香港証券上場企業メイツ、追加でビットコインとイーサリアム約53億相当購入

編集部おすすめ

香港証券上場企業メイツ、追加でビットコインとイーサリアム約53億相当購入

香港証券取引所に上場しているソフトウエア企業メイツ(Meitu)が3月17日、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)総額で約53億円5,000万円相当を購入したことを発表した。同企業は7日にもビットコインとイーサリアムを購入していた。

1カ月で合計約98億円の仮想通貨を購入

メイツは7日の発表で、仮想通貨投資計画(Cryptocurrency Investment Plan)に従って2,210万ドル(約24億円)で1万5,000ETHを、約1,790万ドル(約19億5,000万円)で約379BTCを購入してた。このときの発表で同社は、さらに仮想通貨を購入する可能性があることも示唆していた。

今回の取引も同様に仮想通貨投資計画に基づいて行われたもので、約2,840万ドル(約30億9,000万円)で1万6,000ETH、約2,160万米ドル(約23億5,000万円)で約386BTCを購入している。ビットコインとイーサリアムの取引は公開市場の買値、売値で行われ、取引に必要な資金はメイツの手元資金で賄われた。

なお、この仮想通貨の購入は、完全子会社のミラクルビジョン(Miracle Vision)を通じて行われた。これにより同グループは、9,000万ドル(約98億円)相当の仮想通貨を購入したことになる。

仮想通貨には十分な価値上昇の余地がある

取締役会は、仮想通貨の買収の条件は公正かつ合理的であり、通常の商取引条件であり、同社および株主全体の利益になると見なしている。ブロックチェーン業界はまだ初期段階であり、仮想通貨にはまだ十分に価値が上昇する余地があるというのが取締役会の見解だ。

なお取締役会は仮想通貨の購入を通じて、メイツグループが投資家やステークホルダーに対しブロックチェーン業界への進出を準備していることを示すとも述べている。既にメイツグループは、イーサリアムベースのdApps(分散型アプリケーション)を含めてブロックチェーン技術の海外のさまざまな事業を統合する可能性を評価している。並行して、海外の適切なブロックチェーン・プロジェクトに対しても、潜在的に投資する価値があるかを見分けている。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート
イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)ピークは数年後で価格は20倍に?バイナンスCEOが予測
香港上場中国企業が約43億円相当のビットコインとイーサリアム購入
ビットコイン時価総額は1兆ドル超え、JPモルガンなど金融機関を凌ぐ

文:かにたま


前のニュース【墨汁速報】モルガン・スタンレー ビットコイン投資を富裕層へ提供するとリーク
次のニュースStargate:コスモスのインターオペラビリティ実現に向けた重要なアップグレード
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。