人気の仮想通貨NEMのレンディングサービスを試してみた

4657

9月6日、株式会社イーサセキュリティからマスターノードバンクというサービスが開始された。

このサービスは自分の持っているNEMの通貨、XEMを預けると利子がもらえるレンディングサービスとなっている。

6か月預けると1.5%、1年預けると2%の利子付きでXEMが戻ってくる。

しかし、預かった仮想通貨はどのように運用されているのだろうか。このサービスではXEMの取引の承認を行うスーパーノードが鍵となる。

スーパーノードとは

ビットコインはマイニングというプルーフ・オブ・ワークが採用されているが、仮想通貨NEMではPoI(プルーフ・オブ・インポータンス)という合意アルゴリズムで取引の承認作業が行われている。

この検証作業はたくさんのコンピューターによって行われているのだが、この中でもスーパーノードと呼ばれるものは全ブロックチェーンのデータを保持して取引の検証を行っている。

そして、この作業をやる代わりに「ハーベスト報酬・ス―パーノード報酬」としてXEMをもらうことができる。

NEMのスーパーノードを構築するには

しかし、プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)ではビットコインのような電気代の代わりにXEMをたくさん保有していることや経済活動への貢献が必要となる。

そのためスーパーノードを構築するには3,000,000XEM以上を保有していたり、システム面で一定の性能を備えていなければならない。

300万XEMというと、1XEMの価格が20円だとしても6000万円必要。個人が気軽に構築できるものではなさそうだ。

そのため、サービスではユーザーからXEMを預かってスーパーノードを構築・運用し、報酬を受け取る為の原資にする。

このサービスは大丈夫なのか?

このサービスではユーザーと運営会社の間で消費賃借契約ことになっているようだ。

ユーザー登録をしてみたものの、後からいくつが疑問が出てきたため、リスク等について問い合わせの質問をしてみた。

Q:このサービス、法的には何の規制も受けないのでしょうか?

A:はい、弊社顧問弁護士とも協議したところ、法的に制限を受けないとの結論にいたりサービス開始の運びになりました。 また、本サービスにつきまして金融庁に法的な問題点がないか確認に伺いましたところ、こちらも問題ないとの返答を頂いておりますし、 今後も適法にサービスを継続していく所存です。

Q:XEMがハッキングなどで盗まれるリスクはシステム上、管理体制上ありませんか?

A:出来る限り、ハッキングリスクを低くするように努めます。 マルチシグを利用はもちろんのこと、秘密鍵を暗号化・分散化して保存するなど安全な方法で保存しています。

実際にやってみた

あまり手持ちのXEMがないのだが、少しだけ試しに預けてみた。まずはマスターノードのサイトからアカウントを作成。すると送り先の情報が出てくる。

今回預けるのは250XEM。本稿作成時点で大体XEMの価格が20円なので5000円だ。このまま1.5%プラスになっても3XEM程度なのだが、価格が上がれば幸運くらいの気持ちでとりあえずやってみた。

この時いくつか注意点がいくつかある。

注意点1:取引所から直接送らない(ウォレットを用意する)
注意点2:指定されたメッセージを一緒に送る
注意点3:ウォレットの残高を0にしない(持っているXEMを全部送るのはNG)

普段はビットコインの利用がメインの筆者にとっては3番目のポイントは全く知らなかったのだが、NEMのウォレットはXEMの残高がゼロになるとロックされてしまう可能性があるため、持っているNEMを全部送ってしまうと良くないようだ。最低1XEMは残しておこう。

筆者の場合は、XEMを長期間ウォレットに入れて放置していたため、自分のウォレットに入れておくのなら、と思い試してみた次第。

あとは6か月後にXEMを引き出せるようになるのを待つのみだ。

なお、いつものことだが仮想通貨の売買同様、投資は必ず自己責任で、そして余剰資金で行うことだけは覚えておきたい。

マスターノードバンク
https://app.masternodebank.com/