想通貨リブラ(Libra)、グローバル企業vs国家の観点で考察する
トランプ大統領が「ビットコインの支持者ではない」と初の見解表明