モナコイン(MONA)

モナコイン(MONA) 相場チャート

モナコイン(MONACOIN)とは?

2014年1月、モナコイン(MONA)は国内初/発の仮想/暗号通貨として、Mr.Watanabe氏によってリリースされました。リリース時の価格は、約2.5円です。モナコインという名称は、2ch(チャンネル)のモナー(アスキーアート)が由来となっています。一見、ネタコインかと思われるモナコインですが、技術的にはとても優れている本格派の通貨で、海外大手のBittrexにも上場しています。

モナコインの特徴・特性は?

承認時間が短い

モナコインのコンセンサスアルゴリズムは、ビットコインと同じPoWですが、ブロック承認時間はビットコインが10分であることに対して、モナコインは約90秒です。これによって、送金や決済を迅速に行うことが可能になり、実用的であることがわかります。

コミュニティが強い

モナコインは、日本初/発の仮想通貨ですので、愛着を持っている日本人も多いです。そのため、モナコインの神社を建てたり、同人誌を発行したり、ビルに広告を出す、といった取り組みが、ボランティアで行われています。コミュニティの強さは、通貨の価値を支えるための指標として、とても大事な要素であり、モナコインの強みであるといえます。

ユースケースが多い

モナコインはさまざまな使われ方をしています。
・掲示板サイト「ASK Mona」
・「tipmona」(Twitter)
・ECサイト「Monappy」
・リアル店舗
・トークン発行「Monaparty」

モナコインはビットコインと何が違うのか?

通貨名 ビットコイン(Bitcoin) モナコイン(MONACOIN)
ティッカー BTC MONA
創案者 Satoshi nakamoto Mr.Watanabe
中央機関 なし Monacoinproject
承認時間(ブロック生成) 約10分 約90秒
発行上限 2,100万枚 1億512万枚

モナコインの歴史

・2014年1月:モナコインリリース
・2015年5月:Zaif(ザイフ)に上場
・2017年4月:世界初のSegwitアクティベートに成功
・2017年10月:BitFlyer(ビットフライヤー)に上場

モナコインの今後

モナコインは、コミュニティが強いだけではなく、技術的・実用的に優れた通貨です。 ビットコインキャッシュやライトコインを飛び越えて、モナコインが一気に台頭する可能性は高くありませんが、あり得なくはないといえます。

モナコイン(MONA)の記事一覧
モナコイン(MONA)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

Monappyでモナコイン(MONA)ハッキング被害、サイトの脆弱性を利用した攻撃と判明

Monappyでモナコイン(MONA)ハッキング被害、サイトの脆弱性を利用した攻...

Monappy(モナッピー)でモナコイン(MONA)がハッキングされるという被害が2018年9月1日に発生。ホットウォレット上のコインが被害に遭った。これらはサイトの脆弱性を利用した攻撃と判明。現在わかっている被害状況などを解説。
モナコイン応援プロジェクト「君MONA!!」代表サスケ氏に話を聞いてみた

モナコイン応援プロジェクト「君MONA!!」代表サスケ氏に話を聞いてみた

モナコインを応援する「君MONA!!」というプロジェクトの代表を務めるサスケ氏に、モナコイン(MONA)の魅力やプロジェクトの活動スタートのきっかけ、今後どのような活動予定があるのか等を聞いてみた。
モナコイン(MONA)やビットコインゴールド(BTG)など複数のブロックチェーンに対して悪意あるマイナーが攻撃

モナコイン(MONA)やビットコインゴールド(BTG)など複数のブロックチェーン...

