NEM(ネム)はフィリピンの大学AMBER Labとパートナーシップを組みブロックチェーンを促進

4916

編集部ピックアップ

NEM(ネム)はフィリピンの大学AMBER Labとパートナーシップを組みブロックチェーンを促進

NEM(ネム)は先日、カガヤン経済区域と締結しフィリピンで初のブロックチェーンハブを構築するため動き出した。この初動は少しづつ広がりを見せているようで、NEMブロックチェーン認知度も徐々にフィリピンで広がりつつある。

関連:NEMブロックチェーンとCEZAが新たな取り組み、アジアのシリコンバレーに1歩踏み出す

このニュースに引き続き、フィリピンにある大学のアテネオ・デ・マニラ大学のAMBER Labでは、NEMとパートナーシップを組みブロクチェーンを促進していくことを締結した。

ブロックチェーン発展に向けた取り組みが加速するフィリピン

フィリピン国内では、今まさにブロックチェーンテクノロジーを認知し、その発展と応用に取り組もうとする流れにきているのだろうか。

AMBER Labは、NEMとのパートナーシップによりフィリピンのブロックチェーン産業を促進する先駆者となるだけでなく、フィリピン国内の学術・科学におけるブロックチェーン知識の主要な貢献者となる。

フィリピンにある大学のアテネオ・デ・マニラ大学のAMBER LabがNEMとパートナーシップ 画像参考:アテネオ・デ・マニラ大学

AMBER Labは『Ateneo MediXserve Blockchain Education and Research』の頭文字からとったもので、MediXserveとは、開発途上国のブロックチェーンを活用したヘルスケアプラットフォームをさす。

そんなAMBER Labは、アテネオ・デ・マニラ大学の理工学部に設置されており、ブロックチェーンに関するインキュベーションと研究のハブとなり、フィリピンにおけるブロックチェーン認識の普及をサポートしていくという。

アテネオ・デ・マニラ大学は国内トップ2の実績

2018年のフィリピンの大学トップランキングを見ると、2位に位置しており、首都圏のケソンシティに位置している。いくつかの研究分野について、学士号、修士号、博士号など正式に認められた高等教育学位につながるコースとプログラムを提供。

フィリピンにおいて、ステイタスを身につけられるという認識からこの大学を目指す人も多いそう。また、日本から語学留学でこの大学を選ぶ人も増えているようだ。

今回のNEMとのパートナーシップについて、AMBER Labの博士は、「この取り組みは、他の人たちのために努力するアテネオ・デ・マニラ大学の使命と一致している」と述べる。

また、ニューヨーク州にある学校のLoyola Schoolの副社長は、「この協力は大学の貧困対策目標と一致している。貧困を克服するビジョンを手助けできる。」と語る。

NEM財団は、ブロックチェーンがフィリピンで科学技術の進展を早く追えると革新している。ブロックチェーンテクノロジーが様々な産業を混乱させるようになるにつれて、教育研究部門は知識を普及させる重要なファシリテーターである。

これにより、若者にブロックチェーンの知識を持たせることができ、今後多くの人々がブロックチェーン産業の需要を満たすことができる。と声明を出している。

関連
NEMはブロックチェーンテクノロジー教育の為、ハブの立上げを発表
ネム(NEM/XEM)の価格・相場・チャート

参考
AMBER Lab公式
アテネオ・デ・マニラ大学