毎日のトレードで目が疲れたトレーダーや日本で眼鏡が買いたい訪日観光客には朗報だ。

株式会社リクルートライフスタイルが7月3日より、同社の提供する「モバイル決済 for Airレジ」を通じて仮想通貨ビットコインの決済取り扱い開始することを発表した。

これに伴い、7月10日よりメガネスーパーが全国334店舗でビットコイン決済の受付を開始することが公開されている。

現在国内は飲食店やECサイト、一部のビックカメラ店舗等でビットコイン決済ができるようになっているが、Airレジがビットコインに対応したことによって、今後ビットコインによる決済が広がるのではないかと期待される。

リリースによると、メガネスーパーは訪日外国人などの顧客にとっての利便性向上を考えビットコイン決済の導入に至ったようだ。

ビットコインの価格はここ数か月間で上昇しており、値上がりしたビットコインを使って決済すると、少しお得になるというビットコイン利用者へのメリットもある。

店舗がモバイル決済for Airレジを通じてビットコイン決済を受付するには、iOS対応の端末とインターネット環境を用意して申し込みをするだけで初期費用なく導入することができる。