先週(5/13~15)行われたモナコイン(MONA)に対する攻撃についての解説コラム。悪意あるマイナーがモナコイン(MONA)をセルフィッシュマイニング、ビットコインゴールド(BTG)までも攻撃。これに対して自分達はどんな対策ができるのか?
ツイキャス モナコイン対応

【使い方説明書付】ツイキャス:モナコイン・ビットコインに対応を発表

ツイキャス運営のモイ株式会社が、仮想通貨導入を発表しました。すでにモナコインは、導入されており今後ビットコインにも対応するとのことです。国内のウェブサービスも少しずつですが、仮想通貨対応をしている流れにあるのではないでしょうか?
モナコイン(MONA)を謝礼として渡せるQ&Aサービス「モナバコ」がリリース

モナコイン(MONA)を謝礼として渡せるQ&Aサービス「モナバコ」がリリース

質問に答えてくれた相手にお礼としてモナコインを渡せるQ&Aサービス「モナバコ」がリリースしました。サービスの特徴や、使い方などを平野氏が解説。またモナコイン(MONA)関連の新しくリリースされたサービスも紹介しているのでモナコイナーは必見。
BTC、モナコイン、リップル、NEM(XEM)のポートフォリオ

BTC、モナコイン、リップル、NEM(XEM)のポートフォリオ|目標1,000万...

ポートフォリオは、モナコイン、ネム、リップルとビットコイン少々という形です。今はペペキャッシュをどこで狙うか考えている状態です。先週の暴落から盛り返し、多少安定してる感があるので、材料があれば急騰も急落もあり得るということを考えて、次の一手を考え中です。
取引所分散でモナコイン、NEM、ペペキャッシュに期待

取引所分散でモナコイン、NEM、ペペキャッシュに期待|目標1,000万!250万...

仮想通貨で元金250万で1000万を目指すチャレンジです。10月頃から開始して、現在250万が420万まで増加しました。考えていたよりも良いペースだと思いますので、今の感じで投資を続けていく予定です。
仮想通貨単位

知ってる?ビットコイン、イーサリアム、リップル、モナコイン、ライトコインの通貨単...

仮想通貨の価格が上がると表記の仕方、呼び方が複雑になっていきます。そこでビットコイン、イーサリアム、リップル、モナコイン、ライトコインの通貨単位に関しての記事です。近い未来にこちらの表記が変わってくるかもしれません。
モナコイン急騰相場に乗ってみた。投資ポイントはここだ!

モナコイン急騰相場に乗ってみた。投資ポイントはここだ!

モナコインは10月から定期的に急騰場面がありましたが、直近では11月28日に史上最高値700円台を超え上昇、大きな話題となりました。今回はそのモナコイン”第2波からの投資法”について解説します。
様々な手法が増えるビットコインのハッキング手口と、その対策

様々な手法が増えるビットコインのハッキング手口と、その対策

仮想通貨にはリスクの一つとしてハッキングがあります。管理は自己責任と言われているものの厳重に管理していたつもりでもハッキングされてしまったという事例もあり、ビットコインを盗もうとするハッカーは後をたちません。今回はハッキング手口とその対策について平野氏に解説していただきました。
モナコイン

モナコイン1,000円、2ヶ月足らずで10倍に

モナコインの価格が2017年12月5日に1000円を突破した。モナコインは、日本で生まれた仮想通貨であり、活発なコミュニティなどもある。ツイッター上でお互いにモナコインを送りあえるTipmonaで投げ銭も出来る
東京に仮想通貨でベルギービールが飲めるお店がオープン

東京に仮想通貨でベルギービールが飲めるお店がオープン

11月22日、赤坂に仮想通貨で決済ができるお店がオープンした。もともとは名古屋で仮想通貨マニアの聖地として知られていたお店がICOで東京に移転?コミュニティから愛されるお店のストーリーとは。
ビットコイン相場は11月のsegwit2xが主題か?

ビットコイン相場は11月のsegwit2xが主題か?

10月のBTCは底堅く推移しました。ビットコインゴールド(以下BTG)とのハードフォークも予定を前倒しして行われましたが、大きな混乱はなく、11月を迎えようとしています。BTGの付与・取扱については各取引所によって対応が違うようです。
アルトコインウォレット比較 後編

アルトコイン・ウォレット比較!それぞれの特徴を覗いてみよう 前編

今回はひろぴーが各アルトコインのウォレットについて比べてみています。どれもパソコンで使う公式のウォレットなので、実際の利用シーンで使うことは少ないかもしれませんが、各特長がよく分かります。
モナコインの謎のプロモーションの真相とは!?

