仮想通貨ネム(NEM)、組織改編とSYMBOLローンチ新計画を発表

編集部おすすめ

仮想通貨ネム(NEM)、ブロックチェーンSYMBOLのローンチ計画を発表

仮想通貨ネム(NEM)は、次世代ブロックチェーンSYMBOLのローンチに向けて開発に取り組んできた。2020年4月8日には、コア開発者であるジャガー(@Jaguar0625)氏より、NEMフォーラムに「将来のガバナンスとプラン」というNEMエンティティの再構築に関する記事が公開され、4月18日には「SYMBOLのローンチ計画」が公開された。SYMBOLの最終的なローンチは2020年11月中旬から下旬となる。それでは、NEMフォーラムに公開された内容を確認していこう。

NEM組織の再構築

NEMプロジェクトには、NEM財団やNEMベンチャーズ、NEMスタジオなどの法人が存在し、それらを総称してNEMエンティティと呼ばれていた。仮想通貨NEM自体は、オープンソースのプロジェクトであり、この組織がNEMプロジェクトをコントロールするものではない。

2020年4月8日にコア開発者ジャガー氏がNEMフォーラムに投稿した記事にて、NEMエンティティの再構築が発表された。
NEM新組織体系

出典:NEM Ecosystem – Future Governance and Plans

NEM財団およびNEMスタジオが廃止され、新たにNEMグループ、NEMソフトウェア、NEMトレーディングが設立された。新組織は「NEMトラスト」という総称になり、各法人の構成とその活動内容は次の通りとなる。

法人名 活動内容
NEMグループ 親会社、子会社のガバナンス
NEMソフトウェア 製品開発チーム
NEMトレーディング 全体の財務管理
NEMベンチャーズ ベンチャーキャピタル部門

プロジェクト全体としては、「NEMトラスト」「コアチーム」「コミュニティ」などが存在する形となる。

SYMBOLローンチ計画新概要

2020年4月18日にNEMグループより、「SYMBOLローンチ計画」が公開された。当初のローンチ予定は2020年第2四半期とされていたが、今回発表された内容で修正され、2020年11月中旬から下旬の予定となっている。

新ロードマップ
出典:NEM Ecosystem – Symbol Launch Plan

ローンチまでの各プロセスは以下の通りとなる。

予定時期 プロセス
2020年6月中旬から下旬 オプトインの開始
2020年8月中旬 開発完了、テストネット開始
2020年11月上旬 オプトインの終了
2020年11月中旬〜下旬 テスト完了
2020年10月下旬から11月中旬 スナップショット
2020年11月中旬から下旬 SYMBOLローンチ

今までの組織構成では計画の不透明性などが問題視されていたため、NEM財団を含めたNEMエンティティの再構築が行われたようだ。SYMBOLのローンチによりコミットできる環境となり、新しく公開されたロードマップ通りに進むことを期待したい。

そのためには、コアチームやNEMトラストだけではなく、コミュニティの有志によるテスト参加などの積極的な活動も必要となってくるように思う。オープンソースなプロジェクトであるため、誰もが開発に参加できることも特徴のひとつだ。そして、開発者や企業のさらなる参加で技術発展も大きく促進されていくだろう。

ネム(NEM/XEM)の価格・相場・チャート

参考
NEM Ecosystem – Future Governance and Plans
NEM Ecosystem – Symbol Launch Plan

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨ネム(NEM)、シンボル(SYMBOL)対応のウォレットやエクスプローラーがリリース
ネム(NEM)移行委員会で続く議論とシンボル(SYMBOL)開発進捗
ネム(NEM)の新ティッカーは「XYM」に!シンボル(SYMBOL)ブランドに関するアップデート


前のニュース【墨汁速報】dYdX イーサリアム初となるDEX上のビットコインデリバティブ(BTCFX)をαローンチ
次のニュース54%が中央銀行などから発行されたデジタル通貨を信頼、エコノミスト調査結果を発表
西内 達也
暗号通貨に魅了され、ブログの執筆活動を行う。非中央集権を夢見て、その先の未来が楽しみで仕方ない。筋肉ハーベスター 、アーティスト。ブロックチェーン技術の応用を考案しており、 ICO、Altcoinトレードなども行う。 Twitter:@BFM33211