マスターカード2021年中にネットワーク上で仮想通貨のサポート開始を発表

編集部おすすめ

マスターカード2021年中にネットワーク上で仮想通貨のサポート開始を発表

マスターカードが2月10日、2021年中にネットワーク上で仮想通貨のサポートを開始することを発表した。

人々が仮想通貨を使うように推奨しているわけではない

今回の発表の中でマスターカードは、デジタル資産が決済の世界で重要な部分になりつつあるという事実を認めた。マスターカードのネットワーク上でも、カードを使用して仮想通貨を購入している人々がいることや、デジタル資産を法定通貨に交換している人々がいることも明らかにしている。これらのデータは匿名化された上で集計されているが、傾向として現れてきているとしている。

またマスターカードは、人々が仮想通貨を使うように推奨しているわけではないという自社の立場を明確にした。仮想通貨に関するマスターカードとしての哲学は、選択肢を増やすことだと述べている。

マスターカードが仮想通貨のサポートを行うことで、買い物客や業者にさらに多くの可能性が生まれ、まったく新しい支払い方法で取引できるようになる。こういった新しい支払い方法についてのコンセプトや支払い方法の普及、これらに必要な規律・規則の開発をしたいという考えを示した。

サポートする銘柄については、慎重に検討する

今回の発表の中でマスターカードは、全ての仮想通貨をサポートするわけではないことを明確にしている。サポートする銘柄については、消費者保護とコンプライアンスに焦点を当て、慎重に検討するとしている。

そのなかで、サポートする銘柄の1つして候補としてステーブルコインが挙げられている。マスターカードは、ステーブルコインに対して最近では規制され、信頼性が高くなっているという見解を示した。一方で流通している何百ものデジタル資産の多くは、依然としてコンプライアンス対策を強化する必要があるため、要件を満たしていないとも述べている。

またマスターカードは、仮想通貨をサポートするにあたり、クレジットカードと同じレベルで消費者のプライバシーとセキュリティを含む消費者保護が必要だと語っている。その他に、支払いネットワークでの違法行為や詐欺を排除することを目的として厳格なコンプライアンスの必要性、各地域の法律や規制に準拠する必要があることも認めている。

参考
Why Mastercard is bringing crypto onto its network

【こんな記事も読まれています】
大企業によるビットコイン(BTC)投資、アップル参入時の影響は?
ビットコイン(BTC)ピークは数年後で価格は20倍に?バイナンスCEOが予測
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて

文:かにたま


前のニューステスラ社のビットコイン(BTC)購入で米国会計基準に見直しの可能性
次のニュース知らないと損!仮想通貨取引所で発生している「手数料・見えにくいコスト」とは?
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。