ネム(NEM)が新たにブロックチェーンハブ開設、オーストラリアのメルボルンで掲げる目標とは?

編集部ピックアップ

ネム(NEM)が新たにブロックチェーンハブ開設、オーストラリアのメルボルンで掲げる目標とは?

世界で最も住みやすい都市としても人気のオーストラリアの都市メルボルン(Melbourne)にて、ネム(NEM)のブロックチェーンハブが開設された。ネム(NEM)財団は、オーストラリアでのブロックチェーンエコシステム拡大を目指している。

ネム(NEM)ブロックチェーンハブの目標

メルボルンに開設されたネム(NEM)のブロックチェーンハブは、ブロックチェーン革新の中心的な役割を持ち、ブロックチェーンテクノロジーと暗号技術の基本をより理解するのに役立つ。

年間を通して定期的なブロックチェーンのワークショップなどを行い、ビジネスに活用するためのサポートをしていく。ネム財団のジーン・チャン氏(Jian Chan)は以下のようにコメントしている。

「アジア太平洋地域で、ネムの存在感と認知度はここ1年間で大幅に伸びています。メルボルンでネムのブロックチェーンハブを立ち上げることは、オーストラリアと世界で、イノベーションを支援するという我々のコミットメントの強力な兆候。今回のハブ立ち上げは論理的な次のステップです」

ネム財団はグローバルな展開を期待し、アジア太平洋地域にさらにブロックチェーンハブを立ち上げる計画をしているようだ。ニュージーランドのブリスベン、ウエストポート、そしてメルボルンにハブを開設しており、ネムブロックチェーンの知識と技術は次々と広がりを見せている。

メルボルンのブロックチェーンハブは、オーストラリアにある360以上のスタートアップ、アクセラレータ(成長・加速)、インキュベーター(起業と成長の支援)のための共同作業施設になる予定だという。

メルボルンは、ゴールドラッシュにより発展している。

1850年代にオーストラリア中央部で、金が発見された。これにより、ゴールドラッシュが始まると、港では貿易が盛んとなりメルボルンは発展。当時の建築物なども世界でみると多く残っている都市となっている。

ゴールドラッシュ、そして世界大戦後の難民を多く受け入れ、人口は増加。そのため、多種多様な人種がそれぞれの文化を受け入れ、影響を受けながら都市として成長をしている。現在オーストラリアでは留学生も多く、世界最高級の生活水準と環境、治安の良さなどから移民先としても人気があるのだ。

オーストラリアでの人口増加率は高く、メルボルンの経済成長は人口の増加も起因しているように思う。オーストラリア全体としても人口は増加傾向であり、今後の経済発展も期待が高まっている。

ネム(NEM)ブロックチェーンハブがメルボルンで開設となったことで、メルボルン、オーストラリアの経済成長と同様にブロックチェーンテクノロジーも成長できるような環境にあるのではないだろうか。また、ネム財団がアジア太平洋地域にさらにブロックチェーンハブを開設していく計画をしているので、今後のブロックチェーンの拡大も楽しみにしたい。

ネム(NEM/XEM)のリアルタイム価格レートはこちらから

関連:NEMはブロックチェーンテクノロジー教育の為、ハブの立上げを発表

参考:NEM Australia & New Zealand Medium

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット