NEM(ネム)ブロックチェーンとIoTで医薬品の品質を確認

7329

編集部ピックアップ

NEM(ネム)ブロックチェーンとIoTで医薬品の品質を確認

NEM(ネム)フォーラムにNEMブロックチェーンテクノロジーとIoT(モノのインターネット)を組み合わせたユースケースアイディアが投稿されました。NEMの技術とIoTを組み合わせることにより、どう医薬品を追跡するのか。そして、その必要があるかなどをNEMフォーラムに投稿された内容よりまとめていきたいと思います。

温度管理が必要なプロバイオティクスのケース

多くの疾患は消化器官に原因があると考えられており、プロバイオティクス(人体に良い影響を与える善玉菌、それらを含む製品、食品)は胃腸の問題を抱える人々に役立つとされています。現在プロバイオティクスのサプリメントは、Amazonなどで簡単に手に入るようになっています。しかし、プロバイオティクスは生きている生物で、生存するために一定の条件が必要ですが、このプロバイオティクスが生きて製品として届けられることをユーザーは確認することができません。

製造元から直接届けられる商品は、冷却剤が入れられて届けられますが、一般的には、Amazon FBA(出品者がAmazonの物流センターに商品を預け、そこから購入者に配達するサービス)を通して、出品されています。そのほうが出品者にとっても手間がかからず効率的だからです。しかし、Amazon FBAからは、温度管理がされていない封筒に入れて届けられたというケースもあります。

NEMブロックチェーン×IoTを使用した解決策

プロバイオティクスのサプリメントは、生きた細菌を含んでいる製品で、細菌が活性化するために多少の熱や湿度が必要です。配達する際のボトル内の環境は悪く、細菌が早い段階で死んでしまうことがあります。これは製造元の問題ではなく、それを販売する業者から消費者に移行する間の保管状態に問題があります。

まずIoTデバイスとして、温度と湿度センサーを利用しボトル内の状態を監視します。このモジュールはNEMのブロックチェーンと直接通信するため、サーバーなどは必要ありません。サプリメント保管中は、温度と湿度の監視されたデータを読み取ることが可能で、消費者は届いた商品が適切な条件で保管されていていたかを確認することができるようになります。

ブロックチェーンとIoTの可能性

このようなIoTとブロックチェーンを結びつけるアイディアはシンプルで有効的だと思います。正確なデータをトラッキングし、改ざんできないチェーン上に記すことで、購入した商品が正しいものかを判断することができます。IoTデバイスとブロックチェーンをつなぎトラッキングデータを残す場合は、どの周期でデータをトラッキングするかが重要となるかもしれません。現在のブロックチェーンの性質上、瞬間継続的なデータを連続してブロックチェーンネットワークが処理できません。NEMのプライベートチェーン等を使いトラッキングするか、またはサンプル間隔を広げデータを取得するか、またはDAGなどのテクノロジーを応用するかのいずれかです。いずれにせよ、IoTを使用したデータ管理と正当性は需要ある分野なのではないかと思います。

関連
米国でNEM(ネム)のブロックチェーンを使用した電子政府システムのデモを実施
NEM(ネム)と統合するブロックチェーンのインフラプロジェクト「Tenzorum」とは?

参考
https://forum.nem.io/