モナコイン(MONA)を謝礼として渡せるQ&Aサービス「モナバコ」がリリース

8321

編集部ピックアップ

先日、「モナバコ」というQ&Aサービスがリリースしました。
開発者は、モナコインエバンジェリストなどで有名な、田中さん(Twitter:@tanaka_bot_1)です。

モナバコとは?質問に答えてくれた相手にお礼としてモナコインを渡せるQ&Aサービス

質問に答えてくれた相手にお礼のモナコインを渡せるQ&Aサービス「モナバコ」サイトTOP

最近、Twitterのアカウント宛に匿名で質問できるサービスとして、「Sarahah」や「Penguin」などのサービスが流行っています。元々同じように質問ができるサービスとして「ask.fm」が随分前からありましたが、回答を画像で表示するという僅かなインターフェイスの変更で、SarahahとPenguinはユーザーを爆発的に伸ばしていました。

モナバコは、それらのサービスにインスパイアされたような形です。
Twitterでは、下記画像のような表示になります。

「モナバコ」Twitterイメージ

これまでのサービスとモナバコの違いはシンプルで、質問を受け取った回答者がモナコイン(MONA)を貰えるということです。ユーザーは無料でも質問を送れますが、相手に感謝の気持ちを表したい場合や、優先的に質問に答えてほしい場合は、任意の金額のモナコインを相手に渡すことができます。

この場合、ユーザーは事前にモナバコのアカウントにモナコインをチャージして使うことになります。

モナバコは、質問受けた側のインターフェースが「Bid」が高い方の質問が上に表示されてたり、質問に回答しなければ3日で自動キャンセルなど、オークション的な仕様は開発者の思想が滲み出ており、筆者個人的にも好みな感じになっています。

上述のようにモナコインを送る設定をしなければ普通の質問サービスとしても使えますし、決して必ずモナコイン(MONA)を持っていなければ使えないサービスではなく、いわゆる他の「仮想通貨サービス」よりも、ユーザーの参加ハードルは低いのではないのだろうか、とも思っています。

バイラルが生まれれば、これまでモナコインを持ったことなかった人が、モナコインに触れるきっかけにもなるのではないのでしょうか。

また、なにかしらの分野で豊富な知識や、スキルがある人は質問に答えることでマネタイズが出来るようなこともあり得るでしょう。

モナコイン(MONA)関連のその他サービス

ところで、今回リリースされているモナバコに限らず、モナコインコミュニティは、ユーザーがこういったサービスを積極的に生み出そうという姿勢が強いことが特徴です。

暗号通貨はオープンソースのソフトウェアであり、そこの経済圏はユーザーが盛り上げたり、ユーザーたちがコインのユースケースを作っていくのがあるべき姿でしょう。その点で、モナコインは非常に良いコミュニティが醸成されていると言えます。

最近では、その他にモナコイン関連サービスとして2つのモバイルウォレットやモナコインが投げ銭できるtipmusicなどがリリースされています。
特に、モナコインを使えるiosウォレットは長らく存在しなかったので、Appleユーザーのモナコイナーには嬉しいところなのではないかと思います。

MONAWALLET(モバイルウォレット)

MONAWALLET出典:MONAWALLET

もにゃ(モバイルウォレット)

もにゃ出典:もにゃ

Tipmusic(モナコインの投げ銭ができる音楽投稿サイト)

Tipmusic出典:Tipmusic

こういった実際に経済活動がある活発なコミュニティが存在するかどうかは各コインのファンダメンタルともいえ、モナコインコミュニティから参考になる点は多々ありそうです。