秋葉原で実施中!モナコインの謎のプロモーションの真相とは!?

国産仮想通貨モナコインが秋葉原のディスプレイに登場?このプロモーションはいったい何なのか、企画者の田中さんに聞いてみた。
モナコインの価格が過去最高値更新

モナコインの価格が過去最高値更新

モナコインの価格が過去最高値を更新。モナコインは国内のコミュニティの中でも投げ銭などで気軽に利用されてきた通貨だ。
仮想通貨(ビットコイン)で100万を目標500万に挑戦

10/6 仮想通貨(ビットコイン)で100万を目標500万に挑戦

今週、仮想通貨のポートフォリオを変更しました。現在は下記です。前回から4%くらい全体としてダウンしています。ジーキャッシュの売りました。本日の午前中だったので29,000円前後でした。30,000円を超えるまで伸びるとは思わなかったです。
itFlyer(ビットフライヤー)のモナコイン取扱い開始で暴騰か

bitFlyer(ビットフライヤー)のモナコイン取扱い開始で暴騰か

先日、無事に業者登録が完了したbitFlyer社がモナコインの取扱いを開始した。公式ツイッターの方で、リリースを出している。国内で、Monacoinを取り扱ってたのは、Zaifのみだったがまた1社追加された形だ。このニュースがあってか、モナコインが暴騰している状況だ。
【前編】堀江貴文氏が語る、仮想通貨ビットコインから今話題のVALUまで

【前編】堀江貴文氏が語る、仮想通貨ビットコインから今話題のVALUまで

今、注目が集まる仮想通貨・ビットコインの未来について堀江貴文氏に聞いてみました。ビットコインの何が魅力なのか、最近登場したVALUやICOってどんなもの?といったトピックについて堀江氏が語っています。

モナコイン(MONA) 相場チャート

モナコイン(MONACOIN)とは?

2014年1月、モナコイン(MONA)は国内初/発の仮想/暗号通貨として、Mr.Watanabe氏によってリリースされました。リリース時の価格は、約2.5円です。モナコインという名称は、2ch(チャンネル)のモナー(アスキーアート)が由来となっています。一見、ネタコインかと思われるモナコインですが、技術的にはとても優れている本格派の通貨で、海外大手のBittrexにも上場しています。

モナコインの特徴・特性は?

承認時間が短い

モナコインのコンセンサスアルゴリズムは、ビットコインと同じPoWですが、ブロック承認時間はビットコインが10分であることに対して、モナコインは約90秒です。これによって、送金や決済を迅速に行うことが可能になり、実用的であることがわかります。

コミュニティが強い

モナコインは、日本初/発の仮想通貨ですので、愛着を持っている日本人も多いです。そのため、モナコインの神社を建てたり、同人誌を発行したり、ビルに広告を出す、といった取り組みが、ボランティアで行われています。コミュニティの強さは、通貨の価値を支えるための指標として、とても大事な要素であり、モナコインの強みであるといえます。

ユースケースが多い

モナコインはさまざまな使われ方をしています。
・掲示板サイト「ASK Mona」
・「tipmona」(Twitter)
・ECサイト「Monappy」
・リアル店舗
・トークン発行「Monaparty」

モナコインはビットコインと何が違うのか?

通貨名 ビットコイン(Bitcoin) モナコイン(MONACOIN)
ティッカー BTC MONA
創案者 Satoshi nakamoto Mr.Watanabe
中央機関 なし Monacoinproject
承認時間(ブロック生成) 約10分 約90秒
発行上限 2,100万枚 1億512万枚

モナコインの歴史

・2014年1月:モナコインリリース
・2015年5月:Zaif(ザイフ)に上場
・2017年4月:世界初のSegwitアクティベートに成功
・2017年10月:BitFlyer(ビットフライヤー)に上場

モナコインの今後

モナコインは、コミュニティが強いだけではなく、技術的・実用的に優れた通貨です。 ビットコインキャッシュやライトコインを飛び越えて、モナコインが一気に台頭する可能性は高くありませんが、あり得なくはないといえます。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice