仮想通貨のブラウザマイニング報酬はどれくらい?

9720

奥マヤです。Twitterはこちらなので良かったらフォローください。
フォロー @OKU_MAYA

最近海外のファイル共有ウェブサイトThe Pirate Bayがサイト閲覧者のコンピューターを使って仮想通貨のマイニングを行っていることがニュースになりました。

そこから、自分のWebサイトを閲覧している人のパソコンを利用してマイニングするという「ブラウザマイニング」が、最近のところ増加しているようです。

一般的に多くのウェブサイトでは収益源は広告等になりますが、一人ひとりのユーザーから少しずつパソコンの処理能力を借りてサイトの収益を上げることができるとなると全く新しいビジネスモデルとなるかもしれません。

しかし、ユーザーからの了承を得たうえでマイニングが行われていればよいものの、ユーザーが気づかないうちに勝手にマイニングに参加させられていたといった(そして収益はサイト運営者のポケットへ!? )といったケースもあるようで、問題にもなっています。

筆者もブラウザマイニングを試してみたので、その結果をまとめました。留意しておいて頂きたいのは、筆者は特にブラウザマイングを推奨しているわけではないということです。

今回は、ユーザーの了承を得てからモネロという仮想通貨のマイニングを開始するプログラムを試してみました。

記事の中で出てくるCPUというのはパソコン・スマホの頭脳にあたる部分のことです。

ちなみにCPUを利用すること(パソコンを利用させること)は、パソコンの寿命とは関係ないと言われていますが、CPUを使えば使うほど熱が発生するため、物理的にダメージを受けることは確かです。

さすがにいきなり人様のCPUをお借りするのは気が引けたので、自分のブログにブラウザマイニングのためのコードを張り付けて、一人で15分ほどマイニングを行ってみました。

下記は、CPUの利用率グラフです。利用率を50%と80%で試してみました。

仮想通貨ブラウザマイニング
参考:CPU使用率50%|16H/sの場合 利用率グラフ

 

仮想通貨ブラウザマイニング
参考:CPU使用率80%|23H/sの場合 利用率グラフ

マシンは起動しているだけで、CPUを利用しているのでマイニングに使うと大きく利用率が上がっています。試してみた結果(CPU利用率50%)として、マイニング報酬は下記のようになっていました。

マイニング時間:約15分
ハッシュレート:6H/s
総ハッシュ量:5.85KH
獲得:0.00000086 XMR(モネロ) ⇒ 0.012212円
1XMRのレート:14,200円(2017/11/14)

ユーザー側の画面では、CPU50%の場合に16H/sとなっているので半分以上手数料で業者に取られています。1,500分(25時間)でやっと1円くらいです。

ブラウザマイニングを導入したところですぐにウハウハではないということがわかりました。パソコンを放置しておくだけで良いというメリットはありますが、少なくとも自分一人でブラウザマイニングするのはあまりに報酬が低いのでおすすめは出来ません。

是非いつか普通のマイニングにも挑戦してみたいと思います。