仮想通貨は「通貨圏における次の一手」とナスダックCEOが発言

7369

仮想通貨は「通貨圏における次の一手」であるとナスダックCEOが語る

ナスダックCEOの仮想通貨に対する期待とは

ナスダックCEOのAdena Friedman(アデナ・フリードマン)は、どの仮想通貨が将来的に一般に普及するかには言及していないものの、仮想通貨について強気な姿勢を示している。

CNNが配信するポッドキャストプログラム”Boss Files”での最新エピソードで、フリードマン氏は「“グローバル化された支払いメカニズム”は、国境を越えたデジタル経済にとって非常に適しており、仮想通貨は“通貨圏の次の一手”のように感じていると語った。

また、フリードマン氏は次の様にも言及した。

「デジタル経済が世界中で普及する状況下における仮想通貨の必要性に言及し、どの仮想通貨が最終的に受け入れられ、またどのような形になるのかは未だ不明ですが、今日の経済に採用されている送金システムよりもっと進んだ、全世界的な支払メカニズムを有するアイデアは効率的であり、インターネット経済を確実に発達させるでしょう。」

CCNによると、フリードマン氏は去年、ビットコインに関連する先物商品の上場見通しについて言及している。さらに、仮想通貨市場が安定すればナスダックが仮想通貨取引所として参入する可能性も示唆ししていた。

関連:ナスダックCEOが仮想通貨取引所の開設を検討と明言、Gemini(ジェミニ)と協業も発表

金融におけるブロックチェーンの魅力

また、フリードマン氏は別のインタビューでも、「ブロックチェーンによって多くのリスクを回避でき、金融機関にとっては設備投資などの負担を減らすことができるので、非常に魅力的だ。」と、ブロックチェーン技術を称賛する発言をしている。

一方で、このブロックチェーン技術が金融界のシステムを一夜にして変えることは予測しておらず、規制の少ない市場などでの段階的な導入になるだろうと話している。

具体的に、フリードマン氏は次のように語った。

「ブロックチェーン技術はまず先立って、先述のような規制の少ない市場などで試し、その成果を示すことでナスダックのプライベートマーケットやファンド業界で導入され効率を実証することになるでしょう。成果を示すためには全体の協力が必要となりますが、我々のユースケースが多くのメリットをもたらす事を示せば、多くの人は積極的になるでしょう。」

フリードマン氏はインタビューを次のようにまとめている。
「各国政府による仮想通貨に対する姿勢が気になりますが、これについてはまだわかりません。ブロックチェーン技術は非常に素晴らしく確かな技術です。あとはコミュニティ全てがそれを共に受け入れる事を明確にするだけです。」

フリードマン氏は度々ICOに関しては懐疑的な見方をしているが、仮想通貨自体には期待をしていることになる。今後も新しい動きがないか引き続き注目していきたい。

参考:CCN