ビットコイン(BTC)でポップコーンが購入可能に?タイ映画館チェーンが仮想通貨の導入へ

6692

ビットコイン(BTC)でポップコーンが購入可能に?タイ映画館チェーンが仮想通貨の導入へ

タイの大手映画館であるCineplex社は顧客が仮想通貨を使って、映画チケットやポップコーンなどの製品を購入できるように仮想通貨の支払いの仕組みを整えたとしている。また、タイでは最近になって仮想通貨の規制が本格的になってきており、タイの証券取引委員会(SEC)は仮想通貨関連業者のライセンス取得の受け入れも始めている。

タイ大手映画館が仮想通貨の決済を受け入れる

最近になってタイの映画館の一つがスイスの金融関連企業のRapidzpayとパートナーシップを結び、仮想通貨の支払いによって顧客がサービス(製品)を購入できるようになったと、タイの国営メディア(Nation Multimedia)が報じている。

1995年12月に設立されたCineplex社は、143の映画館をタイの全土に所有しており、そのうち43の施設はバンコクに位置している。このグループはカンボジアで7つ、ラオスで9つを含む678のスクリーンを所有しており、2020年までには1,000個のスクリーンにまで拡大すると、2017年5月にフォーブスが報じている。

このグループはタイ国内で最大の映画館であるParagon Cineplex(16スクリーン、5000席、Imaxシアターを備えている)を所有している。この映画館は高級品、レストラン、水族館、美術館、ボーリング場があることで知られる、バンコクで最も有名なショッピングモールSiam Paragonに入っている。このParagon Cineplexが、仮想通貨決済を扱うRapidzpay社とパートナー契約を結んだ。

Paragon CineplexはRapidzpay社のPOSシステムを使い、仮想通貨だけでなく法定通貨での決済も可能だという。この映画館(Paragon Cineplex)とRapidzpay社は仮想通貨支払いを既存の決済手段に統合し、主要製品とサービスをよりスムーズに安全かつ効率的に購入できるようにしていくとしている。

未だどの仮想通貨を扱うかは発表されていないが、この会社の提供されているIOS版とAndroid版のアプリケーションを参照すると、BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)が含まれていることから、これら候補にあがるだろうと予測される。

この大手映画館グループのマーケティング長であるChanya Tamrongweenichai氏は国営メディアに対し、「Rapidzpay社は私たちのビジネスをより加速させ、タイ国内の金融をキャッシュレスへと導くだろう。」そして顧客に対して、「仮想通貨によって、これから映画のチケットやポップコーンその他の製品を買えるようになるだろう。」と述べた。

ちなみにRapidzpay社は、仮想通貨等のよりシンプルで効果的な決済方法を模索している新規のユーザーや既存のユーザーを対象としていくことで、初年度において100万人のアクティブユーザーの獲得を目指しているとのことだ。

タイの仮想通貨規制、6月には7種通貨の取扱を許可

タイの証券取引委員会(以下:SEC)によっての仮想通貨規制は最近になって始まったばかりである。SECは2018年6月に、BTC, ETH, BCH, ETC, LTC, XRP, XLMという7つの仮想通貨を、国内の取引所で取り扱うことを許可すると発表した。

SECの事務局長であるRapee Sucharitakul氏は、財務省のデジタル資産ライセンスが有効になったことを受けて、デジタル資産事業運営を承認していく姿勢であると述べた。

このようにタイ国内でも仮想通貨規制に対して積極的という印象を受ける。規制についての話し合い進むということは、今後タイ国内でも仮想通貨の取扱が多くなってくることが予測できる。映画館以外にも、様々な分野での導入がどれほど進んでいくのか注目したい。

(執筆者:RAVA)

関連
複数のタイ証券会社が共同で仮想通貨取引所を開設する計画が明らかに
ヨーロッパでのVISAカード取引停止から見る、決済手段としての仮想通貨の必要性とは?

参考:Bitcoin.com