XRPレジャーを使用した新しいアプリケーションが公表、年内にリリースへ

編集部おすすめ

XRPレジャーを使用した新しいアプリケーションが公表、年内にもリリースへ

オランダの首都であるアムステルダムで仮想通貨取引所ビットゥルー(Bitrue)主催により5月26日開催されたミートアップにて、ウィッツ・ウィンド(Wietse Wind)氏がXIGNという新しいモバイル用のアプリケーションの開発を公表した。

XRPレジャーを使った送受金などの機能

XIGNはウォレットではないとウィンド氏は説明しているが、XIGNにはXRPレジャーを使って送金・受金及びさまざまな資金を保有する機能を備える予定となっている。同氏のツイッターによると、アプリケーションはベータ版を年内にリリースする予定だとしている。

ウィンド氏は、XRPレジャーを使った複数のツールの開発にも関わっている。XIGN以外にはXRPを使った小額送金機能であるXRPチップボット(Tip Bot)も開発した。

仮想通貨取引所を介した送金では、20XRP程度が最小送金額として設定されている。しかしXRPチップボットでは1XRP以下の送金も可能である。

またツイッターやレディット(reddit)、ディスコード(Discord)のユーザーであれば、XRPチップボットを使ってコメントやツイートとともにXRPを送ることができる。

さらにマイクロソフトアウトルックのアドオン及びグーグルクロームの拡張機能であるマネーメッセージ(MoneyMessage)とXRPチップボットを連携させることで、XRPをジーメール(Gmail)で送金できる機能を備えることになる。

イベント主催のビットゥルーではXRPのキャンペーン

ビットゥルーは台湾とシンガポールにオフィスを構え、国際的な運営展開を目指している仮想通貨取引所である。ビットゥルーではビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)以外にXRPも通貨ペアの軸にしている。2019年6月段階では48種類の通貨ペアがXRPと関わっている。

またビットゥルーでは取引手数料の控除・プロジェクト当事者の預金預入・コインリストへの投票などで使用される取引所内の独自トークンであるビットゥルーコイン(BTR)が発行予定となっている。

ビットゥルーは5月30日から6月5日までビットゥルーコインのプレセールを行っている。同時に20万BTRのエアドロップ、友人3人をタグ付けしてキャンペーンに関するツイートをリツイートし登録すると20BTRとチップボットから0.5~1.5XRPを貰えるなどのキャンペーン開催中である。ビットゥルーコインは6月6日から6月29日までパブリックセール、6月30日以降から取引開始の予定となっている。

リップル(XRP)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨取引所ビットゥルーでビットコインやリップル(XRP)などクレジットカードで購入可能に
リップル(Ripple)の共同創業者が約27億円相当のXRPを大学に寄付
仮想通貨取引所ビットベイでリップル(XRP)が一時約85円まで高騰

参考
BlueNET Crypto YouTube

文:かにたま